スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村

    米とロシアの会談

    米とロシアの会談は建設的なものだった、という内容が出ていますね。
    米側からはウクライナ国境付近のロシア軍集結に強い懸念を示す形、ロシア側からはウクライナ東部に侵攻する意図は全くないといった文言が出ています。
    また、米とロシアはウクライナ危機について強力へ、といった内容がロシアの外相から出ていますね。
    一先ずのリスク回避の思いは後退している印象です。

    【本日のトレード】

    今日は予定通り手控える形を取って、様子見したいと思います。
    ドル/円の買いかなといった印象ですが、参加できるような相場状況ではない形ですので、どのように動くのかを追いたいと思います。


    【本日のドル/円とユーロ/ドルの予想】

    ドル/円は持ち合う動きで展開した後、上げる動きになるのではないかなと考えています。
    直近の安値が底堅いかなといった印象で、103.00を上に抜けて、上を目指す材料が出るようなら103.40辺りまで向かう展開になるかなと見ています。

    ユーロ/ドルはいったん直近の安値を目指す動きになるかなといった印象ですね。
    その後、現在の水準近くまで戻す動きになるかなと見ています。
    こちらは方向感のないレンジ相場で考えています。


    【状況】

    ユーロ圏のインフレ率は中銀の目標値2%から大きく離れている形、3日のECB理事会を警戒しているところとなっていますね。
    ユーロが上げて来る展開は難しいかなといった印象です。
    ユーロ/ポンドの4時間はまだ上といった形になっていますが、直近の高値まで上げられないかなと見ている形ですね。
    上が重くなったところからこちらは下に向かう動きで考えています。

    昨日と見方は変わりましたが、手控えて様子見する形は変わらないですね。
    月末、週明け、四半期末、年度末、といったところに、ドイツ、英、米の指標が並んでいる形、イエレンFRB議長やカーニー英中銀総裁の発言も控えているところで、すでにECB理事会、米雇用統計に意識は移っているところ、取れるリスクが見当たらない状況となっています。

    様子見ムードが強く、乏しい値動きになるかなといった印象ですが、円売り優勢の展開になるかなといった印象ですね。
    指標での値動きは限定的なものとなり、要人発言やウクライナ絡みの報道、株価で動く形になるかなと見ています。

    ドル/円の買いかなといった印象で見ていますが、今日のところは手控えて、どのように動くのかを見たいと思いますね。


    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト


    テーマ : FXデイトレード
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    米とロシア首脳の電話会議

    【状況】

    ドイツ側からは、ロシアから輸入している天然ガスの代替は見当たらないと言った内容が出ていますね。
    ウクライナ情勢をめぐって、ロシアが輸出停止に踏み切る可能性は低いとのことです。

    欧州は米からの天然ガス輸入が可能になるように動き出しているところですが、代替が見当たらないとなると、経済制裁はある程度限定的なものになってきますね。
    ウクライナ問題でのリスク回避の思いは十分にありますが、過度にリスク回避に寄ってはいないかなといった印象ですね。

    米、ロシア首脳の電話会議では、ロシア側からの深刻な対立や孤立化を抑えようとする感じが見受けられたようですね。
    米側も前向きな変化の始まり、といった内容を出していますが、依然として米とロシアの主張は隔たりが大きいようです。

    ウクライナ国境近くに配備されたロシア軍は10万人近くに達しているとのことで、ロシアの態度が軟化したのは新たな侵攻に向けた布石との分析もあるようですね。
    依然として不透明な状況は変わらずといった展開になっています。

    ユーロ圏のインフレ率は中銀の目標から大きく離れていますので、ECB理事会での追加緩和への思いは依然として強いところとなっていますね。
    スペインやドイツのCPIが弱い結果になったことで、こちらに対する思いはさらに強まっているところですし、ECB理事会への警戒、ウクライナ問題の不透明感でユーロが上げてくるのは難しいかなといった印象です。

    明日は月末、四半期末、年度末といったところにイエレンFRB議長の発言、カーニー英中銀総裁の発言が控えている形ですね。
    3日のECB理事会、4日の米雇用統計も意識されていますので、とても参加できるところではないかなと考えています。

    ポンドは底堅く推移、ユーロとオージーが下に向かう動き、円高優勢でユーロ/円の売りかなといった考えはありますが、明日は様子見する形を取って手控えたいと思いますね。
    また明日のお昼までに更新致します。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    方向はまるでないところ

    【昨日】

    昨日は狙っている形にならなかったことで見送っています。


    【状況】

    スペインやドイツのCPIが弱い結果になったことで、ユーロは下げる動きとなりましたが、方向が出るような下げにはなっていないですね。
    その後は、買い戻しを背景にユーロは上げる動きとなっています。

    英指標は経常収支の赤字が拡大する結果となりましたね。
    こちらを受けてポンドは下げる動きとなりましたが、下げる動きは限定的なものとなり、ポンドは底堅く推移する展開となっています。

    米指標には円売りで反応していますが、方向を感じるような動きではないですね。
    基調はドル買い、円売りの流れで捉えている形です。

    今日は今から家族で出かけてしまうので、ブログを読んで下さっている方々には薄い内容になってらしまい申し訳ないです。

    夜には帰宅しますので、明日しっかりしたものを書きたいと思いますね。


    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : デイトレード
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ウクライナ支援の法案可決

    米議会はウクライナ支援の法案を可決しましたね。
    10億ドルの融資のほか、クリミア編入に関わった人物に対する制裁措置が盛り込まれているようですね。
    EU側からもウクライナに対して、約1200億円くらいの支援が計画されているとのことです。


    【本日のトレード】

    本日はユーロ/円の売りでエントリーを考えています。
    英指標でポンドが上げるようなら、ポンド/円の上が重くなったところからユーロ/円の売りを狙っている形ですね。
    英指標でポンドが下げるようならドル/円、クロス円、ユーロクロスの上が重くなったところからユーロ/円の売りでと考えています。

    こちら以外の動きは全て見送る形ですね、時間も21:00を目処に参加したいと思っています。


    【本日のドル/円とユーロ/ドルの予想】

    ドル/円は方向感のない動きで持ち合った後、下げる動きになるかなと見ている形ですね。
    102.00を試す動きとなり、こちらを下抜けるようなら昨日の安値を目指すかなといった印象ですね。

    ユーロ/ドルも方向感のない動きで展開した後に、1.3715辺りまで下げてくる動きになるかなと見ている形ですね。


    【状況】

    米の情報機関によると、ロシア軍がウクライナ東部に侵攻する可能性が以前の分析結果より高まっているとのことですね。
    ウクライナの国境周辺にいるロシア軍の行動は、ここ数日懸念を抱かせるものとなっているようです。
    以前行われた紛争の開始前を思わせる動きになっているようで、再度警戒感が高まっているところとなっていますね。

    英指標は市場予想より強い結果となり、こちらを受けてポンドは上昇する動きとなりましたね。
    ただ、対オージーでは上げ幅を解消して安値を更新する動きとなっています。
    ポンド/オージー、ユーロ/オージーは日足で行きすぎている形、オージーは対ドル、対円でも同様の形となっていますね。
    行きすぎは意識されているものの、オージーは強い形を保つかなといった印象で、底堅い展開を想定しています。

    米指標は強弱まちまちの内容となりましたが、こちらに対しては円買い優勢といった感じで動いていますね。
    値動きを見る限り、リスク回避の思いが強まっているかなといった印象です。

    ユーロ/ポンドは日足でまだ下げていける形となっていますね。
    フィボナッチ61.8%も下に抜けてくる動きとなり、4時間ではエクスパンション、こちらは一目均衡表の日足の雲下限辺りまで下げる動きになるかなと見ている形です。

    本日はドイツ、英、米の指標が並んでいる形ですね。
    週末の調整が絡んでくるところに、月末、四半期末、年度末といった意識も絡んできますので、荒い値動きになるかなと考えています。
    今日は見送る可能性が高いですが、狙っている形になるのを待ちたいと思います。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    オバマ大統領の発言でリスク回避

    オバマ大統領からの、国際社会が現在試されている、といった発言でウクライナ情勢がエスカレートする恐れがあるとの見方が強まったようですね。
    こちらの発言を受けてリスク回避の動きとなっています。


    【本日のトレード】

    今日は手控える形を取って様子見したいと思います。
    ユーロ/円の売りでエントリーしたい気持ちはありますが、思惑がどこに寄っているのかが何とも分かりずらいところとなっていますので、今日の値動きを見てそちらを捉えたいと思います。


    【本日のドル/円とユーロ/ドルの予想】

    ドル/円は底堅いところといった感じで見ていますが、下げる動き優勢の展開になるかなと見ている形ですね。
    大きく下げてくる印象はなく、下げても101.65辺りかなと考えています。

    ユーロ/ドルは直近の安値を下に抜けた辺りまで下げてから、その水準で持ち合うかなと考えています。


    【昨日】

    昨日は19:15のロウソク足が確定後に予定通りドル/円の買いでエントリーしました。
    20:15に直近の高値に差し掛かり、クロス円も上の重い動きとなりましたので、こちらのロウソク足が確定後に手仕舞いする形を取っています。


    【状況】

    RBA総裁からの景気回復への自信、住宅や資産の価格上昇に警戒感が示されたことで、オージーは上昇する動きとなりましたね。
    豪ドル安への誘導が弱まったとの見方も、こちらの上昇を手伝う形となったようです。

    ウィール英MPC委員からの賃金上昇率に前向きな内容が出たことでポンドは上昇する動きとなりましたね。
    ただ、対オージーでは上が重く、その後オージーがさらに上げる動きとなっています。
    ポンド/オージーに方向はないかなと見ている形で、こちらは上下のストップを壊す動きになりそうですね。
    リスク回避優勢の展開になるかなと見てはいますので、オージーの上は重い印象ですし、ポンド/ドルがわずかに上げる動き、ユーロ/ドルがわずかに下げる動きといった展開で見ています。

