スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村

    オージー/ドルの売りでエントリー予定

    月曜日はドルストレート、オージークロスの上が重くなったところから、オージー/ドルの売りでデイトレしたいと思っています。
    ドル買いの流れになるのではないかなと考えていますので、今のところはこちらでエントリーを考えています。


    <月曜のドル/円とユーロ/ドル>

    米株価は更に高値を更新する動きとなっていますね。
    上げ幅を解消する動きになってはいますが、依然として底堅く推移しています。
    12月ということで底堅さは保つようなところですし、大きく値を崩す印象はないですね。
    円買いに動いても限定的だと思いますし、ドル買いの流れで考えていますので、ドル/円の方向は上で捉えている形です。

    ユーロ/ドルはオージーが底を支える印象ですね。
    ドル買いに動くと考えていますので、こちらは下げる動きで考えています。


    <昨日>

    昨日はエントリーできる形になることはありませんでしたので、見送る形を取っています。

    昨日はオージーの上げとユーロの下げる動きが目立つ形になりましたね。
    ユーロ圏のCPI、失業率は市場予想を上回る結果となりましたがユーロの上は重い展開となっています。

    英指標は市場予想を下回る結果となりましたが、ポンドはこちらを受けてそう大きくは下げていないですね。
    カーニー総裁の発言も底堅さを手伝っているところですし、ポンドは調整に動いたとしても、大きくは下げてこなそうですね。

    また、月曜のスタートの動きを見て、再度分析したいと思いますね。
    月曜のお昼までに更新致します。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト


    テーマ : FX1年生
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ポンド/ドルの売りでエントリー予定

    依然として手を出すべきではない相場模様が続いていますね。
    今日はドルストレート、ポンドクロスの上が重くなったところから、調整狙う形で、ポンド/ドルの売りでデイトレしたいと思います。
    リスクが非常に高いところですので、ドルストレート、ポンドクロスの上が重くなり、ユーロ/ドルが横ばい、もしくは僅かな下げの動き、ドル/円も同様の形になったところのみを狙う形でエントリーしたいと思います。
    見送るべき相場だと考えていますので、トレードを限定して臨む形ですね。
    見送る可能性が高いですが、こちらの形になるのを待ってみたいと思います。
    手仕舞いはポンド/オージーが底堅い動きになったところで考えてます。



    <今日のドル/円とユーロ/ドル>

    ドル/円は高値を更新し続けていますが、依然として行きすぎている形ですね。
    米株価は12月ということで底堅く、調整も限定的になるかなといった印象です。
    ただ、本邦株価は相関して上げる動きとなりましたが、その後はほぼ解消する位置まで下げてきていますし、上の重さが伺える様子となっていますね。
    ドル/円は方向感のない動きで考えている形ですね、前半は上げる動きになって、後半は下げる動きになる印象です。

    ユーロ/ドルも方向感のない動きで考えている形ですね。
    こちらは前半に上げる動きとなってから後半で下げてくる印象ですね。
    ただ、下げ幅は限定的になるのではないかなと考えています。
    1.3640あたりまで上げてから下げてくる印象ですね。


    <昨日>

    昨日はポンドが下に振ってくる動きとなり、オージーが上昇してくる形となりましたね。
    ドイツの失業者数が市場予想よりも強い結果となりましたが、ユーロ/ポンドではユーロが下げてくる展開に、こちらからポンドの強さが伺えます。

    英中銀金融安定報告書での、金融の安定を損なうような材料が今のところ見られない、といった内容もポンドの強さを手伝う形になっていますね。

    ドイツのCPIが市場予想を上回ったことでユーロは上げる動きとなりましたが、対ポンドでは上が重い動きとなっていますね。
    こちらの指標結果に対して、オージーを下げる動きで展開しています。

    オージーが下げてくる動きを狙いたいところではありますが、こちらはクローズ間際になるのではないかなと考えていますので、ポンドの調整を狙う形のみに絞りたいと思います。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    リスクだらけの相場模様

    今日は米が感謝祭で休場、また月末が意識されるところですので、予定通りトレードは控える形を取りたいと思います。
    ドル買いに動く印象はあるものの、考えられる値動きが多すぎる上に、動意の薄い展開も考えられるところ、リスクしかないような相場模様ですのでゆっくり過ごしたいと思います。


    <本日のドル/円とユーロ/ドル>

    ドル/円は日足、4時間で行きすぎとなっていますね。
    再度高値を目指す動きになるかなと考えていますが、その後は下げてくる動きに転じるのではないかなと考えています。
    ただ、ドル買いで展開する印象を持っていますので、底堅くもありそうですね。
    こちらは方向感のない持合いになるかなと思っています。

    ユーロ/ドルは日足に方向感はなく、4時間が下を示している形になっていますね。
    ユーロ対ポンドでは下に向かうと思いますし、ユーロ対オージーは行きすぎている形、オージークロスが行きすぎているところですが、オージーが反転して大きく上げて行くような印象はないですし、ユーロが下げてくる動きになるのではないかなと考えています。
    ただ、月末要因も絡んできますので、どのように動いてもおかしくないようなところですね。
    こちらも方向感のない動きで考えている形ですね。

