スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村

    ドル/円は102.00のラインが重い様子

    ドル/円は二度102.00のラインを試しましたが上に抜ける事が出来ない展開となっていますね。
    ただ、底堅さも十分に保っている状況で、小幅にもみ合う動きとなっています。
    豪のNAB企業信頼感指数、企業景況感指数、住宅ローン約定件数はまちまちの結果となりましたね。
    中国の指標を控えている形でしたので、様子見といった感じで特に値動きには影響していないです。

    中国の固定資産投資は市場予想を下回る形、鉱工業生産も下回る形、小売売上高は予想通り、といった結果になりましたね。
    こちらを受けてオージーはクロスで下げる動きとなりましたが、値動きは限定的といった感じで小幅に留まっています。
    同時にユーロがクロスで上げる動きとなった事でオージー対ドルは支えられる展開となっていますね。
    ユーロ対ドルは調整といった感じでは無く、投機的な動きで上を試した形ですね、その後ユーロはクロスで下を壊しに行く動きへと転じています。
    ドル/円がユーロではなくオージーに連れた事からもドル/円の調整意欲の強さが伺えましたので、昨日は予定通りドル/円の底堅くなった所、オージーの上が重くなった所を待つ事にしました。
    18:00にドルストレート、クロス円、オージークロスの上が重くなる形となりましたので、こちらの足が確定後にオージー/ドルの売りでエントリーしました。
    ただ、ユーロは対ドルで底堅く推移する展開となり、イタリアの入札を背景に上げて来る動きとなりましたので、18:45の足が確定後に手堅く手仕舞う形を取りました。
    ドル/円の買いはオージー/円が切り上げる動きになるのを待つしかない所でしたので、エントリー出来る形を待つ事に。
    20:15にオージー/円が切り上げる動きになったものの、ユーロクロスが高い位置にありましたので、下を壊しにくる可能性を考えてこちらの足は見送っています。
    結果的にドル/円は上げて来る展開となりましたが、取れるリスクではなかったと考えています。

    米小売売上高は市場予想を上回り、こちらを受けてドル/円は上げる形、ドルストレートは下げる動きで反応しましたね。
    ただドル/円は102.00の上が重く、跳ね返される動きとなって指標で上昇した上げ幅を解消する動きとなっています。
    ドルストレートも同様に利確の動きで指標での下げ幅を解消する形となっていますね。
    ただドルストレートは依然として上が重く、といった展開を取っていましたので、23:15のオージークロスの上が重くなった足が確定後に再度オージー/ドルの売りでエントリー。
    24:00にポンドが大きく下げてくる動きとなり、ユーロ対ポンドでは大きく上昇、ユーロ対ドルでは底堅く反応、ドル/円、クロス円も同様に底堅く反応する形となり、ユーロ対ポンドは強く意識されるラインで頭を抑えられる形、投機的にどの通貨でどのように動かしてきてもおかしくないような状況となりましたので、24:00の足が確定する前に手仕舞いする形を取っています。

    キプロスへ20億ユーロの払い込い込みが行われたようで、こちらはユーロにとって好材料といった所ですね。
    ただ、アスムセンECB理事がショイブレドイツ財務相の銀行同盟に対する提案を拒否したとの報道が出た事で、ユーロの上は重い様子となっています。
    ESMによる直接資本投入は6月合意の見通し、といったものも出ていますので、ユーロは対ドルで上げてきてもいいような所でもありますね。

    ドル/円の方向は上で捉えていますが、一旦ユーロ/ドルの動きに逆相関の動きでついて行くのではないかなといった印象です。
    ユーロ対ドルは1時間の波動をクリアしている形ですし、テクニカルで見ると日足の下げ幅はまだ十分にある所でがすが、オージー/ドルは日足で行き過ぎている形、ユーロ対ポンドは切り下げてくるラインでの値動きに注意するようですが、そちらを試す展開になるのではないかなといった所ですし、ユーロ対オージーは日足で行き過ぎている所ですが状況を考えると上、波動では4時間の5波目がエクステンションしている最中と考えていますので、一旦ドルストレートは上げる動きになるのではないかなと考えています。
    ドルストレート、クロス円が上、ドル/円は持ち合いといった展開を考えていますので、今日はユーロ/ドルの買いでエントリーする形で為替相場に臨みたいと思います。
    ドルが強い状況に変わりはない所ですので、上へのエクスパンションにはついていく事は出来ないですね、下げる動きになってドルストレートが底堅くなる動きを待つ形で臨みたいと思います。
    ドル/円主導で下げてくる展開になるようならドルストレートの上が重くなった所からオージー/ドルの売りで、といったデイトレで考えています。
    スポンサーサイト
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : デイトレード
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    上山康浩

    Author:上山康浩
    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    FX専業トレーダーの上山康浩と申します。
    デイトレを基調としたスタイルで、ファンダメンタルとテクニカルを用いた裁量トレードを行っています。

    1時間足、15分足、5分足が主でして、相場状況によってはスキャルピング、スイングも行う形です。

    用事や体調不良を除いては、月曜から金曜まではPCの前で記事を読んだり、チャートを追ったりというような生活を送っています。

    ブログの更新時間を変更致しました。
    相場が本格化する欧州時間に間に合わせる形で、当日の昼までにブログの更新を行いたいと思います。

    最新記事
    カテゴリ
    FXの基本項目
    トレードを始める前に、知っておかなければならない基本的な知識ですね。
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    ニュース
    よく閲覧しているニュースサイトです。
    Market Win 24、FX WAVE、GI24などと合わせて活用しています。

    ●ロイターニュース


    ●日経新聞


    ●済龍CHINAPRESS



    ●ウォールストリートジャーナル


    ●YAHOOニュースBUSINESS
    予想グラフ
    投資家の心理が、どういった方向に偏っているのかを掴むのに役立つグラフですね。


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    経済指標カレンダー
    重要度が細分化されていますので使い勝手が良いです。

    各国市場の休日
    乏しい値動きになりそうだな、なとどいった予測を立てやすくなりますので、抑えておいた方が良い項目ですね。

    各国市場の休日
    政策金利
    直近だけでは無く、過去にさかのぼってのデータが記してありますので、非常に見やすい作りとなっています。

    政策金利 
    シカゴIMM通貨先物ポジション
    金曜日の取引終了後に、火曜日時点の値が公表される形ですので遅れを考慮する必要がありますが、通貨がどういった偏りになっているのかを見るのに役立ちます。

    シカゴIMM通貨先物ポジション 
    チャート
    金や原油、米、独、英、日の株価、米国債といった様々なチャートが用意されています。
    相互チャートで開くと、ラインを引いたり、指標を使ったりが可能になりますので非常に使い勝手が良いです。

    チャート 
    企業決算・国債入札予定日
    国内外の企業決算や国債入札の予定が経済指標と合わせて記載されています。

    企業決算・国債入札予定日 
    国債金利チャート
    問題を抱える国
    アクセスランキング
    オートリンクネット
    アクセスアップの裏技:オートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら 裏情報暴露大公開します
    ネットで儲ける時代

    BBS7.COM
    MENURNDNEXT
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。