    ロシアのクリミア併合に対し、米欧がどのような対応策を取るのかに世界中の投資家が注目しているといった内容がストラテジストから出ていますね。
    声明や行動などで状況がエスカレートするようなら、投資家は慎重になって利益確定に動くとしています。

    オバマ大統領の発言は制裁の強化、さらには軍事的な行動も連想させられるものとなっていますね。
    軍事介入は選択肢にないとの発言をしていますので、そういった動きにはならないと思いますが、何とも不透明な状況になっています。

    一先ずは様子を見るしかないですね、今日のところは報道と値動きを追いたいと思います。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : デイトレード
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    年度末への意識も強まるところ

    ロシアのソチで開催される予定だったG8サミットは見送られる形となりましたね。
    代わりとして6月の上旬にブリュッセルでG7サミットを行うとしています。

    オランダのハーグで開かれた首脳会議では、ロシアが事態をさらに悪化させた場合、制裁を強めるとの合意が成されています。
    また、ロシアが進路を変えない限り、G8の枠組みから事実上除外するとしていますね。

    ロシア側からは、ロシア抜きのG7の枠組みは今後すたれていくだろう、むしろ困るのは米欧の方だ、といった感じで強気の発言が出ています。
    ロシアは今後、孤立の状況を活用して反欧米諸国との結束を図っていく可能性があると見られているようですね。
    ウクライナ問題はかなり長引く形になるかなといった印象です。


    【本日のトレード】

    今日はドル買いの動きになったところから、ドル/円の買いでエントリーしたいと思います。
    また、円売り主導の動きになるようでもドル/円の買いでエントリーしたいと思います。

    ポンドが下げる動きになるかなと見ていますので、ドルストレート、ポンドクロスの上が重くなったところから、ポンド/ドルの売りも狙いたいと思います。


    【本日のドル/円とユーロ/ドルの予想】

    ドル/円は上げる動きで考えていますが、上は重いところといった感じですね。
    直近の高値を試した後に持ち合う動きとなり、再度上げる動きで102.50辺りを目指す動きになるかなと見ています。

    ユーロ/ドルはわずかに上げる動きが強く出るかなと見ていますが、基本的には方向感のない動きで捉えています。
    直近の高値を目指す動きになった後、高い位置で持ち合う展開になるかなと考えています。


    【昨日】

    昨日は円売り優勢の形となりましたので、ユーロ/ドルの売り頭は解除する形に、20:30にドル/円の買いで入れる形となりましたので、こちらのロウソク足が確定後にドル/円でエントリーしました。
    米指標を控えていましたので、直近の高値を更新した21:15のロウソク足が確定後に手仕舞いする形を取っています。


    【状況】

    英指標は強い結果のものが多い形となり、こちらを受けてポンドは上げる動きになりましたね。
    ただ、対オージーでは特に動きが見られない形、対ドルでも弱い米指標結果を受けて上昇していますが、上は重い展開となっています。

    英中銀からの、一段のポンド高は輸出主導の力強い景気回復を達成できなくなる、といった発言が上を重くしている形ですね。
    中銀当局者がポンド相場に言及するのは異例のことですし、利上げ開始時期を15年に特定するべきではない、といった内容もポンドの上を重くしていますね。

    米指標は弱い結果となりましたが、特に嫌気されるような動きにはなっていないですね。
    早期利上げの思いは後退する形となりましたが、依然として米景は回復の軌道上にあるとの見方が強いかなといった印象ですね。

    ユーロ/オージーは日足で行きすぎを警戒されるところまで下げてきていますね。
    ポンド/オージーも同様に行きすぎの形となっています。
    オージーで下に振ってきそうですが、オージーは対ユーロ、対ポンドで底堅いかなといった印象ですね。
    そうなりますと、ユーロが買戻しを背景に上に動かしてきそうなところですね。
    ただ、ドルストレートは上が重いところとなっていますし、ポンド/ドルが直近の安値辺りまで下げる動きになるかなと考えています。

    年度末が意識される期間に入り始めましたので、その思いを逆手に取ったような動きが強く出そうなところとなっていますね。
    ウクライナ問題はリスク回避の思いが後退しているものの、依然として不透明なところ、更に目先の年度末が意識されているところとなっていますので、今は小さく取りにいくトレードで参加するしかないですね。


    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX外国為替情報
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ウクライナ軍の撤退

    ウクライナ側からはウクライナ軍の撤退を進めているとの報道が出ていますね。
    無条件の撤退をロシア側が認めるかどうかは不明とのことですが、ロシアによるクリミア半島併合が事実上完了したことになります。


    【本日のトレード】

    今日はドルストレート、ユーロクロスの上が重くなったところからユーロ/ドルの売りでエントリーしたいと思います。


    【本日のドル/円とユーロ/ドルの予想】

    ドル/円は直近の安値まで下げたあとに上げてくる動きで考えていますが、上に向かう動きは限定的になるかなといった印象ですね。
    こちらは小幅な動きになるかなと考えています。

    ユーロ/ドルは下げる動きで見ている形ですね。
    1.3810辺りまで下げるかなといった印象で、米指標が強い結果になるようなら昨夜の上昇幅を解消する動きで考えています。


    【昨日】

    昨日は15:15のロウソク足が確定後に狙っている形になりましたので、こちらのロウソク足が確定後にドル/円の買いでエントリーしました。
    深追いするような相場ではないので、16:30に直近の高値に差し掛かったロウソク足で手仕舞いする形を取っています。

    その後、ユーロ圏指標でユーロが下げてくる展開に、ドル/円も下げる動きとなり、ユーロ/オージーは支持腺を下抜けてエクスパンションする格好となりましたね。
    こちらの動きを見て18:00のロウソク足が確定後にユーロ/ドルの売りでエントリーしました。
    こちらも深追いするようなところでなく、18:30にドルストレートが底堅い動きとなりましたので、こちらのロウソク足で手仕舞いする形を取っています。


    【状況】

    G7ではロシアが進路を変更するまでG8への参加を停止、といった内容が出ましたが、具体的な制裁の内容が出なかったことで、値動きは見られない形となっています。

    米の製造業PMIが市場予想を下回り、こちらを受けてドルが売られる展開となりましたね。
    イエレンFRB議長の19日の発言でドル買いに寄っていましたが、指標結果が弱かったことで金利の引き上げはそう早くない、といった見方が強まった形です。

    ドルストレートは上昇する展開となりましたが、ポンド/ドルは上昇幅を解消する動きに、オージー/ドルは再度直近の高値を試す動きとなっていますが、こちらは行きすぎが警戒されているところ、ユーロ/ドルも4時間の50日腺が上を抑えている形で、日足のRSIは50%付近となっていますね。

    米経済の鈍化は寒波影響の要因が強かった、との味方が強く、3/7週、3/14週の新規失業保険申請件数は強い結果となっていますし、一方的なドル売りの展開にはならないと考えています。

    オージー/ドルは日足、4時間で行きすぎが警戒されているところですね。
    オージーは堅調さを保つかなといった印象ですが、大きく上に抜けていくようなところではないかなと考えている形ですね。
    米指標が弱い結果になったとしても0.9200辺りから下げる動きに転じるかなと見ています。

    本日はドイツ、英、米の指標が並んでいる形ですね。
    25:00からドラギECB総裁の発言も控えていますので、荒い値動きになるかなといった印象ですね。
    欧州時間序盤と英指標後で狙っている形を待ちたいと思います。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ロシアはG8から永久追放の可能性も

    ロシア軍の装甲車や自警団がクリミア南部のセバストポリ近郊のウクライナ空軍基地を制圧したとのことですね。

    ロシアの国防相からは、クリミアに駐留するウクライナ海軍の艦艇67隻のうち、57隻でロシア海軍の旗が掲げられたことを明らかにしています。

    ロシアの動向に対して米欧は反発を強めている形となっていますね。
    G7ではロシアに対しての制裁をどこまで強めるか話し合うとのことです。

    【本日のトレード】

    今日はドル/円、クロス円の底堅い動きになったところから、ドル/円の買いでエントリーしたいと思います。
    ドル買い動かしてくるようでも、ついていこうと考えています。


    【本日のドル/円とユーロ/ドルの予想】

    ドル/円は4時間の中期的な方向が上にある形ですね。
    いったん下げる動きになってから上に向かうかなと見ているところで、102.50辺りまで上げるのではないかなと考えています。

    ユーロ/ドルは下に向かうかなといった印象ですね。
    こちらはいったん上のストップを壊した後に、1.3760辺りまで下げてくるかなと考えています。
    3/20の安値を下に抜けるようなら1.3720辺りまで下げてきそうですね。


    【状況】

    ユーロ/ポンドは週足の50日腺、100日腺に上を抑えられている形ですね。
    日足ではまだ下げられるところですし、4時間でも行きすぎている形、ユーロ/オージーでは10日腺を下に抜けてくる展開となり、4時間の21日腺が上を抑えている形となっています。
    ECB理事からは利下げやQEの可能性が示されているところですし、ウクライナ問題もあってユーロの上は重いところですので、ユーロが下げる動きになるかなと見ています。

    ポンドは対ドルで週足の21日腺に差し掛かっていますね。
    日足では行きすぎを警戒されるところまで下げてきている形、対ドルでの上は重いところですが、ポンド/オージーではまだ上に向かえるところ、ユーロ/ポンドでも下げる動きになるかなと見ていますので、短期的にポンドが上に動くかなと考えています。