    <昨日>

    昨日は17:00のロウソク足が確定後にユーロ/ドルの買いでエントリーしましたが、ユーロは考えていた動きにならず持ち合う展開に、ドイツ指標、英指標が控えている形でしたので、17:45のロウソク足が確定後に手仕舞う形を取っています。

    その後、ポンドが上げる動きとなりましたので、ポンド/ドルで買える所を待ちましたが、エントリーできる形になる事はありませんでした。

    米指標を通過してからはオージー/円の売りで待ちましたが、こちらもエントリー出来る形にはなりませんでしたね。


    豪の民間設備投資が市場予想を大きく上回ったことで、オージーは上げる動きになっていますね。
    中国の工業利益も市場予想より強い結果となっていますが、こちらを受けての動きは上が重い様子となっています。

    オージ/ドルの日足はまだ下に向かえるところですし、4時間の行きすぎから反転して上げてきていますが、上は重く下げる動きになる印象ですね。

    ポンドはGDPを好感して強い形を保っていますね。
    ドル買いでいったん下げる動きになりましたが、GDPで上げ幅を解消する動きにはなっていないですし、下幅に対してはフィボナッチ61.8%を上に抜けてきている形、ポンドは高い位置を保つのではないかなと考えています。

    投機的にオージーが上を狙ってユーロが下を狙うかな、といった考えを持っていますが、月末要因や米の休場、また連休モードに入る前の調整といった感じで、状況的にどの通過でどのように動かしてきてもおかしくないようなところとなっていますね。
    ユーロ/ドルの売りでエントリーかなといった考えはありますが、今日は手控える形を取りたいと思います。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ユーロ/ドルの買いでエントリー予定

    今日はドルストレート、ユーロクロスの底堅くなったところから、ユーロ/ドルの買いでデイトレしたいと思います。
    1.3590をターゲットで考えてはいますが、深追いできないところとなっていますので、直近の高値に対しての動きで決済を考えたいと思います。

    また、ドル/円、クロス円、オージークロスの上が重くなったところから、オージー/円の売りでエントリーを考えています。
    明日は米が休場になりますので、今日は米指標後もエントリーできるところを狙っていきたいと思っています。
    明日はトレードを控える予定ですね。

    オージー/円の売りは米指標での動きが一段落したところからを狙う形ですね。
    ドル買い、円買いに転じる動きになった時のみエントリーしたいと思います。


    <本日のドル/円とユーロ/ドル>

    ドル/円は101.50~101.60まで上げる動きになる印象ですが、その後は下げてくるのではないかなと考えています。
    ただ、米指標後はドル買いに動くかなと考えていますので、方向感のない持ち合いの動きで考えている形ですね。

    ユーロ/ドルは上昇する動きになるのではないかなと考えています。
    ドル売りからドル買いの展開にシフトする動きをイメージしていますので、上は重い印象ですが、ポンドとオージーに支えられて底堅く動くのではないかなと考えています。
    直近の高値を試してから直近の安値を試しにいきそうなところですね、こちらも方向感のない持ち合いの動きで考えています。


    <昨日>

    昨日は15:45のロウソク足が確定後にポンド/ドルの買いでエントリーしました。
    17:15にドルストレートの上が重くなり、オージーが対ドルでも下げてきている形、円買いと同時にオージーが下げてきそうな動きになっていましたので、こちらのロウソク足が確定後に手仕舞う形を取っています。
    その後はエントリーできる形にならなかったので見送っている形ですね。

    中国人民銀行総裁からの、中国の外貨準備をする際にユーロは重要、といった内容を受けてユーロは上昇する動きとなりましたね。
    マイナス預金金利絡みの発言で上は重いところだと思いますが、ユーロは底堅さを保つ印象です。

    カーニーBOE総裁からは英経済は急速に持ち直してきている、英国の住宅市場に勢いを感じる、といった内容が出ていますね。
    ポンドの堅調さに変わりはないところだと思いますが、ユーロ/ポンドの4時間は中期的な方向が上にある形、月末要因を考えるとこちらは上げる動きになるのではないかなと考えています。

    米の指標結果を受けてドルは売られる展開になりましたが、月末を意識してといった感じでドルストレートの上は重い様子となっていますね。
    月末要因も絡んで、今日は荒い値動きになるのではないかなといった印象です。


    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : ★FXのスキャルピング&デイトレ★
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ポンド/ドルの買いでエントリー予定

    今日はドルストレート、ポンドクロスの底堅くなったところから、ポンド/ドルの買いでデイトレしたいと思います。
    ポンドはいったん下げる動きになると思っていますので、安値を切り上げる動きになったところを見てエントリーするつもりです。

    オージー主導で上げていくようなら、オージー/ドルの買いを考えている形ですね。
    こちらは短い保有時間といった感じで小さく取りに行こうと思っています。


    <本日のドル/円とユーロ/ドル>

    ドル/円は方向感のない動きになりそうですね。
    上げて行く動きになるかなと考えてはいますが、昨日の高値をこえていくような動きにはならないと考えています。
    101.40~101.90の中で動く印象ですね。

