スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村

    バーナンキFRB議長の発言でドル優勢

    昨日のイベントの中で最も注目されていたバーナンキFRB議長の発言は、時期尚早の引き締めは景気減速や腰折れのリスクになる、といったものが出ましたね。
    こちらに反応する形でドルは一旦売られる動きとなりましたが、雇用市場の実質的で持続可能な改善があれば緩やかに縮小する、今後数回のFOMC会合で資産購入ペースの減少はありえる、資産購入のペースはデータ次第、といった発言を受けてドルは買い戻される動きへと転じています。
    経済データ次第で柔軟な対応を取るといった姿勢が好感されたようですね。
    また雇用の成長はGDPが示すよりも若干強い、といった内容も経済データにリンクするものですので好感されたといった所です。

    日銀はマネタリーベースを60兆~70兆円増加させる方針を維持、黒田総裁の発言からは特に材料になるようなものは出てこない形となりましたね。
    ただ長期金利の上昇にはこれまでと同じように配慮するといった内容から円相場は底堅さを保つ展開となっています。
    円売りの動きではありますが、ユーロ主導で円相場は連れた形ですね。
    ユーロで投機的に上を壊しに行った印象です。

    英の指標は公共部門鈍借入額、公共部門鈍借入所要額、小売売上高は揃って市場予想を下回る形となりましたね。
    こちらを受けてポンドはクロスで下げる動きとなっています。
    英中銀金融政策発表では6対3で資産買い入れ枠の維持を決定、9対0で政策金利の維持を決定といった形になりましたね。
    前回と同じ内容、また市場予想通りといった結果が出た事でポンドは下げ止める動きとなっています。
    バーナンキFRB議長の発言を待った、といった理由が大きいとは思いますが。

    バーナンキFRB議長の発言でドルは一旦売られる動きに、その後ドルが買い戻される動きと同時に、ダウが史上最高値を更新し続けている事で、そちらを背景に円が売られる動きにもなっています。
    その後、円相場はダウが下げてくる動きに反応して下げる展開となっていますね。
    史上最高値を更新し続けてきたダウは日足で大きく上下にヒゲを着けたコマ型となっています。
    底堅いラインで下げ止めてはいますが、上を一旦試してから下げる動きへと転じていますので、こちらは利確の動きが強くなるのではないかなと考えています。

    円相場はダウが強い形を続けていた事からの円売り、といった展開にもなっていましたので、ドル/円は行き過ぎている所でもありますし、調整の動きになるのではないかなと考えています。
    ただ、ドル/円は依然として底堅いといった所で、大きく値を崩す展開にはならないといった形で捉えています。

    ユーロ対ポンドは英指標での上げ幅を解消する位置まで下げてきていますね。
    バーナンキ議長発言でドルが買われる動きとなっている中ポンドもクロスで上昇する形となっています。
    ポンド対オージーは行き過ぎている所ですが、こちらは直近の高値を試しに行く動きになるのではないかなと考えています。
    キプロスの経済見通しはかなりのリスクに直面しているとの事で、リセッションは予想よりも深刻化する可能性があると出ていますし、ユーロは対ポンドでは下かなといった所ですね、また対オージーでも行き過ぎている所で、押し目で買われてはいるものの、上昇幅は限定的といった形ですし、ユーロはクロスで下を壊しにくる動きになるのではないかなといった印象ですね。

    ダドリーNY連銀総裁からは、QEの段階的な縮小には3、4ヶ月必要、米債権運用会社の方からも今後数ヶ月間に縮小される可能性があるとして、9月頃になるだろうと出ています。
    バーナンキFRB議長への質疑応答では9月第1週前のQE縮小についてコメントが控えられている形ですし、市場の思惑は9月辺りでの縮小といったものが強い所ではないかなと考えています。

    ドルストレートは日足で行き過ぎている所に位置していますが、ユーロ、ポンド共に週足ではまだ下げ幅を十分に残している形、オージーがクロスで行き過ぎている展開で、オージ対ドルは週足で強く意識されるゾーンにぶつかっている所ですね。
    0.9570辺りまでのゾーン内でどのように動くのかに注目が集まっている所です。

    今日はユーロ/ドルの売りでデイトレしようと考えています。
    下にエクスパンションするようでもオージーの動きが気になる所ですのでついて行くのは難しいですね。
    戻った所を狙う形のトレードで考えています。
    オージークロスが弱い展開となるようならオージー/ドルの売りに切り替えてといった形で臨もうと思います。
    依然としてドル/円は底堅い所ですので、ドル/円が低い位置にあるような時はこちらの戻りを待つ形になりますね。
    中国のHSBC製造業PMIでのオージーの動きに注目といった感じです。
    オージー、ドル/円の動きに注視する必要がありますね。
    スポンサーサイト
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    上山康浩

    Author:上山康浩
    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    FX専業トレーダーの上山康浩と申します。
    デイトレを基調としたスタイルで、ファンダメンタルとテクニカルを用いた裁量トレードを行っています。

    1時間足、15分足、5分足が主でして、相場状況によってはスキャルピング、スイングも行う形です。

    用事や体調不良を除いては、月曜から金曜まではPCの前で記事を読んだり、チャートを追ったりというような生活を送っています。

    ブログの更新時間を変更致しました。
    相場が本格化する欧州時間に間に合わせる形で、当日の昼までにブログの更新を行いたいと思います。

    最新記事
    カテゴリ
    FXの基本項目
    トレードを始める前に、知っておかなければならない基本的な知識ですね。
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    ニュース
    よく閲覧しているニュースサイトです。
    Market Win 24、FX WAVE、GI24などと合わせて活用しています。

    ●ロイターニュース


    ●日経新聞


    ●済龍CHINAPRESS



    ●ウォールストリートジャーナル


    ●YAHOOニュースBUSINESS
    予想グラフ
    投資家の心理が、どういった方向に偏っているのかを掴むのに役立つグラフですね。


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    経済指標カレンダー
    重要度が細分化されていますので使い勝手が良いです。

    各国市場の休日
    乏しい値動きになりそうだな、なとどいった予測を立てやすくなりますので、抑えておいた方が良い項目ですね。

    各国市場の休日
    政策金利
    直近だけでは無く、過去にさかのぼってのデータが記してありますので、非常に見やすい作りとなっています。

    政策金利 
    シカゴIMM通貨先物ポジション
    金曜日の取引終了後に、火曜日時点の値が公表される形ですので遅れを考慮する必要がありますが、通貨がどういった偏りになっているのかを見るのに役立ちます。

    シカゴIMM通貨先物ポジション 
    チャート
    金や原油、米、独、英、日の株価、米国債といった様々なチャートが用意されています。
    相互チャートで開くと、ラインを引いたり、指標を使ったりが可能になりますので非常に使い勝手が良いです。

    チャート 
    企業決算・国債入札予定日
    国内外の企業決算や国債入札の予定が経済指標と合わせて記載されています。

    企業決算・国債入札予定日 
    国債金利チャート
    問題を抱える国
    アクセスランキング
    オートリンクネット
    アクセスアップの裏技:オートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら 裏情報暴露大公開します
    ネットで儲ける時代

    BBS7.COM
    MENURNDNEXT
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。