    中国のHSBC製造業PMIは市場予想を下回る結果となりましたね。
    こちらを受けてオージーは下げる動きとなっています。
    オージーも方向は下で捉えていますが、今日のところは下に向かう動きが堅調に動くかなと見ている形ですね。
    ユーロが底を支える展開で考えています。

    本日はG7緊急首脳会議を控えている形で、日本時間の25日午前2:30から始まる予定となっていますね。
    ロシアがウクライナに対して一段の措置を取れば、G8からのロシア永久追放も考えているとのことで、本日のG7でこちらの議題に対しても意見が交わされる見通しのようです。

    様子見ムードが強いかなといったところですので、小さく取りにいく形で参加したいと思います。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX専業トレード
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ロシアはウクライナに返済請求

    【状況】

    フランスはロシアとの軍事協力を停止するとのことですね。
    ただ、ロシアがフランスに注文していたミストラル級強襲揚陸艦については触れられていないようです。

    ロシアはセバストポリ海軍基地の貸与を受ける見返りに、ウクライナに対して天然ガス代金を割り引く合意を破棄、ウクライナへ約1兆6360億円の返済を求める方針とのことですね。

    この流れは織り込まれていると思いますので、特に値動きに影響することはないかなと考えていますが、中長期的な展望を考えるとユーロが下げてくるかなといったところですね。

    QE縮小を続けていく思いは強いところですし、対比的に考えてもユーロ/ドルは下に向かうかなという感じになっていますね。
    明日のスタートの動きを見て再度分析するつもりですが、今のところドル買い優先の展開になるかなと見ている形です。
    円買いに動く印象もないですし、ドル/円の買いでエントリーを考えている形ですね。

    また明日のお昼までに更新致しますね。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX初心者がデイトレで稼ぐ!
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    編入手続き完了

    【昨日】

    昨日は18:30に狙っている形になりましたので、こちらのロウソク足が確定後に予定通りドル/円の買いでエントリーしました。
    19:30にドル/円、クロス円の上が重い動きとなりましたので、こちらのロウソク足が確定後に手仕舞う形を取っています。


    【状況】

    EU首脳はロシア産の石油と天然ガスに対する依存を減らす方針で動いていくとのことですね。
    ドイツのメルケル首相からは、シェールガス革命で大量の資源を確保する米国が、天然ガスの輸出規制緩和に合意すればEUでの供給多様化は可能、といった内容が出る形となっています。

    ロシア上院はクリミア自治共和国とセバストポリ特別市をロシアに編入する条約を全会一致、編入手続きは
    完了といった展開なりましたね。
    ただ、こちらの展開はすでに織り込まれていましたので、特に値動きには影響していないです。

    英の失業者数は強い結果になったものの、ポンド高に対する思いが上を重くしている様子となっていますね。
    流れにがドル買いにあることからも、ポンド/ドルの上は抑えられてしまうでしょうし、こちらは週足の21日線辺りまで下げてくる動きで考えています。

    中国の不動産開発会社である浙江興潤置業投資が破綻したことを受けて、ムーディーズは中国の脆弱性が浮き彫りになったと伝えていますね。
    デフォルトが相次ぐ可能性が十分にあるようなところとなっていますので、こちらの対しての警戒感も中国
    強まる形となっています。

    ポンド/オージーは意識の強いところまで下げてきていますし、大きく下に抜けていく材料もらないかなといった印象ですので、こちらは跳ね返して上げてくる動きになるかなと考えています。
    ユーロ/オージーもまだ下げれるかなと見ていますので、ユーロが下げる展開になるのではないかなと考えている形ですね。
    ロシア、ウクライナ問題は長期化する可能性が高い形ですので、しばらくはやりずらい相場が続くかなといった印象ですね。
    月末に向けて利払いの思いなども絡んできますので、やりずらさは加速するかなといってところです。

    しぼらくの間は、限定的取れレードルスタイルで、深追いしない形で参加するしかないように思っています。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    依然として焦点はウクライナ問題

    ロシアがウクライナ東部と南部で軍事介入に向かう兆候がある、といった報道を受けてユーロは下げてくる動きとなりましたね。
    その後、ロシアの国防相からロシア軍はウクライナ東部に侵攻することはない、といった内容が出る形となっています。

    【本日のトレード】

    今日はドル/円、クロス円の底堅くなったところから、ドル/円の買いでエントリーしたいと思います。
    ドル買いの動きにはついていかない形で、円売りの動きのみを狙いたいと思います。


    【本日のドル/円とユーロ/ドルの予想】

    ドル/円は上げる動きになるかなと見ている形ですね。
    ただ様子ムードが強く、注目度の高い指標もないところですので、小幅な動きで考えています。
    直近の高値を試したあとに、高い位置で持ち合うかなと見ている形ですね。

    ユーロ/ドルは下げる動きがやや優先かなと見ていますが、下げても直近の安値程度になるかなといった印象ですね。
    下げる動きになった後、低い位置で持ち合う動きになるかなと考えています。


    【昨日】

    昨日は予定18:00のロウソク足が確定後に狙っている形になりましたので、予定通りユーロ/ドルの売りでエントリーしました。
    19:15にドルストレートが直近の安値に差し掛かりましたので、追いかけるような相場ではないですし、こちらのロウソク足が確定後に手仕舞いする形を取っています。


    【状況】

    米側からは、ロシア大統領の側近を含んだロシア人20人と、これらの要人とつながりの深い銀行1行に追加制裁を行うとしていますね。
    また、ロシアがウクライナ東部、南部に侵攻するようなら、金融サービス、中核のエネルギー、防衛、高山セクターといった感じで、ロシア経済の幅広い分野に制裁を科すとしています。

    ただ、ロシア側も米の要人ら9人に報復制裁を発表していますね。
    米が最初に行った制裁と同じ人数を報復制裁したと強調している形です。
    やられた事をまったく同じ形でやり返す、といった内容になっていますね。
    米からの追加制裁があるようなら、それに対しても同様の措置を取ると伝えている形です。

    米指標は揃って強い結果となりましたね。
    ただ、こちらに対しての値動きは特に見られない形となっています。
    米経済の鈍化は寒波影響が強かった、との見方が強いところですし、思いはドル買いに寄っているところですね。
    ただ、ウクライナ問題が続いているところですので、依然としてリスク回避の思いも強く、ロシアの出方によっては大きくリスク回避に動いても良いようなところとなっています。

    ただ、本格的な軍事介入の動きが見られない限り、リスク回避の思いは過度に強くはならないと考えています。
    今日のところは特に目立った材料もなく、基本的には様子見ムード、上下のストップを壊しにいく動き主導になるかなと見ていますので、狙っている形を待ち小さく取りにいきたいと思います。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ロシアに対しての追加制裁

    ロシアに対してはG8からの永住追放を話し合うべき、といった内容が出る形となり、G7で対応を協議する必要があると報じられていますね。
    EU首脳会議でも更なる制裁について話し合うとのことで、貿易面をふくむ広範な制裁も考える必要があるとしています。

    ただ、こちらの報道による相場への影響は特に見られない形となっていますね。
    すでに市場は落としどころを織り込んでいるのではないかなといった印象を受けます。


    【本日のトレード】

    今日はドルストレート、ユーロクロスの上が重くなったところから、ユーロ/ドルの売りでエントリーしたいと思います。
    状況が状況ですので、ポジション量も大幅に減らし、小さく取りに行く形で参加しようと思っています。


    【本日のドル/円とユーロ/ドルの予想】

    ドル/円はまるで方向感のない動きになるかなと見ている形ですね。
    上下のストップを壊す動きで展開する印象でNY時間にレンジを上に抜けてくるのではないかなと考えています。

    ユーロ/ドルは下げる動きになるかなと見ているところですね。
    1.3785辺りまで下げてくる動きになるのではないかなと見ている形です。


    【状況】

    英の失業率は市場予想よりも強い結果となりましたね。
    こちらを受けてポンドは上昇する動きになっています。
    MPC議事録ではポンドがさらに上昇するのは経済回復においてリスク要因になる、といった内容が出ていますね。

    ただ、英経済が回復していく過程で、ポンドがさらに上昇していく可能性があるとしてます。
    もう一段のドル買いの動きになるかなと見ていますので、ポンド/ドルは下げる動きになるかなと考えていますが、昨日の安値を下に抜けたところで下げ止める形になるかなと見ています。

    ユーログループはロシアがウクライナ東部に侵攻する確立は40%としていますね。
    ウクライナの暫定政権はロシア人の入国ビザ発行を拒否する方針を表明、またクリミアに駐屯するウクライナ兵士の撤退に向け準備を進めているとも発表しています。
    リスク回避の思いはやや後退した印象ですが、依然としてリスク回避の思いは十分に強いところとなっています。

    基本的には様子見の相場ですが、報道の内容によっては大きく動いてしまうような状況となっていますね。
    トレードスタイルを限定して、参加できる形になるようなら参加する、それ以外の形は全て見送りといった感じで臨みたいと思いますね。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ロシア大統領の演説

    注目されていたロシア大統領の演説では、クリミア自治共和国とセバストポリ特別市はロシアと密接な関係であり続ける、といった内容が出ましたね。
    ロシアに編入する方針が示される形となり、クリミア側とは国家間条約に調印といった展開になっています。


    【本日のトレード】

    本日もトレードは控える形を取りたいと思います。
    円買いの動きを狙っていますが、今日のところは円買いに動かないと見ていますし、この状況下で27:00にFOMCを控えている形ですので、どのように展開するのか報道と値動きを追いたいと思いますね。