    ユーロ/ドルは直近の高値を試す動きになるのではないかなと思っていますが、


    <昨日>

    昨日は18:15のロウソク足が確定後に予定通りドル/円の買いでエントリーしました。
    21:00にドルストレートの上が重い動きとなりましたので、こちらのロウソク足が確定後に手仕舞う形を取っています。

    20:00のロウソク足が確定後にポンド/円の買いでエントリーしましたが、こちらはポンドが下げる動きになってしまいましたね

    底堅いと考えていたので21:45の動きでは手仕舞せず、もう一段の上昇を待ちましたが、ポンドは更に下げる動きとなってしまいましたね。
    何か下げる材料が出た可能性を考え、こちらはエントリーしたすぐ下の位置で損切りする形を取っています。

    ECBメンバーからの政策金利を更に引き下げる準備がある、といった発言を受けてユーロは下げる動きになりましたが、値幅はそう大きくない形となっていますね。
    スペインの中銀総裁から資産購入よりも利下げの方がECBにとっては容易、といった内容も出ていますが、ユーロは大きく値を崩すようなことにはなっていないです。

    昨日はオージーが上げる動きで展開し始める形となり、その後ユーロが下げる動きに、続いてポンドが下げる展開となりましたね。
    ポンドの下げる動きに関しては特に材料が聞かれていないようです。
    ユーロ/ポンドは4時間でまだ上に行けるような形となっていますが上は重い印象ですし、ポンド/オージーも4時間の21日腺が底を支えている形となっていますね。

    ただ、オージー/ドルの4時間はまだ上げ幅を残しているところですし、ドル売りの展開を考えていますので、こちらは4時間の21日腺を上に抜けて行く動きで考えています。
    ポンドはこちらの動きを利用して投機的にもう一段下げる動きになる印象ですね。
    その後、ポンドが上を目指す動きに転じるのではないかなと考えています。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : デイトレード
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ポンド/円の買いでエントリー予定

    今日はドル/円、クロス円、ポンドクロスの底堅くなったところから、ポンド/円の買いでデイトレしたいと思います。
    手仕舞いはドル/円の動向を見ながらといった感じで考えている形ですね。

    また、ドルストレートの上が重くなり、ドル/円が底堅い動きになったところからドル/円の買いでエントリーしたいと思っています。
    株価、ドル/円、クロス円は行きすぎているところですので、深追いしない方が良さそうですね。
    ドル/円は101.80-102.00大規模な売りが控えているようですし、下がってきて底堅くなったところのみを狙う形で考えています。


    <本日のドル/円とユーロ/ドル>

    ドル/円は日足、4時間で行きすぎているところですが、週足ではまだ上に行けるところ、株価は底堅い印象で、ユーロ/円、ポンド/円も持合いを上に抜けてきた形、こちらも週足ではまだ上を目指せる様子なっていますので、102.00を目指す動きになるのではないかなと考えています。

    ユーロ/ドルは11/20の高値を試しに行く動きで考えていますが、ドル買いの流れになると思っていますので、上は重いかなといった印象ですね。
    ただ、クロス円に支えられる形になりそうですので、方向感の無いもみ合いの動きで考えています。


    <先週>

    ドラギ総裁からの、マイナス預金金利について議論はしていない、といった発言を背景にユーロは上昇する動きとなりましたね。
    ただ、対ポンドでは上が重い動きとなっていますし、ドイツ指標を好感して更に上げる動きとなりましたが、対ポンドでは依然として上が重い動きとなっていますし、こちらは直近の高値を上に抜けるのは難しいかなと考えています。

    RBA総裁からの介入を思わせる発言でオージーは下げる動きとなりましたね。
    オージーはクロスで4時間が行きすぎている形ですので、調整の動きに警戒する必要がありますね。
    ただ、RBA総裁発言、IMFからの豪ドルは過大評価といった分析が重しとなって、対ドルでは戻せても0.9270あたりまでかなと考えています。

    先週の流れを引き継いでいるかのように思わせてユーロが上に向かいそうですが、ユーロ/ポンドの上は重いと捉えていますので、こちらの上が重くなった所からポンドが上げてきそうですね。

    今日は注目度の高い指標がありませんが、ドル/円の102.00を目前にしていますので大きく動く可能性も十分にありますね。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : 初心者のデイトレード
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ユーロ/ドルの買いでエントリー予定

    月曜は今のところユーロ/ドルの買いでデイトレを考えています。
    ポンドはいったん調整で下げるかといった印象ですね、ドル売りを背景にユーロが上を試す動きになるのではないかなと考えています。


    <月曜日のドル/円とユーロ/ドル>

    ドル/円は高すぎるところで方向感のない動きになっていますね。
    こちらはドル売り、円売りの流れで持ち合いを継続する印象です。

    ユーロ/ドルは更に上へと向かう動きになりそうですね、1.3570辺りを試しにいく動きをイメージしています。


    <昨日>

    昨日は20:30のロウソク足が確定後にポンド/ドルの買いでエントリーしました。
    金曜日ということで深追いするようなところではないですし、21:30のロウソク足が確定後に手仕舞う形を取っています。

