スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村

    RBA議事録公表では

    経済は一連の利下げに反応、引き続き利下げの余地あり、一連の利下げは効果は更に続く、といった内容が出ましたね。
    こちらを受けてオージーはクロスで上昇する展開となっています。

    またデベルRBA総裁補佐からの資源投資向けの資本流入が豪ドルを押し上げる、資本の流れはネットベースで豪ドル高要因、といった発言が出ていますね。
    こちらを受けてオージークロスは上を試すような動きで反応しています。
    その後、中国の格付け見通しが安定的に変更されたのを受けてオージークロスは更に上昇する形となっていますね。
    ただ対ユーロ、対ポンドでは上が重い展開となり、下げる動きへと転じている形です。

    ワシントンで18-19日に開かれるG20に市場の注目は集まっていますが、前回ほど通貨戦争に関する議論が行われる事はない、といった報道が出ていますね。
    ただ前回ほどではないにしろ、日本の景気刺激策に対してG20で議論する展開にはなると思いますので、一旦円相場の上は抑えられるのではないかなと考えています。

    英指標は市場予想を下回ったのは生産者物価指数のみとなり、その他の指標は市場の予想通り、コアCPIは予想を上回る結果となりましたね。
    生産者物価指数の値は近似値といった感じで特に悪い印象は無いのですが、発表前に若干強い結果になるだろう、といった期待感があったようで、そちらの期待に応えられなかった事からポンドはクロスで下げる動きとなったようです。
    ただ、下げ幅は限定的といった感じで、特に影響を与える事はない材料だと考えています。

    スペインの入札は目標上限50億ユーロに対して50億7千万ユーロの発行となりましたね。
    ドイツのZEW景況感指数、ZEW現況感指数、ユーロ圏の景況感指数は市場予想を下回りましたが、ユーロ圏のCPIは強い形となりました。
    ユーロは一旦下で反応しましたが、底堅い展開を取ってその後クロスで上げる動きとなっています。

    昨日は18:45の足が確定後にオージー/円の売りでエントリーしましたが、ユーロが強い形となった事で持ち合う展開となってしまいました。
    短期的にユーロは強いと考えていたものの、対ドルでは切り下げる動きとなっていましたし、対ポンドでも上の重い展開となっていましたので上げ幅は限定的だろうなと踏んでいたのですが、考えていたよりも大きく上げる展開となってしまいました。
    持ち合ったまま米指標時間に迫ってしまいましたので、20:45辺りの±0の所で一旦手仕舞う形を取りました。
    ユーロはクロスで直近の高値を壊しにきそうな所でしたし。

    米建設許可数、CPIは市場予想を下回る形となり、ドルストレートは上げる動きで反応しましたね。
    ドル/円はクロス円に連れて上げている展開を取っています。
    その後、IMFからのユーロ圏成長予想がマイナス0.3%引き下げとの見通しでユーロは下げる動きとなっていますがクロスで底堅く推移しています。

    G20を控えて円相場は上が重くなるといった印象ですし、オージーは議事録公表、中国の格付け見通しで上げる展開となりましたが、上げ幅は限定的、その後の上昇はユーロに連れた形ですので、下を壊しにくるのではないかなといった印象ですね。
    ユーロは対ドルで半目の位置、テクニカルでは行き過ぎている所で、対円でも上が意識されるライン、対ポンドでも同様のラインに到達している形です。
    金売り、ユーロ買いの思惑は一段落したのではないかなといった所ですし、ユーロは調整の動きになるのではないかなといった印象ですね。
    ただ、対オージーではもう一段上げて行くのではないかなと考えています。
    ポンド対オージーも切り上げる動きとなっていますので、オージ主導で下げてくる展開になるのではないかなと考えています。

    ただ今日は英の失業率、BOE議事録といった大きな材料が控えている形ですね。
    ポンドがリスク選好の形に動いてもいいような所ではありますので、ポンドクロスが上げるようならポンド/ドルの買いで、ポンドクロスが下げて行くようなら、動きを見てポンド/円、オージ/円のどちらかで売る形のデイトレを考えています。
    スポンサーサイト
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    上山康浩

    Author:上山康浩
    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    FX専業トレーダーの上山康浩と申します。
    デイトレを基調としたスタイルで、ファンダメンタルとテクニカルを用いた裁量トレードを行っています。

    1時間足、15分足、5分足が主でして、相場状況によってはスキャルピング、スイングも行う形です。

    用事や体調不良を除いては、月曜から金曜まではPCの前で記事を読んだり、チャートを追ったりというような生活を送っています。

    ブログの更新時間を変更致しました。
    相場が本格化する欧州時間に間に合わせる形で、当日の昼までにブログの更新を行いたいと思います。

    最新記事
    カテゴリ
    FXの基本項目
    トレードを始める前に、知っておかなければならない基本的な知識ですね。
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    ニュース
    よく閲覧しているニュースサイトです。
    Market Win 24、FX WAVE、GI24などと合わせて活用しています。

    ●ロイターニュース


    ●日経新聞


    ●済龍CHINAPRESS



    ●ウォールストリートジャーナル


    ●YAHOOニュースBUSINESS
    予想グラフ
    投資家の心理が、どういった方向に偏っているのかを掴むのに役立つグラフですね。


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    経済指標カレンダー
    重要度が細分化されていますので使い勝手が良いです。

    各国市場の休日
    乏しい値動きになりそうだな、なとどいった予測を立てやすくなりますので、抑えておいた方が良い項目ですね。

    各国市場の休日
    政策金利
    直近だけでは無く、過去にさかのぼってのデータが記してありますので、非常に見やすい作りとなっています。

    政策金利 
    シカゴIMM通貨先物ポジション
    金曜日の取引終了後に、火曜日時点の値が公表される形ですので遅れを考慮する必要がありますが、通貨がどういった偏りになっているのかを見るのに役立ちます。

    シカゴIMM通貨先物ポジション 
    チャート
    金や原油、米、独、英、日の株価、米国債といった様々なチャートが用意されています。
    相互チャートで開くと、ラインを引いたり、指標を使ったりが可能になりますので非常に使い勝手が良いです。

    チャート 
    企業決算・国債入札予定日
    国内外の企業決算や国債入札の予定が経済指標と合わせて記載されています。

    企業決算・国債入札予定日 
    国債金利チャート
    問題を抱える国
    アクセスランキング
    オートリンクネット
    アクセスアップの裏技:オートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら 裏情報暴露大公開します
    ネットで儲ける時代

    BBS7.COM
    MENURNDNEXT
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。