    【本日のドル/円とユーロ/ドルの予想】

    ドル/円はわずかに上げる動きになるかなと考えていますが、FOMC通過後に上の重い展開になるかなと考えている形ですね。

    ユーロ/ドルは下げる動きで考えている形ですね。
    それなりに大きく下げてくる可能性を感じていますが、FOMC通過後は再度底堅い展開になるかなと見ています。


    【状況】

    クリミア自治共和国の中心部で、ウクライナ軍とロシア軍とみられる部隊の銃撃戦があったとのことですね。
    ウクライナ兵の1人が死亡、2人が怪我と報じられています。

    ウクライナ側からはこちらの銃撃戦を受けて、事態が政治的に話し合う段階から、戦争段階に移行した、との内容が出ている形ですね。
    ウクライナは軍に対し、身を守るために武器の使用を承認しています。

    ロシア下院では21日にクリミア編入に向けた法案を審議する予定になっていますね。
    こちらの結果はすでに織り込まれているところだと思いますし、リスク回避の思いは依然として続くところかなと考えています。

    今日のところはドル買い、円売りが優勢の展開になるかなと考えていますが、出てくる報道によっては一気にリスク回避に動いてしまうような相場となっていますね。
    手を出せるような相場ではないと考えていますので、本日も様子見したいと思いますね。
    今週は手を出せない可能性が高いですが、状況が状況ですので、取れるリスクがある環境になるのを今は待ちたいと思います。

    資産を減らさないことが相場を行う上で最も重要なことですし、個人投資家の最大の特権は相場を選べるところにあると思っています。
    相場で勝つために必要なのは「待つ」ことですので、事態の行方を捉えることに重心を置きたいと思いますね。

    米欧からの制裁は禁輸措置といったところに向かうかなと考えていますが、こちらに踏み切るのはEU側も控えたいでしょうし、こちらをちらつかせるような文言だけが飛び交う状況になるかなと考えているところですね。
    ただ、米欧とロシア間での報道はさほど相場に影響しないのではないかなといった印象です。

    ウクライナとロシア、こちらの対立関係に相場は敏感に反応する形となっていますので、引き続き報道に注目といったところです。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    米欧からの制裁開始

    クリミアでの住民投票が実施されたことを受け、米欧は渡航禁止や資産凍結などの制裁を決定しましたね。
    ただ、制裁の内容が予想の範囲内になったことで、過度なリスク回避の思いが一服する展開となっています。


    【本日のトレード】

    本日も参加は控える形を取りたいと思いますね、とても参加できるような相場状況ではないです。


    【本日のドル/円とユーロ/ドルの予想】

    ドル/円は基本的に方向感のない動きで見ていますが、やや円高の動き優勢になるかなと考えています。
    直近の安値、または2/3の安値まで下げる動きになる印象ですね。

    ユーロ/ドルは下げる動きになるのではないかなと考えている形ですね。
    ただ、底堅くされてしまうところでもありますので、大きく下げてはこないかなと見ています。

    エントリーするならユーロ/円の売りかなと考えていますが、状況的に手控えるところだと思っていますので、今はエントリーできる状況を待ちたいと思います。


    【状況】

    オバマ大統領からはロシアに対して違法な住民投票を支援したことを強く警告、追加の制裁措置を考えている、といった内容が出ていますね。
    制裁に対してのリスク回避の思いはまだ十分にあるところとなっています。

    ロシアへの制裁について、今のところ制裁の対象になっていないプーチン大統領にも制裁を施す可能性があると米から出ている形ですね。

    クリミア自治協和国は正式にロシアへの編入を要請する動きを取り、クリミア領内にあるウクライナの国家資産をクリミアのものとする、といった宣言が出ていますね。
    ウクライナの新政権が憤った行動に出るのは確実といったところで、対立は更に深刻化していきそうです。

    状況的に、米欧が言葉を選んで敵意のない様子を見せながらロシアに留まるよう促している形、ロシアはそれに応じることなくクリミア併合に向けて着々と進んでいる形ですね。
    追加の制裁措置で輸出入を禁止する方向に向かう可能性が高く、米欧とロシアの関係は更に悪化していくとの見方が強いようです。

    ユーロ/ドルは日足で行きすぎが警戒されるところまで上げてきていますね。
    ユーロ/ ポンドも日足で行きすぎといった形を取り、4時間のフォーメーションは下げる動きに転じそうな形となっています。
    ユーロはウクライナ問題、また追加の思いも十分にあるところとなっていますので、上は重いかなと捉えていますし、ユーロが下げてくる動きになるのではないかなと考えています。

    RBA議事録では労働需要の先行指標は安定していると出たものの、依然として豪ドルは高水準といった内容が出ていますね。
    オージーは上げる動きで反応しましたが、その後は押し戻される動きとなっています。
    ただ、ユーロ/オージーは上も重く4時間の21日腺が意識される形となっていますね。
    ポンド/オージーでも戻りは弱く、まだ下げていけるところといった印象です。
    短期的にオージーは底堅く動くかなと見ている形ですね。

    本日はロシア大統領がクリミア問題に関しての演説を行う予定となっていますね。
    クリミア編入の受け入れを決断する発言があるのではないか、ということでロシア大統領の発言に注目が集まっている形となっています。
    昨日はリスク回避が一服したような動きとなりましたが、依然としてリスク回避の方に思いは寄っているところとなっていますね。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    クリミアでの住民投票はロシア編入賛成が95.5%

    16日に行われた住民投票は市場の予想通りといった感じで賛成多数の結果となりましたね。
    こちらの結果を受けての値動きは特に見られていないですが、米欧からの制裁が開始されることになりますので、思惑はリスク回避に寄っている形ですね。


    【本日のトレード】

    本日は参加できるような相場ではないので、手控えて様子見する形を取りたいと思います。


    【本日のドル/円とユーロ/ドルの予想】

    ドル/円は方向感のない動きで見ていますが、リスク回避で下げる動き優勢かなと見ています。

    ユーロ/ドルは下げる動き優勢かなと見ていますが、こちらも底堅く推移してしまうかなといった感じで、基本的には方向感のない展開で考えています。
    ユーロ/円主導で下げる可能性が高いかなと見ている形ですね。


    【状況】

    ウクライナ海軍からは、ロシアの出方によっては戦わざるをえない、と出ていますね。
    強制的に武装解除をしようとするなら反撃するとしています。

    米欧からは住民投票に対して非合法のものであり、こちらの結果を認めることはできない、といった内容が出ていますね。

    クリミア自治共和国首相からは我が家であるロシアに帰る、誰もこの勝利をくつがえすことはできないとの発言が出ています。
    ロシア側からもクリミアの住民投票は国際基準に合致していること、といった発言が出ていますね。

    米欧とロシアの溝は深まる形となり、クリミアはロシアへの編入を宣言してロシアに寄る形、ロシアとウクライナ間の緊張感は更に高まる形となっています。

    米の世論調査では、ロシアを米国の深刻な脅威とする、といった米国民の回答が69%に達したとのことですね。
    ただ、ウクライナ大統領が反政府グループに追い出されたことを米欧は追認、クーデター政権を支持する米欧、といった見方もあり、何を正当とするのかで困惑しているような状況ですね。

    住民投票実施に対しての米欧の制裁が目先の焦点ですが、この状況下で19日の27:00からFOMCが控えているところとなっています。
    ドル買いの思惑も強いところといった感じで、リスクしかないような相場状況となっていますね。

    リスク回避で円買いに動くとは思いますが、基本的には様子見ムードで動意の乏しい展開になるかなといった感じですね。
    円買いの思いを背景に短期勢が上に持ち上げてきそうですし、報道によっても荒く値動きしそうです。
    ニューヨーク時間に米指標が並んでいますが、大した値動きは見せない可能性が高いかなと考えている形ですね。

    今日のところは米欧、ロシアからどういった内容が出てくるの、それに対しての値動きを追いたいと思います。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    米欧の制裁開始でロシアとの溝は深刻化

    【状況】

    クリミア自治共和国では、ロシアへの編入の是非を問う住民投票の準備が進んでいるようですね。
    投票所が設けられ、投票箱や投票用紙を運び込む作業が進行しているとの事です。

    投票結果はロシア系住民が6割を占めていますので、編入が認められるのは確実と見られている形ですね。
    こちらの結果を受けて17日の米欧が制裁を開始する、といった流れになると思います。

    国連安全保障理事会は、15日に危機解決に向けて政治的対話の必要性を強調する決議案を採決しましたが、ロシアによる拒否権によってこちらは否決されていますね。

    ウクライナ側からは住民投票を前に、ロシア軍の進行が加速している、といった内容が出ている形です。

    すでに住民投票の結果に対しては織り込み済みといったところで、その後の米欧による制裁の開始、それによっての米欧とロシアの対立がどのようになるのかに焦点はある形となっていますね。

    明日はリスク回避の動きが強くなるとは思いますが、今のところ報道を追うしかないところといった感じです。
    月曜は参加できないだろうなと考えていますが、どのようなスタートを迎えるのかに注目したいと思います。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : 初心者のデイトレード
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    米欧の制裁に対して

    ロシア大統領からは、クリミアでの住民投票は国際法、国連憲章に完全にのっとっているといった内容が出ていますね。
    16日のクリミアでの投票は実施されると発言しています。
    投票結果に関してはすでに織り込まれているでしょうし、米欧からの制裁に対してロシアがどのように動くのか、米欧の制裁がどの程度の強さになるのか、これらに注目といったところでしょうね。


    【昨日】

    昨日は19:15のロウソク足が確定後に、予定通りドル/円の売りでエントリーしました。
    追いかけるようなところではないですし、21時を目処にとしていましたので、20:30のロウソク足で手仕舞いする形を取っています。