    ドイツIfo期待指数、Ifo現況指数、Ifo景気動向指数は揃って市場予想より強い結果となりましたね。
    ユーロ/ドルは1.3500を上に抜けて1.3550あたりまで上げてきています。

    再度月曜日のスタートを見て再度分析したいと思いますね、月曜のお昼までに更新致します。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXで稼ごう!
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ポンド/ドルの買いでエントリー予定

    今日はドルドルストレート、ポンドクロスの底堅くなったところからポンド/ドルの買いでデイトレしたいと思います。
    日足で意識されている1.6250あたりを目指す動きになるのではないかなと考えています。


    <本日のドル/円とユーロ/ドル>

    ドル/円は日足、4時間で行きすぎている形となっていますね。
    いったんドル売りになるのではないかなと考えていますのでこちらは下げる動きで見ていますが、クロス円に支えられてそう大きくは下げてこない印象です。
    持ち合いながら下げ優勢の動きで考えている形ですね。

    ユーロ/ドルは1.3500を試しに行く動きになるのではないかなといった印象ですね。
    ドラギ総裁からマイナス金利については議論されていないと出ていますし、利下げの効果をまだ見る必要があるといったところですので、いったんユーロは上を目指すかなと考えています。


    <昨日>

    昨日はRBA総裁からの豪ドル売り介入を排除しない、といった内容が出た事でオージーが下げてくる展開となりましたね。
    ユーロ/オージーでの持ち合いを上に抜けてくる動きとなりましたので、ユーロ/ドルの売りは見送る形に。

    オージーが直近の安値に差し掛かっていましたので、オージー/ドルの売りでついていく事はできないですし、戻ったところをオージー/ドルの売りで、といった感じで待っていましたが、ドラギ総裁からのマイナス金利について議論はされていない、といった内容でユーロは上昇する展開に。

    米国債価格と米株価も底堅い動きになってしまいまいましたので、昨日は見送る形を取っています。
    とても参加できるような相場状況ではなかったですね。

    ドラギ総裁からのマイナス金利議論はされていないとの発言でユーロは上昇する動きとなり、米10年国債の動向で上は抑えられる展開となりましたが、ドイツのバイトマン連銀総裁からも利下げを行ったばかりで追加を示すべきではない、といった発言が出ていますね。
    利下げの効果を見る必要があるといった事になります。
    米10年国債価格は上に向かう動きになると考えていますし、ユーロ/ドルは底堅いところかなといった印象ですね。

    オージークロスの行きすぎは気になるところですが、状況的にオージーは上げるのが難しいところですし、調整の動きを利用して投機的に上に動くことは十分考えられますが、方向が出るような上昇にはならないと思っています。
    上が重くなったところからオージーは下げてくると思いますし、対ドルでも直近の安値を試す動きになるのではないかなと考えています。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : ★FXのスキャルピング&デイトレ★
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ユーロ/ドルの売りでエントリー予定

    今日はドルストレート、ユーロクロスの上が重くなったところからユーロ/ドルの売りでデイトレしたいと思います。
    オージーが下げた後にユーロで下げてくる印象を持っていますので、下へのエクスパンションにはついて行かず、上が重くなったところのみを狙いたいと思います。


    <本日のドル/円とユーロ/ドル>

    ドル/円は日足で行きすぎているところですが、高値を更新してきたことでもう一段上に向かう動きになるといった意識が高まっているところですね。
    米株価で上は重そうな印象ですが、こちらはじわりじわりと上げる動きになるイメージですね。

    ユーロ/ドルは日足でC波を思わせる形になっていますね。
    こちらは1.3380あたりまで下げる動きになるのではないかなと考えています。


    <昨日>

    昨日は19:30に狙っている形になりましたので、こちらのロウソク足が確定後にオージー/円の売りでエントリーしました。
    20:45にドル/円、クロス円が底堅い動きになりましたので、こちらのロウソク足が確定後に手仕舞いする形を取っています。

    米指標での値動きを見て、23:30のロウソク足が確定後に、ユーロ/ドルの売りでエントリー、小さく取りに行くつもりで考えていましたが、ECB関係者からのマイナス金利を検討といった内容にユーロは大きく下げる動きとなりましたね。
    0:30にユーロ/オージーのレンジ下限から底堅さの伺えるロウソク足が形成されましたので、こちらが確定後に手仕舞いする形を取っています。

    英中銀MPC議事録では、利上げを強めるような内容にならなかったことでポンドは下げる動きとなりましたが、下げ幅はそう大きくなく、その後ポンドは上昇する動きとなっています。
    ポンドは堅調さを保つ印象ですね。

    オージーはIMFからの審査報告書の内容を受けて下げる動きとなりましたね。
    オージーは底堅いところかなと考えていましたが、まだ下げる動きになりそうですね。
    対ドルでは直近の安値を試す動きになるかなといった印象です。

