スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村

    エリオット波動1

    上昇5波、下降3波といった波動理論ですね。
    裁量で見る所が多く、信用性に欠けると言う方は多いと思いますが、個人的には使える材料だと考えています。

    チャートはポンド/ドルの4時間足を使用しています。

    エリオット1


    エリオット波動はあらゆる時間軸で適応され、理屈だけでいけば1分足や5分足でも形成されるものとなっています。
    事実、そういった短い時間軸でも形成はされるのですが、短い時間軸になればなるほど曖昧な形を示す事が多いといった感じです。
    個人的には15分足からの波動を捉えるようにしている形で、5分以下の波動は特に気に留めていないですね。

    エリオット波動を見るのには条件を捉えておく必要があります。
    ・まずは上記チャートの2波、こちらが1波の安値を下回らない。
    ・次に3波が一番大きくなりやすい。
    ・1波、3波、5波の中で3波が一番小さくなる事はない。
    ・4波は1波の高値を下回らない。
    ・1波と5波は同じ長さになる事が多い。
    ・a波とc波の長さは同じになる事が多い。
    ・2波目と4波目は同じ形にならない。
    ・フィボナッチ係数を用いてターゲットを算出する事が多い。

    基本的な条件はこれらとなり、突き詰めて行くと2波の長さは1波の0.500倍か0.618倍になりやすい、などといった細かな内容となってきます。
    ただ、個人的にエリオット波動を全て頭に叩き込む必要は無いといった考えですね。
    上記の条件にテクニカル、ファンダメンタルを合わせる形でチャートを見る事の方が重要だと考えています。

    テクニカル指標にも絶対が無いように、エリオット波動にも絶対はありません。
    相場を占う上で、使用するもの全てに絶対という言葉は当てはまらないという事です。
    ですので、テクニカル指標にしてもエリオット波動にしても、一つの事に依存しない事が重要という事になりますね。

    先ほど同じポンド/ドルの4時間足を表示します。

    エリオット22

    4時間の上昇5波、下降3波に対し、その中で緑色の腺で描いた小さな上昇5波、下降3波の形成が見て取れると思います。
    1時間での上昇21波、下降13波によって4時間の上昇5波、下降3波が出来ているのが分かりますね。
    こちらの上昇21波、下降13波というのがエリオット波動における一つのサイクルとされていいます。

    15分で考えるとすれば、1時間の緑色の線、こちらが上昇5波、下降3波を終えた所が上昇21波、下降13波という事になります。
    4時間で考えると2波目が終了という事になりますね。

    それでは、こちらの4時間チャートを日足で考えてみて下さい。
    こちらは日足のどの波動までを終えた事になるのでしょう。

    エリオット33

    1時間の上昇21波、下降13波、4時間の上昇5波、下降3波は日足の1、2波を終えたという事になりますね。
    こういった感じで、相場が波動で見るとどのような位置にあるのかを知る事で、今現在どのような思惑が強いのか、次にこのように動いたらこちらにポジションを取ろう、などといった見方が出来るようになるのですよね。

    例えば、こちらのチャートの1時間の上昇21波、下降13波、4時間の上昇5波、下降3波が終わった所に現在いるとします。
    日足で考えるのなら2波目が終わったという事になりますね。
    エリオット波動の条件の中にある、3波動目が一番大きくなりやすい、というのを考えれば買い意欲の強さというものが伺える所です。
    この時、日足のテクニカルが行き過ぎを示す所まで下げていて、ファンダメンタルで考えても上に行ける可能性のある所だと仮定します。

    1時間でもみ合った後、上に抜ける動きとなるようなら、こちらの下がった所、つまり押し目には買い意欲が十分にあるといった判断を行う事が出来ますね。
    天井や底、またフィボナッチと合わせる事で大まかなターゲットが見えやすくもなりますし、覚えておいても損は無いかなといったものになりますね。

    スポンサーサイト
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    上山康浩

    Author:上山康浩
    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    FX専業トレーダーの上山康浩と申します。
    デイトレを基調としたスタイルで、ファンダメンタルとテクニカルを用いた裁量トレードを行っています。

    1時間足、15分足、5分足が主でして、相場状況によってはスキャルピング、スイングも行う形です。

    用事や体調不良を除いては、月曜から金曜まではPCの前で記事を読んだり、チャートを追ったりというような生活を送っています。

    ブログの更新時間を変更致しました。
    相場が本格化する欧州時間に間に合わせる形で、当日の昼までにブログの更新を行いたいと思います。

    最新記事
    カテゴリ
    FXの基本項目
    トレードを始める前に、知っておかなければならない基本的な知識ですね。
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    ニュース
    よく閲覧しているニュースサイトです。
    Market Win 24、FX WAVE、GI24などと合わせて活用しています。

    ●ロイターニュース


    ●日経新聞


    ●済龍CHINAPRESS



    ●ウォールストリートジャーナル


    ●YAHOOニュースBUSINESS
    予想グラフ
    投資家の心理が、どういった方向に偏っているのかを掴むのに役立つグラフですね。


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    経済指標カレンダー
    重要度が細分化されていますので使い勝手が良いです。

    各国市場の休日
    乏しい値動きになりそうだな、なとどいった予測を立てやすくなりますので、抑えておいた方が良い項目ですね。

    各国市場の休日
    政策金利
    直近だけでは無く、過去にさかのぼってのデータが記してありますので、非常に見やすい作りとなっています。

    政策金利 
    シカゴIMM通貨先物ポジション
    金曜日の取引終了後に、火曜日時点の値が公表される形ですので遅れを考慮する必要がありますが、通貨がどういった偏りになっているのかを見るのに役立ちます。

    シカゴIMM通貨先物ポジション 
    チャート
    金や原油、米、独、英、日の株価、米国債といった様々なチャートが用意されています。
    相互チャートで開くと、ラインを引いたり、指標を使ったりが可能になりますので非常に使い勝手が良いです。

    チャート 
    企業決算・国債入札予定日
    国内外の企業決算や国債入札の予定が経済指標と合わせて記載されています。

    企業決算・国債入札予定日 
    国債金利チャート
    問題を抱える国
    アクセスランキング
    オートリンクネット
    アクセスアップの裏技:オートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら 裏情報暴露大公開します
    ネットで儲ける時代

    BBS7.COM
    MENURNDNEXT
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。