    【状況】

    ドイツや英の指標に対して、特に動きは見られない形となりましたね。
    様子見ムードの色濃さこちらの動きから伺えます。

    ロシアはウクライナ東部に介入する予定はないとのことですね。
    こちらを受けて過度なリスク回避の思いは後退したようですが、依然としてリスク回避の思いに寄っているところとなってらいますね。

    状況的に16日の住民投票、17日の制裁によってどのように展開するのかを見るしかないところとなっています。
    分析しようがないところとなっていますので、報道を追いたいと思いますね。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    クリミアでの住民投票が目先の焦点

    クリミア自治共和国で予定されている住民投票が行われるかどうかに注目が当っていますね。
    実行されるようであれば17日に米欧からの制裁措置が開始されることになります。


    【本日のトレード】

    今日はドル/円、クロス円の上が重くなったところから、ドル/円の売りでエントリーしたいと思います。
    乏しい値動きを想定していますので、小さく取りにいく形で参加したいと思います。


    【本日のドル/円とユーロ/ドルの予想】

    ドル/円は下げる動きになるかなと考えています。
    102.00付近まで上げてから直近の安値を試す動きになるかなと見ている形ですね。
    様子見ムードが強いところですので、大きくは下げてこないかなと考えています。
    101.50辺りまで下げて低い位置で持ち合う展開になるかなと見ています。

    ユーロ/ドルは日足の短期的な方向が行きすぎから下げる動きに転じていますね。
    4時間の雲で底堅く動くかなと見ていますが、直近の安値を再度試しに行く動きで見ている形です。
    1.3845辺りまで下げてから持ち合う動きとなり、1.3880辺りまで上げてくる動きで捉えている形ですね。


    【昨日】

    昨日は15:45のロウソク足が確定に予定通りオージー/ドルの買いでエントリーしました。
    17:00に直近の高値に差し掛かる動きとなりましたので、こちらのロウソク足が確定後に手仕舞いする形を取っています。

    19:00に再度狙っている形になりましたので、こちらのロウソク足が確定後にユーロ/円の売りでエントリーしましたが、方向感のない持合いの展開になってしまいましたね。
    こちらは21:00にプラスマイナスゼロのところで逃げる形を取っています。

    米指標は強い内容となり、こちらを受けてドル/円は上昇する動きとなりましたが、やはり上の重い展開となりましたね。
    22:30にドル売りで動かしてきましたので、こちらのロウソク足が確定後に予定通りドル/円の売りでエントリーしました。
    0:45に102.00付近まで下げてくる動きとなりましたので、心理的要因、時間的要因を考えてこちらのロウソク足で手仕舞いしています。


    【状況】

    中国の指標が弱い結果となりましたが、オージーは底堅い展開となりましたね。
    こちらを受けてオージーは下げる動きとなりましたが、底堅さを保つ展開となっています。
    ポンド/オージーでは高値更新後に安値更新といった感じで方向感のない動きとなっていますね。
    こちらは昨日同様の動きになるかなと見ている形ですね。

    ユーロ/オージーでは上昇幅を解消する動きになっています。
    こちらも方向感はないところですが、4時間ではまだ下げ幅を残している形ですし、雲も陰転といった形になっていますね。
    中国の減速懸念、ウクライナ問題でどちらも弱いところですが、16日の住民投票、17日の制裁開始を意識してユーロが下げるかなといった印象です。

    ロシア側は、米欧の制裁措置に対し、実行されるようであれば報復として同様の措置を取る、といった内容を出していますね。
    ウクライナとの国境付近で8500人規模の軍事演習を行うと公表しているようですし、軍事的圧力をかける姿勢は保たれたままとなっています。

    様子見ムードが強く、乏しい値動きになるかなといった印象ですね。
    週末の調整も絡んできますので、21:00を目処に参加したいと思います。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ロシアに対しての制裁

    ドイツ首相からはウクライナ問題で、17日までに何の進展もないようなら、ビザの発給停止、資産凍結の制裁措置をロシアに対して開始する、といった報道が出ていますね。
    米もロシアに対して同様の措置を取ると伝えています。

    【本日のトレード】

    今日はドルストレート、オージークロスの底堅くなったところから、オージー/ドルの買いでエントリーしたいと思います。
    こちらは流れに逆らっていますので、保有時間は短く、小さく取りにいく形で、といった感じで考えている形ですね。

    また、ドル/円、クロス円、ユーロクロスの上が重くなったところからユーロ/円の売りでエントリーしようと思っています。

    米指標が強い結果となるようなら、ドル/円の上が重くなったところを狙って売りでエントリーしようと思っています。
    米指標が弱い結果になるようで、ドル/円が下げる展開になるようなら、ドル/円の売りでついていく形ですね。


    【本日のドル/円とユーロ/ドルの予想】

    ドル/円は欧州時間に上げる動きとなり、ニューヨーク時間に下げてくるかな見ている形ですね。
    直近の高値を更新してから、直近の安値を更新する動きで考えている形ですね。

    ユーロ/ドルは基本的に方向感のない動きで見ていますが、下げる動きが強く出るかなと見ています。
    ただ、底堅いところではありますので、大きく下げてくることはない印象ですね。
    1.3880、または1.3845辺りで底堅く動くかなと考えています。


    【状況】

    20~21日に行われるEU首脳会議では、ロシアに大きく依存している天然ガスについて話し合うようですね。
    米のシェールガス輸入を実現化させるためにポーランドやチェコは動き出しているとのことですが、欧州はガス需要の3割をロシアに依存していますので、長期的な展望で見ると依存する状況を続ける形になる、といった見方が強いようです。

    軽度の制裁しか行えないかなといった印象はありますが、今回のロシアに対する制裁が軽度なものになると、中国が秩序のない行動に出るとの見方も強いようで、何とも緊迫した、不透明な状況は続いている形となっています。

    ドル/円、クロス円は一目均衡表の日足で陰転の形となっていますね。
    4時間では陽転となっていますので、大きく値を崩す印象はないですが、円買いに寄る動きになるかなと見ている形です。

    豪の失業者数は市場予想より強い結果となりましたね。
    こちらを受けてオージーは大きく上昇する動きとなっています。
    中国のマネーサプライM2が市場予想を上回ったことで、中国当局による引き締めの思いは弱くなっているところですし、オージーはいったん底堅い展開になるかなと考えている形ですね。

    ユーロ/オージーは依然として方向感がないものの、4時間で下を示している形ですね。
    4時間の雲は陰転の形となっていますし、直近の安値を試した後で雲の下限を目指す動きになるかなと考えています。

    ポンド/オージーも日足、4時間で下を示している形ですね。
    4時間の雲は陰転といった形で遅行スパンも下に抜けてきていますし、こちらも下げる動きになるかなと考えています。

    そうなりますと、ユーロ/ポンドに注目があるといった感じですね。
    こちらは日足の200日腺が上を抑えている形となっていますね。
    テクニカルでも行きすぎを警戒されるところまで上げてきています。
    ECB理事からは金利を据え置くと市場が判断したことに落胆している、などといった発言が出ていますし、こちらは下げる動きになるのではないかなと考えています。

    今週いっぱいはリスク回避の思いに寄るのではないかなと見ている形ですね。
    17日まではリスク回避の動きが強く、18日、19日でドル買いの展開になるかなと見ていますが、ひとまずは17日の制裁始動でどのように動くのかに注目ですね。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXで儲ける!
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ロシアへの制裁は月曜日に開始

    ポーランド首相からは、ロシアに対する制裁の準備は動き出しているといった内容が出ていますね。
    制裁は月曜日に開始されるとのことです。


    【本日のトレード】

    今日は荒い値動きになるかなといった印象で、ドルストレート、ドル/円、クロス円のいずれにも手を出したくないところですね。
    考えられる値動きが多すぎますので、今日は手控える形を取って様子見したいと思います。


    【本日のドル/円とユーロ/ドルの予想】

    ドル/円はわずかに下に向かう動き優勢かなと考えていますが、方向間のない動きになりそうですね。
    103.20~102.75間を動く形になるかなと見ています。

    ユーロ/ドルも方向感のない動きで考えていますが、瞬間的に下げる可能性が高いかなといった印象ですね。
    下げても直近の安値までかなといった印象で、その後はオージーに支えられる展開を考えています。
    レンジ相場といった感じで展開しそうですね。


    【昨日】

    昨日は17:30のロウソク足が確定後にドル/円の買いでエントリーしましたが、上に伸びる動きにはなりませんでしたね。
    英指標が控えていましたので、18:15のロウソク足で手仕舞う形を取っています。

    その後、20:15のロウソク足が確定後に再度ドル/円の買いでエントリーしましたが、上が重い様子となってしまいましたね。
    21:00にドル売り、円買いの展開が考えられる形となりましたので、こちらのロウソク足が確定後に手仕舞いする形を取っています。


    【状況】

    ユーロ/ドルは6日のECBで上昇する動きとなり、7日の米雇用統計で下げる動きとなりましたね。
    上昇幅に対してフィボナッチ38.2%が意識される動きとなっていますが、上も重い展開となっています。

    ユーロ/ポンドは週足の21日腺が上を抑えている形ですね。
    日足では行きすぎといった形、ボリンジャーバンドは広がりを見せていますが、ECB理事からの追加に関する発言を受けてユーロは下げる動きとなりましたし、上は重いかなといったところですね。
    MPC委員からは、英経済のたるみを強く捉えすぎているのかもしれないなどといった発言が出ていますし、英製造業PMIは強い結果、住宅ローン承認数も2007年9月以降の高水準となっていますし、ポンドが上げる展開になるかなと考えています。