    ECB関係者からのマイナス預金金利を検討、といった内容で下げてきたユーロですが、対オージーでは方向感のない動きとなっていますね。
    対ポンドではまだ下げていけるところですし、ユーロ/オージーのレンジ上限からユーロが下げてくるのではないかなと考えています。

    FOMC議事録を受けて米株価は下げてくる動きとなり、12月のQE縮小思惑が強くなっているところですね。
    季節的要因の雇用増加にも意識されているところですし、ドル買いの流れになるのではないかなと考えています。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX専業サバイバル倶楽部
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ポンド/円の売りでエントリー予定

    今日はドル/円、クロス円、オージークロスの上が重くなったところから、オージー/円の売りでデイトレしたいと思います。
    こちらはそのまま下げてしまうようなら見送る形で、いったん上に振ってから上が重くなる形のみを狙いたいと思います。

    オージーが下げた後、ポンドが下げて来る動きを考えていますので、ドル/円、クロス円、ポンドクロスの上が重くなったところからポンド/円の売りでエントリーを考えています。
    こちらは下へエクスパンションするようならついていこうと思っている形ですね。



    <本日のドル/円とユーロ/ドル>

    ドル/円はドル買いになると考えていますので、方向感のない動きを考えていますが、下げがわずかに優勢になるかなと考えています。
    99.85~100.25の中で動く印象ですね。
    100.25を上に抜けていくのは難しいかなと考えています。

    ユーロ/ドルはポンドとオージーに支えられて底堅く動きそうですね。
    やや下げる動きになるかなといった印象ですが、高い位置を保ったまま推移するのではないかなと考えています。


    <昨日>

    昨日は17:15のロウソク足が確定後にドル/円の売りでエントリーしましたが、考えていた動きとは異なる流れになってしまいましたね。
    ドルストレートが下げる動きになってしまいましたので、17:45のロウソク足が確定後に手仕舞いする形を取っています。

    その後は米10年国債価格の下げる動きに対し、ドルストレートが上げる動きになりましたので、見送る形を取っています。

    RBA議事録では利下げの可能性を排除しない、豪ドルは依然として高すぎる、といった内容が出ましたが、同じような見解がすでに示されていたことで、下げ幅は限定的なものとなりましたね。
    ロウソク足はクロスで下ヒゲの長い陽腺を形成しています。

    その後、利下げの効果が見られたことで、オージーは上昇する展開になりましたね。
    米格付け機関のムーディーズから中国の改革の方向性に対してポジティブといった見解が出ていますし、ルー財務長官から中国は経済改革に真剣に取り組んでいる、といった発言も出ていますので、オージーは下げ止める動きになるのではないかなといった印象ですね。
    いったん調整で下げる動きになりそうですが、底堅く推移すると考えています。

    ドイツのZEW現況感指数は市場予想を下回り、ZEW景況感指数は市場予想を上回る結果になりましたね。
    まちまちの結果となりましたが、ユーロはこちらに対して上昇する動きとなっています。
    ユーロは対ポンド、対オージーでもう一段上げる印象ですし、対」ドル、対円でも底堅く推移するかなと考えています。

    12月の季節的要因となる雇用増加に思いが向かっている印象を値動きから受けますね。
    短期的にドル買い、また円買いに傾けてくる考えを持っている形ですね。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX専業トレード
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ドル/円の売りでエントリー予定

    今日はドルストレートが底堅くなり、ドル/円の上が重くなったところからドル/円の売りでデイトレしたいと思います。

    またドル/円、クロス円、オージークロスの上が重くなったところからオージー/円の売りで、その後はドル/円、クロス円、ユーロクロスの上が重くなったところからユーロ/円の売りを考えています。
    オージーが先に動くのではないかなと考えていますので、ユーロが先に動くようならユーロ/円の方は見送りたいと思います。



    <本日のドル/円とユーロ/ドル>

    ドル/円はすでに安値を更新する動きになっていますね。
    株価の行きすぎが日足、5時間で意識されているところですので、円を買う動きが強く出るのではないかなと考えています。
    こちらは99.40あたりまで下げるのではないかなといった印象ですね。

    ユーロ/ドルは直近の高値を目指す動きになると思っていますが、1.3540あたりからは下げる動きに転じるのではないかなといった印象ですね。
    ただ、QE縮小の思いが遠ざかっている形ですので、底堅さは保ちそうです。
    こちらは方向感のないレンジの動きになるのではないかなと考えています。



    <昨日>

    昨日は15:45に狙っている形になりましたので、こちらのロウソク足が確定後にポンド/円の売りでエントリーしました。
    小さく取りに行く考えでしたので、16:45に直近の安値を更新したところで手仕舞いする形を取っています。

    その後、21:45のロウソク足が確定後にオージー/円の売りでエントリーしましたが、直近の安値を下に抜けることができず方向感の無い動きになってしまいましたね。
    長い時間ポジションを保有していたくないところでしたので、23:15のロウソク足が確定後に手仕舞う形を取っています。

    米格付け機関のムーディーズが中国の改革の方向性に対してポジティブといった見解を示しましたね。
    こちらを受けてオージーは上昇する動きになりましたが、上は重い形となっています。
    対ポンド、対ユーロでは上げ幅を解消して安値を更新する動きとなっていますね。
    株価の行きすぎが警戒されているところですし、オージーはまだ下げる動きになるのではないかなといった印象です。