    目立つ動きになったのはオージーの下げる動きですね。
    こちらは対ドル、対円でも大きく下げる展開となっています。
    オージー/ドルは週足の21日腺が上を重くしている形ですね。
    4時間ではまだ下げられるところといった感じになっています。
    こちらは中期的に3/3の安値を試しにいく動きになるかなと見ています。

    来週はFOMCも控えていることですし、16日にはクリミア自治共和国での住民投票が行われる形となっていますので、このまま様子見ムードが続く展開になりそうですね。
    リスク回避の動きがやや強く出る格好になるかなといった印象ですね、ドル買い、円買いに寄る流れになるかなと見ています。


    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX専業サバイバル倶楽部
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    日銀黒田総裁の会見に注目

    クリミア自治共和国の首相からはロシアとの併合に偏った発言が出ていますね。
    ロシアがクリミアにあるウクライナ軍の拠点を制圧する際に発砲があった、自警団が報道関係者を暴行、自警団がウクライナのテレビ塔を占拠、といった感じでロシア、クリミア絡みの報道が相次いでいる形です。

    【本日のトレード】

    本日は日銀総裁の発言でドル/円が上に向かうならついていく形で、下げる動きになるようなら、安値を切り上げる動きになったところからドル/円の買いでと考えている形ですね。

    一目均衡表の日足が陰転に切り替わっていますので、上に向かう動きになったとしても、103.80、104.00辺りで下げてくる動きが強く出るかなと考えています。

    日銀総裁の発言で103.00を下に抜けていくようなら、戻ったところをユーロ/ドルの売りで狙いたいと思います。


    【本日のドル/円とユーロ/ドルの予想】

    ドル/円は日銀総裁の会見内容次第ですね、ただ下げたとしても底堅く推移する印象です。
    個人的には現状維持で下げる動きに、103.00付近まで下げてから、再度直近の高値を目指す動きになるのではないかなと考えています。

    ユーロ/ドルは日足で陰転、1時間では雲の中に入ってきましたし、1.3850辺りまで下げてくる動きになるのではないかなと考えています。


    【昨日】

    昨日は16:30のロウソク足が確定後に予定通りドル/円の買いでエントリーしました。
    18:15に上が重い動きとなりましたので、こちらのロウソク足が確定後に手仕舞いする形を取っています。

    19:15に再度ドル/円の買いでエントリーしましたが、こちらは持ち合う展開になってしまいましたね。
    21:00に上が重くなり、円買いになっても良さそうな展開となりましたので、こちらのロウソク足が確定後に手仕舞う形を取っています。


    【状況】

    EU側からは、ロシア政府幹部のEUへの渡航禁止、資産凍結の準備を開始した、というような報道が出ていますね。
    依然として不透明な状況は続いていますが、過度なリスク回避の動きにはなっていないです。
    落としどころを見込んでの動きといった印象がありますし、円安、ドル高の地合が続く形になるのではないかなと見ているところですね。

    ユーロ/ポンドは行きすぎが警戒されるところまで上げてきていますね。
    ユーロ/オージーは方向感のない動きとなっていますが、月初からの下げに対してフィボナッチ61.8%を上に抜けてきていますし、4時間の中期的な方向も上にありますので、オージーの下げる動きが強く出るかなと見ています。
    ただ、今日のところはユーロ下げる動きが強く出そうな印象ですね。
    ユーロ/オージーの底堅くなったところからオージー主導で下げてくるのではないかなと考えています。

    本日は15:30からの日銀黒田総裁の発言に注目が集まっている形ですね。
    現状維持との見方が強いようですが、4月から消費税が上がりますので、追加緩和を示すのではないか、といった思いも十分にあるところだと思います。

    現状維持となっても、夏までの指標を見る必要があると出ていますし、失望による円高の動きは限定的なものになるかなと見ている形ですね。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : デイトレード
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ロシアに対する経済制裁の行方

    オバマ大統領からは、ロシアに対して経済制裁といった内容が出ていますが、フランスからはロシアとの軍事関係を中断しないと出ていますし、ロシアの天然ガスに対してEUは依存度が高い形となっていますので、どこまでの経済制裁が行われるのかは難しいところですね。
    米の掲げる経済制裁案に対し、EU側が全てに賛同するのは難しいのかなといったところです。


    【本日のトレード】

    今日はドル/円、クロス円の底堅くなったところから、ドル/円の買いでエントリーしたいと思います。
    オージー主導でいったん下に向かわせるかなと考えていますので、オージー/円の動きに注目したいと思っています。

    またユーロ/クロスも底堅くなるようなら、ユーロ/円の買いでエントリーを考えています。
    ユーロ/ポンドの高値更新から下げる動きになると見ていますので、こちらは保有時間を短く、小さく取りにいく、といった感じで参加を考えています。


    【本日のドル/円とユーロ/ドルの予想】

    ドル/円は上に向かう動きになるかなといった印象ですね。
    目立つ指標がないことから、ストップを壊しにいく動きが強く出るかなと考えています。
    方向感のない小幅な動きを続けたあと、上に向かう動きになる印象ですね。

    ユーロ/ドルは上に向かう動きで考えていますが、直近の高値辺りまで上げてから、高い位置でもみ合うかなと考えています。


    【状況】

    ロシア軍はもともとクリミアにいた兵に加えて、本土から増援の形を取り、推定で2万~3万人に及ぶと発表されていますね。
    海軍総司令は降伏といった感じで、港はロシア軍に抑えられている形、ウクライナ側からの軍事的な行動はないとの見方が強いようです。

    16日にクリミアで予定されている住民投票、こちらはロシアへの併合の是非を問うものですね。
    米、英、フランス、イタリアなどからは、ウクライナの憲法に違反するもので、住民投票が行われたとしても、その結果は拒否すると出ています。
    逆にロシア大統領からは住民投票は正当なものといった発言が出ていますね。
    行動範囲が結果によって大きく変わりますので、どちらも譲らない姿勢が続くかなといったところですね。

    これらの報道に対し、特にリスク回避に動いていないところを見ると、落とし所を探る発言の応酬が、しばらく続くと市場は見ている印象です。

    週末に発表された中国の指標は弱い結果となり、こちらに対してオージーは下げる動きで反応していますね。
    オージー/円は日足でまだ上にいけるところ、4時間では中期的な方向が上にありますし、こちらは底堅く推移するのではないかなと考えています。

    ドラギECB総裁から、早期の追加緩和に対する発言が出なかったことでユーロは上昇する展開となりましたね。
    米雇用統計が好感される内容になったことでユーロ/ドルは下げる動きとなりましたが、下げ幅はそう大きくない形でとどまっています。
    ユーロ/ポンドは日足のボリンジャーバンドの+2σを目指す動きになるかなといった印象ですね。
    ユーロ/オージーは4時間、1時間で行きすぎているところですが、ポンド/オージーはまだ上に向かえる形となっていますね。

    中国は2150兆円の債務がさらに膨らむとの見方が強まっているところですし、RBA中銀総裁からは豪ドルは対ドルで0.90以上は依然として高い、などといった発言も出ているところ、ユーロ/ドルは直近の高値を試す動き、ポンド/ドルは方向感がなく横ばい、オージー/ドルは下げといった感じで捉えている形です。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    中国に関する報道

    【状況】

    中国の貿易収支は市場予想を大きく下回る結果になりましたね。
    経済成長率の目標を引き下げなかったことで、2150兆円の債務はさらに膨らむとの見方が強いようですし、オージーの上は重い展開になるかなといった印象です。
    これらの報道に対し、どういった反応をするのかに注目する必要がありますね。

    豪の貿易収支、小売売上高を好感してオージーは上げてきましたが、ユーロ/オージーではこちらの上昇を解消する動きとなっています。
    ポンドの下げる動きが強く出ましたが、こちら主導で大きく下げていくようなところではないと思いますし、行きすぎを背景にポンドは上げてくる動きに転じるのではないかなと見ている形ですね。

    英の建設業PMIは市場予想を下回る結果となりましたが、前回が強すぎる結果となっていましたので、こちらは範囲内とされたようですね。
    ポンドの下げる動きは限定的なものとなっています。
    製造業PMIは強い結果となっていますし、早期利上げの思いは十分にあるところ、ポンドは底堅く推移するかなといった印象ですね。

    ユーロ/オージーは方向を感じない動きとなっていますが、テクニカルではまだ上を目指せるところですし、オージーが下げる動きになるのではないかなと考えている形ですね。

    ドルストレートの上は重いかなと見ていますが、テクニカルではまだ上にいける形となっていますね。
    クロス円に支えられる展開になると思いますので、ドルストレートも底堅く展開にしそうです。

    今のところポンド/円、ドル/円の買いでエントリーを考えている形ですね。
    また明日のスタートの動きにを見て、再度分析してから更新致しますね。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    米雇用統計の結果に円売り、ドル買い

    注目の非農業部門雇用者変化が市場予想を上回る結果となり、こちらを受けて円売り、ドル買いの展開となりましたね。
    ベージュブックで出た内容も寒波影響による経済の低下、といった内容になっていますし、円売り、ドル買いの流れが続く形になるのではないかなと考えています。


    【状況】

    RBA中銀総裁からは、豪ドル/ドルの0.90以上は依然として高い、といった内容が出ていますね。
    こちらを受けてオージーは下げる動きとなっています。

    中国の公募普通社債市場で、利払いの不履行がはじめて起こる、といった材料も出ていますし、オージーの上は依然として重いところだと考えています。

    ロシアは米からの制裁発言に対して、ロシアから米に対する制裁の引き金になるなどと発言していますね。
    EUが制裁に踏み切っても、同じように報復措置を取ると警告を出しています。
    こういった牽制し合う姿勢はまだしばらく続きそうですね。
    ただ、リスク回避の思いはだいぶ遠のく形となっていますので、一先ずは一段落と捉えて良いところといった印象ですね。
    事態の進展を注意深く追う必要はありますが、米景気回復のところの焦点は移行している感じです。

    円売りが強く出る形になるかなと見ているところで、ドルストレートは底堅く推移する展開になるのではないかなと考えています。
    今のところドル/円の買いを狙っている形ですね、また明日に追記的なものを書きたいと思いますね。


    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : ★FXのスキャルピング&デイトレ★
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ドラギECB総裁の発言でユーロ上昇

    【昨日】

    昨日は狙っている形にならなかったことで、エントリーは見送る形を取っています。


    【状況】

    注目のECB理事会では政策金利が据え置かかれ、ドラギECB総裁の発言では早期の追加緩和を思わせるものが出てこない形となりましたね。
    こちらを受けてユーロは上昇する動きとなっています。

    ただ、対オージーでは上の思い展開になっていますね。
    RBA中銀総裁からは、豪ドルは依然として高水準と出ていますが、現時点で利下げの必要ないといった内容も出ています。

    豪の貿易収支、小売売上高が強い結果となり、こちらの上昇幅をECBで解消する形にはならなかったですね。
    ユーロ/オージーの4時間の中期的な方向は下となっていますし、こちらはまだ下げる動きになるかなと見ています。

    ポンド/オージーも戻りは弱く、方向は下を示している形、株価が堅調とらいうのも背景にオージーが強く出るのではないかなと考えている形ですね。

    オバマ米大統領からはロシアの制裁措置に関する発言が出ましたね。
    資産凍結やピザの発給制限、米国への渡航禁止といった内容が出ている形で、ロシア側からは米国による制裁の意向は非建設と出ています。
    どういった形で着地点を見出すのかに注目せざるをえないですね。
    依然としてこちらの報道をしっかりと追うしからないところとなっています。

    ドルストレート、ドル/円、クロス円の方向は上で見ていますが、本日は米雇用統計を控えていますので、方向感のない相場模様になるかなと考えています。

    今日は家族でディズニーランドに向かうため、トレードは控えますね。
    ブログを読んで下さっている方々には薄い内容になってしまい申し訳ないです。
    帰宅後に分析する形を取り、明日にはしっかりとしたものを更新したいと思いますね。


    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : 初心者のデイトレード
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ユーロは上が重いところ

    ユーロはECB理事会での追加緩和に対する警戒感が強い動きとなっていますね。
    利下げが行われるとの見方が強いようですので、ECB理事会までは上の重い展開が続きそうですね。


    【本日のトレード】

    本日はドル/円、クロス円の底堅くなったところからドル/円の買いでエントリーしようと思っています。
    また、ドルストレート、ユーロクロスの上が重くなったところからユーロ/ドルの売りでエントリーを考えている形ですね。

    ECBを控えていますので、小さく取りにいく形で、19時30くらいを目処にして臨みたいと思います。


    【本日のドル/円とユーロ/ドルの予想】

    ドル/円は上を目指す動きになるかなといった印象ですね。
    4時間では行きすぎていますがボリンジャーバンドは広がる形になっていますし、一目均衡表の日足の雲に沿うような感じで上げてくると捉えている形ですね。
    こちらは102.70辺りまで上げた後、高い位置でもみ合う動きになるかなと考えています。

    ユーロ/ドルはユーロ圏指標の強い結果に対して上が重く、安値を更新する動きになっていますね。
    米指標に対しての見方は寒波影響との見方が強いかなといった動きになっていますし、基本的に方向感のない動きで考えていますが、わずかに下げる動き優勢になるかなと見ています。


    【状況】

    ロシア大統領による武力行使の可能性は消えた、との発言が引き継がれる形となり、軍事介入の思いが後退したことでドル/円、クロス円は底堅く動く展開となりましたね。

    ロシアは目的だったクリミア半島の実質的支配を達成したと考えられているようで、ロシアはこちらを隠しながら国際社会との対話を進める可能性が高いとの見方が強まっていますね。
    ここからは、出方を見ながら、言葉を選びながら、タイミングを見ながら対話を繰り返すことで、折り合いをつけていく形になるかなといった印象です。

    米欧とロシアのと関係がどの程度こじれてしまうかに焦点はある形ですね。
    引き続きこちらの問題に関しての報道は注意深く追う必要があるところとなっています。

    豪の貿易収支、小売売上高が市場予想より強い結果となったことでオージーは上昇する動きとなっていますね。
    RBA声明では豪ドル高に対して強い内容が出てこなかったものの、豪ドル高の認識ではあるというような内容が出ていますし、中国に対する警戒感も強いところとなっていますので、オージーの上に向かう動きは限定的なものになるかなといった印象ですが、ポンド/オージーではまだ下げられる形、ユーロ/オージーも方向は下となっていますので、短期的にオージーが強く出るかなと見ています。

    米のADP雇用、ISM非製造業はそろって市場予想を下回る結果になりましたね。
    こちらを受けていったん円買いに動きましたが、ドル/円、クロス円は底堅い動きとなっていますね。

    ベージュブックでは悪天候によって経済活動が低下したけれど、雇用は大半の地区で緩やかに改善と出ていますね。
    経済そのものは成長を保っているといった内容が出ていますし、米景気の減速は悪天候による一時的なもの、といった見方に寄った印象ですね。
    ドル買い優勢の展開になるかなと見ている形です。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : 初心者のデイトレード
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ロシア軍に帰還命令

    プーチン大統領からロシア軍に対し基地への帰還命令、との報道が出ましたね。
    ウクライナに軍を送る必要は今のところない、クリミアの併合は検討しない、といった発言も出ているようで、好戦的な態度ではない内容が出ています。


    【本日のトレード】

    本日は手控える形を取りたいと思います。
    事態は短期的に動く印象を持っていますので、今週一杯手控える形を取るかもしれないですね。
    とても参加できるような相場ではないところとなっていますので、どのように展開するのかを見たいと思います。


    【本日のドル/円とユーロ/ドルの予想】

    ドル/円はロシア、ウクライナ絡みの報道で進展あるものが出てこないようなら上を目指す動きになるでしょうね。
    リスク回避を示す材料が出れば円買いに再度動くといった感じで、ロシア、ウクライナの動き次第となっています。

    ユーロ/ドルはリスク回避に動いたとしても上昇は限定的なものになりそうですね。
    追加緩和の思いが強まっている形になっているところですし、ロシアウクライナ絡みで進展がないようなら下を目指す動きが強く出るかなと考えています。

    とても予想と呼べるようなものではないですね。
    申し訳ないです。
    相場がこのように動く、と考えるよりも、ロシアがこのように動く、と考えるしかないようなところで、勘に近いような内容となっていますね。
    ただ、状況的にどのような動きになっても良いようなところとなっています。
    ドル/円、クロス円は底堅いところで考えていますが、ドル/円が101.00を割る可能性はまだ十分にあるところだと思っています。

    【昨日】

    昨日はプーチン大統領からロシア軍帰還命令での値動きを見て、見送る形を取ることにしました。
    ドル売り、円売りの流れになるような報道でしたが、ドル買いの思いは十分に強いところ、ドルストレートはやはりといった感じで上が重い動きとなっていますね。

    円売りが強く出るところだとは思いましたが、とてもこの状況でドル/円、クロス円の上昇についていこうとは思えないですね。
    ただ、帰還命令が出たことで、売ることもできないところ、参加できるような相場ではなかったなと改めて感じています。


    【状況】

    ロシア軍の帰還命令の報道を受けてリスク回避の思いはいったん和らぐ形となり、円売り、ドル売りの流れに転じていますね。
    ただ、米国がロシアに対して経済制裁を行えば、ロシアはドルの使用を停止する、米国のロシアに対する制裁は、ロシアからの米国に対する制裁の引き金になる、といった内容も出ています。

    米とロシアの間で緊張感は高まっているろころですし、依然として警戒感は高いところとなっていますね。
    事態の長期化は米国とロシア間の緊張感をさらに高めますし、ロシアにとってもEUにとっても痛手が大きいところ、事態は短期的に動いていくのではないかとの見方が強いようで、個人的にもそのように考えています。

    この状況の中で本日に強い米指標、明日にECB、金曜に米雇用統計といった流れになりますね。
    米指標、米雇用統計が好感される内容になったとしても、ロシア、ウクライナ絡みでリスク回避が強まれば円買いに動くでしょうし、依然として焦点はロシア、ウクライナに偏っているかなといったところですね。
    これらのイベントにも反応の薄い展開になるのではないかなと考えている形です。

    今は事態がどのように進展していくのかをしっかりと追うしかないところですね。
    リスク回避の動きが強まるような進展は、出来る事なら避けて欲しいですが、そのように動いてしまうようであれば、投資家として円買いの動きについていこうと思います。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    引き続き焦点はウクライナとロシア

    ロシア軍事専門誌編集長からは、誰もウクライナを占領しようなどと考えていない、今のところウクライナでの軍事力行使がロシア上院で認められたという事実があるだけ、といった内容が出ていますね。

    また、軍事行動はクリミアだけにとどまるとの見方を示し、ウクライナ軍についても戦闘を行えるような能力はないとの内容が出ています。


    【本日のトレード】

    本日はドル/円、クロス円、ユーロクロスの上が重くなったところからユーロ/円の売りでエントリーしたいと思います。
    状況的にはまるで方向感のないところになっていますので、今日も小さく取りにいく形を考えています。
    また、リスクだらけの相場模様となっていますので、こちらの形のみを感じで、それ以外は全て見送りの形で参加したいと思いますね。