    ユーロ圏の経営収支は市場予想よりも強い結果になりましたね。
    こちらを受けてユーロは上げる動きとなっています。
    ただ、ドラギ総裁からの追加措置を思わせる発言が出ているところですし、対ポンドでは上が重いところですね。
    対オージーでも方向感は無く、上が重くなったところから下げてくるのではないかなと考えています。

    米の著名投資家アイカーン氏から株式に非常に慎重、下落の可能性、といった発言が出ましたね。
    こちらを受けて株価は下げる動きに、ドル/円、クロス円は大きくはないものの、相関して下げる動きとなっています。
    株価の行きすぎも警戒されているところですので、こちらの発言を材料に手仕舞いする動きになるかなといった印象ですね。


    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    週明けはドル買い優勢の動きでスタート

    ドル/円は上げてくる動きとなり、ドルストレートは下げる動きで本日をスタートしていますね。
    ドル売りの流れは変わらないところだとは思いますが、いったん調整でドルを買う動きが強くなるのではないかなといった印象です。

    米の10年国債が行きすぎていることで、一方的にドル売りの流れになるのは難しいところといった感じですね。
    株価も行きすぎが警戒されるところまで上がってきていますし、いったん調整が強く出るのではないかなと考えています。

    ドルストレートは下げる動きになるかなといった印象ですが、イエレンFRB副議長からのQE長期化を思わせる発言で底堅いところだと思いますし、下げ幅はそう大きくない形になるかなといった印象ですね。

    ドル/円はクロス円に上を抑えられそうなところですね。
    こちらは方向感のない持ち合いの動きを考えています。
    ドル買いよりも円買いが強く出るかなといった印象ですので、こちらは下げる動きが若干強いかなと考えています。

    ユーロ/ドルも方向感のない動きになりそうですね。
    ポンドとオージーが支える形で大きく下げてはいかないと思っていますが、ドル買いの展開を想定していますので、4時間の21日線あたりまで下げるのではないかなと考えています。

    今日はドル/円、クロス円、ポンドクロスの上が重くなったところから、ポンド/円の売りでデイトレしたいと思います。
    こちらは上の重くなったところのみを狙う形ですね。
    そのまま下げてしまうようなら見送る形にします。

    その後、オージーが下げてくるかなと考えていますので、ドル/円、クロス円、オージークロスの上が重くなったところから、オージー/円の売りでエントリーを考えています。

    どちらも大きな流れに逆らっている形ですので、小さく取りにいこうと思っています。
    考えている形にならず、ドル売り、円売りの流れになるようなら見送りたいと思いますね。

    株価の行きすぎと円相場の行きすぎを警戒する必要があるところですので、状況的に買いでは入れないかなといったところです。
    ユーロ/円、ポンド/円のフォーメーションも意識されているところですし、この形でのみエントリーといった感じで、トレードスタイルを限定して臨むのが良さそうです。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    株価はさらに上昇する動きに

    こちらを背景にドル/円、クロス円は底堅い動きとなりましたね。
    ドル/円は100.40を上に抜けるところまでいったん上げる動きになっています。

    株価の高すぎと、ドル/円、クロス円の高すぎが気になるところですね。方向は上で捉えていますが、ドル売りの流れを考えていますので、ドル/円主導で調整の動きになるのではないかなといった印象です。

    いったん調整のが強く出るかなといった印象で、ドルストレートも上を抑えられるのではないかなと考えています。
    ドルストレートは高い位置で持ち合いのイメージですね。

    今日は家族でディズニーランドに行ってきますので、ブログを読んで下さっている方々には薄い内容で申し訳ないです。

    月曜日のスタートの動きを見て、再度分析する形を考えていますので、月曜日のお昼までにはしっかりとしたものを書きたいと思いますね。


    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    米指標は揃って弱い結果に

    米の貿易収支、新規失業保険件数は市場予想よりも弱い結果となりましたね。
    こちらを受けてドルは売られる動きとなりましたが、米国債の動きを意識して値動きはそう大きくないものとなっています。

    その後、イエレンFRB副議長からQE縮小の可能性について発言があり、こちらを受けてドル買いに動きましたが、その動きも限定的といった感じですね。

    米10年国債はイエレンFRB副議長の発言で下げる動きとなりましたが、その後上げる動きに転じて高値を更新する展開になっています。
    12月のQE縮小の思いは、先日の米雇用統計の結果でわずかに強まりましたが、依然として3月との見方が強いのが値動きから伺えます。

    昨日は21:00のロウソク足が確定後に狙っている形になりましたので、こちらのロウソク足が確定後にポンド/ドルの買いでエントリーしました。
    米指標を控えていましたので、直近の高値に差し掛かった22:00のロウソク足が確定後に手仕舞う形を取っています。

    ドル/円は日足と4時間で行きすぎているところですね。
    株価も行きすぎを示していますので、さらに上に行く動きになるのは難しいかなといった印象です。
    底堅さは保ったままですが、ドル/円は下げる動きになるのではないかなと考えています。