    【本日のドル/円とユーロ/ドルの予想】

    ドル/円はいったん上を目指す動きになりそうですが、101.75辺りから下げてくる動きになりそうですね。
    ただ、そう大きく下げてくる印象はなく、101.75~101.40辺りの幅で動くのではないかなと考えています。

    ユーロ/ドルはまるで方向感のない動きになる印象ですね。
    上げても1.3750辺りまでで、1.3705辺りまで下げる動きになるかなと見ています。


    【昨日】

    昨日は19:30のロウソク足が確定後にドル/円の売りでエントリーしました。
    また、19:45にユーロ/円でも狙っている形になりましたので、こちらのロウソク足が確定後にユーロ/円の売りでエントリーしています。
    20:45にユーロ/円が直近の安値を更新する動きとなりドル買いの動きにもなりましたので、こちらのロウソク足が確定後にドル/円、ユーロ/円どちらも手仕舞いする形を取っています。


    【状況】

    米からは、ロシアを経済的に孤立させる措置を考えている、との警告が出ている形ですね。
    ロシアの軍事行動が更に進む展開となり、キエフ制圧に動くとなると、NATOも出てくることになるでしょうし、最悪の事態にはならないと思っていますが、どうでしょうね。

    ロシアは欧米との関係よりもロシア系の住民や権益の保護、また国内世論を優先せざるを得ない状況とのことで、大きな戦争になる可能性も十分にあるといったところです。
    装甲車などを終結させるなどして、本格的な軍事介入の体勢作りを進めているとの報道も出ていますし、緊張感は依然として保たれたままになっていますね。

    米指標は個人の所得、支出ともに市場予想を上回り、注目度の高いISM製造業景況感も強い結果となりましたね。
    こちらを受けてドルは買われる動きとなっていますがドル/円の上は重い様子となっていますね。

    ドラギECB総裁からは、債券の購入計画を必要であれば行うとの発言が出ていますね。
    こちらを受けてユーロは下げる動きとなっています。
    ユーロ圏のCPIが強い結果になったことで、追加緩和に対する思惑は後退しているところですが、インフレ率はECBの目標を大きく下回る形が続いているところですし、追加緩和に対する思いはまだ十分にあるところとなっていますね。
    ウクライナ警戒も続いているところですし、ユーロの上は重い展開が続きそうですね。

    値動きから、最悪の事態にはならないという思いも見られますし、リスク回避の思いも見られる形となっていますね。
    ただ、最悪の事態にはならないとの見方の方が強いのかなといった印象ですね。

    この状況の中ECBや米雇用も控えているところとなっていますので、方向感のまるでない相場は続く形になりそうですね。
    トレードを限定的な形に絞るしかないところとなっていますので、狙っている形のみを待ちたいと思います。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    本日はドル/円の売りでデイトレ予定

    今日はドル/円、クロス円の上が重くなったところから、ドル/円の売りでエントリーしたいと思います。
    ポジションを長い時間保有したくないところですので、小さく取りにいこうと思っています。

    またユーロクロスの上が重くなったところからは、ユーロ/円の売りを考えています。
    こちらも状況的には小さく取りにいくしかないようなところですね。
    どちらも高値が切り下がったところを狙いにいく形です。

    状況が状況ですので、考えている展開にならないようなら見送る形を取りたいと思います。
    また、報道によって荒い値動きになるようでも見送りの形を取るつもりです。
    参加するべき相場ではない、といったところですので、見送る方に重心を置いて臨みたいと思います。


    【本日のドル/円とユーロ/ドルの予想】

    ドル/円は円高の流れ優勢で考えていますが、基本的にはウクライナの動き待ちといった感じで方向のない動きになるかなと考えています。
    米指標は強い結果になっても、弱い結果になってもドル安の展開優勢になるのではないかなといった印象ですね。
    報道で動く形になると思いますので、それがなければ値動きの乏しい展開になりそうです。

    ユーロ/ドルも方向感のない動きになりそうですね。
    ドル安の展開を考えていますので大きく下げてくるところではないと思いますし、ユーロが上に向かえるところでもないとなると、上下のストップを壊しにいく動き主体になるかなといった印象ですね。
    1.3750~1.3795辺りでユーロ/ドルは動くかなと見ています。


    【状況】

    クリミア半島のウクライナ軍将兵はこぞって投降しているといった報道が出ていますね。
    軍務を放棄して武装解除に応じているとのことです。
    クリミア半島の6割をロシア人が占めていますので、おそらくここまでの流れというのは織り込まれているものでしょうね。
    問題はキエフ制圧に動くかというところですが、こちらが行われることになれば、大きな戦争に発展しかねないです。

    また中国に対する警戒も深まっているところですね。
    領有権を争っているフィリピンは、軍に対して警戒を強めるように指示を出しています。
    住宅価格の急落に対する警戒も依然として強いところ、シャドーバンキングの理財商品は償還事故が2件起きている形で、週末にテロが発生する形となっていますし、こちらサイドからもリスク回避の思いが高まっているところとなっていますね。

    騒ぎに便乗した形で北朝鮮のミサイル発射が確認されたとの報道も出ていますね。
    ロシアの動向に注目せざるを得ないようなところですので、手薄になっているのを良いことに、中国辺りも尖閣絡みで動いてくる可能性があるかなと考えています。

    今週はECB、米雇用統計と大きなイベントが並んでいる形ですが、焦点はウクライナ、また中国といった感じで、状況によってはこれらの内容に反応しない可能性もありますね。

    ユーロ/オージーは依然として方向感のない動きとなっていますね。
    日足。4時間の行きすぎているところですので、ユーロが下げてくる動きになるのではないかなと見ています。
    ただ、こちらは方向感のない展開を続けると考えていますので、1時間の21日腺と直近の高値の間で動くかなといった印象ですね。
    翌日にRBA政策金利発表を控えていますので、わずかにユーロの下げが優勢かなと見ている形です。

    3月に入ったことで年度末に対する思いも強まっているところですね。
    機関投資家からの決算対策の売りも警戒される材料となっています。
    状況的にはリスク回避に動くしかないようなところとなっていますね。
    ドル安、円高の流れになるしかないところかなといった感じです。

    本日は英指標を通過してからのエントリーで考えている形ですね。
    NY時間にはドラギ総裁の発言がありますし、米のISM製造業景況指数が控えていますので、この状況の中で強い米指標がどのように動くのかにも注目したいと思います。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX初心者がデイトレで稼ぐ!
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ウクライナ情勢緊迫化

    【状況】

    ロシアが軍事介入を決めたようですね。
    ロシア上院議長からも、クリミア半島での限定的軍事行動を容認すると表明されています。
    こちらを受けて日本時間の本日午前4時から、国連の安全保障理事会はニューヨークで緊急会合を開いていますね。

    NATOもブリュッセルの本部で緊急会合することが決まっています。
    米のオバマ大統領からはロシアの軍事介に対し深い懸念といった発言が出ていますね。

    ウクライナ軍がロシア軍人を拘束との報道も出ていますし、緊迫感は高まる一方となっています。

    東西冷戦の再来といった声も上がっているような状況で、国際社会は非常に警戒感を強めているようなところとなっていますね。

    分析しても意味がないような状況となっていますので、ウクライナ絡みの報道を追いたいと思います。
    明日のスタートの動きを見てから分析する形を取り、明日のお昼までに更新したいと思いますね。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    プロフィール

    上山康浩

    Author:上山康浩
    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    FX専業トレーダーの上山康浩と申します。
    デイトレを基調としたスタイルで、ファンダメンタルとテクニカルを用いた裁量トレードを行っています。

    1時間足、15分足、5分足が主でして、相場状況によってはスキャルピング、スイングも行う形です。

    用事や体調不良を除いては、月曜から金曜まではPCの前で記事を読んだり、チャートを追ったりというような生活を送っています。

    ブログの更新時間を変更致しました。
    相場が本格化する欧州時間に間に合わせる形で、当日の昼までにブログの更新を行いたいと思います。

    最新記事
    カテゴリ
    FXの基本項目
    トレードを始める前に、知っておかなければならない基本的な知識ですね。
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    ニュース
    よく閲覧しているニュースサイトです。
    Market Win 24、FX WAVE、GI24などと合わせて活用しています。

    ●ロイターニュース


    ●日経新聞


    ●済龍CHINAPRESS



    ●ウォールストリートジャーナル


    ●YAHOOニュースBUSINESS
    予想グラフ
    投資家の心理が、どういった方向に偏っているのかを掴むのに役立つグラフですね。


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    経済指標カレンダー
    重要度が細分化されていますので使い勝手が良いです。

    各国市場の休日
    乏しい値動きになりそうだな、なとどいった予測を立てやすくなりますので、抑えておいた方が良い項目ですね。

    各国市場の休日
    政策金利
    直近だけでは無く、過去にさかのぼってのデータが記してありますので、非常に見やすい作りとなっています。

    政策金利 
    シカゴIMM通貨先物ポジション
    金曜日の取引終了後に、火曜日時点の値が公表される形ですので遅れを考慮する必要がありますが、通貨がどういった偏りになっているのかを見るのに役立ちます。

    シカゴIMM通貨先物ポジション 
    チャート
    金や原油、米、独、英、日の株価、米国債といった様々なチャートが用意されています。
    相互チャートで開くと、ラインを引いたり、指標を使ったりが可能になりますので非常に使い勝手が良いです。

    チャート 
    企業決算・国債入札予定日
    国内外の企業決算や国債入札の予定が経済指標と合わせて記載されています。

    企業決算・国債入札予定日 
    国債金利チャート
    問題を抱える国
    アクセスランキング
    オートリンクネット
    アクセスアップの裏技:オートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら 裏情報暴露大公開します
    ネットで儲ける時代

    BBS7.COM
    MENURNDNEXT
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。