    ユーロ/ドルは方向感のない持合い相場で考えています。
    こちらは上下に荒く動く印象ですね。

    今日はドル/円、クロス円、オージークロスの上が重くなったところから、オージー/円の売りでデイトレしたいと思います。

    ドル/円だけが下げて、クロス円が底堅い動きになるようなら、ユーロ/ドルの買いでエントリーするつもりです。
    金曜日ということで調整も相次ぎますので、深追いせずに小さく取りに行く形で臨みたいと思います。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ポンドがまだ上昇してくるイメージ

    英のILO失業率は市場予想を上回る結果に、失業率は予想通りといった内容になり、失業者数は予想よりも強い4万1000人減、といった内容になりましたね。
    こちらの結果を受けてポンドは上昇する動きとなりました。

    また、英の四半期インフレ報告では利上げ次期の前倒しの可能性が示される形となり、ポンドは上昇幅をさらに広げる動きとなっています。

    昨日は15:15に狙っている形になりましたので、こちらのロウソク足が確定後に予定通りユーロ/ドルの売りでエントリーしましたが、動意の薄い展開になってしまいましたね。
    英指標を前に深追いするようなところではないので、持合いを下に抜けた16:45のロウソク足が確定後に手堅く手仕舞う形を取っています。

    その後もエントリー出来るところを待ちましたが、債券価格が底堅い動きとなっていましたので見送る形を取っています。

    ドル/円は99.50~99.60付近まで上げてきそうですが、再度下げる動きになりそうですね。
    ただ底堅いところでもあるので、直近の安値までは下げないのではないかなといった印象です。
    こちらは方向感のない持合いを予想しています。

    ユーロ/ドルは上げる動きで考えていますが、ユーロ/ポンドで上を抑えられる印象ですね。
    こちらは小幅に上昇してくる動きで考えています。

    今日はドルストレート、ポンドクロスの底堅くなったところからポンド/ドルの買いでデイトレしたいと思います。
    オージ/ドルの4時間の50日線、1時間の200日腺がほぼ同じ位置にあり、フィボナッチでも61.8%といったところになるますので、こちらのラインをターゲットで考えています。

    オージー/ドルの動きに注目といったところですね、ターゲットにしている値から下げてきて、底堅い動きになるようなら、再度ポンド/ドルの買いでエントリーしようと思っています。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ポンドは弱い英指標を受けて下げる動きに

    英のCPIをはじめ、同時に発表された指標は市場予想を下回るものが多い形となりましたね。
    こちらを受けてポンドは下げる動きになっています。

    ただ、対オージーでは下げ幅を解消して直近の高値を更新する動きに、対ユーロでは
    一方的に下げていますが、こちらは4時間で行き過ぎているところですね。
    RSIも価格に反した動きとなっていますし、ポンドは上げて来る動きを考えています。

    昨日は21:00にドルストレート、ユーロクロスが底堅い動きになりましたので、こちらのロウソク足が確定後に予定通りユーロ/ドルの買いでエントリーしました。
    1.3435付近まで22:00に上げてくる動きとなりましたので、こちらが確定後に手仕舞いする形を取っています。

    ドル/円は4時間が行きすぎから下げてくる様子となっていますね。
    99.80から上は売りが厚めになっていますし、クロス円に上を抑えられる印象です。
    100.00は報道などを見ても難しいと出ていますね、個人的にも100.00は難しく、下げてくる動きになるのではないかなと考えています。

    保有しているドル/円のポジションは99.75をターゲットにしている形ですね、ストップは99.30に置く形でこちらのポジションは今日中での決済を考えています。
    ドル/円は直近の高値を目指した後、直近の安値を更新する動きになるのではないかなといった印象ですね。

    ユーロ/ドルは一旦上に振ってから下げてくるのではないかなと考えています。
    オージーも下げるとは思いますが、先にオージーが下げてユーロが下げて来る印象を持っています。
    1時間の中期的な方向が上にあるので、直近の安値でもみ合う印象ですね。

    今日はドルストレート、ユーロクロスの上が重くなったところから、ユーロ/ドルの売りでデイトレしたいと思います。
    18:00までにエントリーできず、英の失業率、四半期インフレ報告でポンドが大きく下げるようなら見送る形を取るつもりです。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX専業トレード
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ドル/円は直近の高値更新

    ECBによる追加緩和は困難な情勢になっているとの報道がユーロの買戻しに影響したと出ていますが、ユーロが上に大きく動いてくる展開は考えにくいところですね。

    ユーロの上は重く、4時間ではクロスで行き過ぎの形となっていますね。
    上が重くなったところからユーロは下げる動きに転じてくるといった印象です。

    ドル/円の方向は上のままかなといった感じですね。
    日足はまだ上にいけるところですし、100.00を目指す動きになるのではないかなと考えています。

    ユーロ/ドルは米雇用統計での下げ幅をほぼ解消するところまで上げてきていますが、上は重いところですね。
    1.3435あたりまで上げていきそうですが、こちらの値からは下げていく思いが強いのではないかなと考えています。
    ユーロ/ドルはいったん上に向かって下げてくる印象ですね。

    昨日は17:15にドル/円、クロス円が底堅い動きとなりましたので、こちらのロウソク足が確定後にドル/円の買いでエントリーしました。
    予定通り若干保有する目的でポジションを取りましたので、こちらは決済していないです。

    17:45にドルストレート、オージークロスの上が重い動きとなりましたので、こちらのロウソク足が確定後にオージー/ドルの売りでエントリーしましたが、ドルストレートは底堅い動きになってしまいましたね。
    ドルストレートは持ち合いになりやすい状況にありますので、18:30のロウソク足が確定後に手仕舞う形を取っています。

    今日はリスクは高いですが、ユーロがいったん上に振ってくる印象がありますので、ドルストレート、ユーロクロスの底堅くなったところから、ユーロ/ドルの買いでデイトレしたいと思っています。

    調整に対する投機的な上昇を取りに行く考えですので、こちらは短い時間でのトレードを考えています。

    ユーロとオージーで仕掛けてきそうな相場模様ですので、オージーが後から動くようならドルストレート、オージークロスの上が重くなったところからオージー/ドルの売りで、オージーが先に下げる動きになるようなら見送る形を考えています。

    ユーロ/ドルは1.3435あたりの動きを見てといった感じですね。
    そのあたりの水準からユーロが下げてくるようなら、ユーロ/ドルの売りでエントリーしたいと思います。
    ドル/円は99.23にストップを置いて、今日も保有する形を考えています。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    中国指標は弱い結果が多かったものの

    CPI、PPI、小売売上高は近似値といった内容になり、鉱工業生産は市場予想よりも強い結果になりましたね。
    豪ドルはわずかに上げる動きでスタートしていますが、特に好感も嫌気もされていないような動きとなっています。

    株価が底堅い動きとなっていますので、円相場が大きく値を崩す印象はないところですね。
    ドル買いで動かしてきた後、円売りの流れになるのではないかなといった印象を持っています。

    ドル/円は日足で行きすぎから下げてきているところですね。
    4時間も行きすぎから下げてきているところですが、下げていくようなところではないと思いますし、こちらは横ばいの動きを考えています。

    ユーロ/ドルは週足の21日腺、日足の200日腺を意識して米雇用統計後に半値まで戻す動きとなっていますね。
    ただ上は重く、その後は直近の安値を再度試しに行くような動きとなっています。

    意識されているラインが重なっていることで、下げ止める動きとなりましたが、ユーロは追加措置を思わせる発言が出ている形となっています。
    QE縮小は3月との見方が強いものの、12月の思いも若干強まった形ですし、MBSは現状維持、国債のみを縮小といった思いが強いのなら、ドル買いの流れは続くといった印象ですね。
    ユーロ/ドルは下げる動きになるのではないかなと考えています。

    ユーロと豪ドルはどちらも弱い印象ですが、ECBによる利下げ決定の下げ幅をユーロ/豪ドルは解消する動きになっていますね。
    豪中銀による金融政策報告書で、利下げの可能性を排除しないのが適切、といった内容に豪ドルは下げる動きで反応、対ユーロでも同様の動きとなり、ユーロ/オージーは底堅い展開で金曜日を終えています。
    こちらに方向感は無く、レンジ相場といった動きになりそうですね。

    今日はドルストレート、豪ドルクロスの上が重くなったところから豪ドル/ドルの売りで、豪ドル主導で下げてくるようならついていく形でデイトレしたいと思います。
    ただ、クロス円が底を支える印象を持っていますので、ターゲットは0.9320辺りで考えています。

    またドルストレート、ユーロクロスの上が重くなったところからユーロ/ドルの売りで臨む形ですね。
    豪ドル/ドルとユーロ/ドルを交互に売る形で考えています。

    ドル買いから円売りの流れを想定していますので、ドル/円、クロス円の底堅くなったところからドル/円の買いでエントリーしたいと思います。
    ドル/円の方はある程度値幅を取れるようなら保有したいと思っています。


    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    フォーメーション分析3

    その他のケースとしてウェッジ、ブロードニングフォーメーション、ダイヤモンドフォーメーションといったものがある形ですね。

    :ウェッジ
    通常、中段持合いの中で形成される事が多いですね。
    ウェッジは大きく上昇してきた動きに対して下向きに斜行三角形を形成したものが上昇ウェッジ、下降ウェッジはその逆といった形になります。

    ウェッジ

    上記図は上昇ウェッジを記したもので、上へのラインブレイクがエントリーポイントという事になります。
    上昇に対して下向きの斜行三角形の形成は上昇ウェッジなのですが、エリオット波動でのダイアゴナルトライアングルは、上昇トレンドに対して下降ウェッジが発生しているという事になりますね。
    上昇トレンドに対しての下降ウェッジの発生、斜行三角形が上向きという事ですね。

    高値を切り上げている事で買い意欲は見られるものの、安値の切り上げる動きに比例していないという事は、高値を更に買っていくだけの力が無い、という事になります。
    これ以上買う事が出来ない、という状態になれば、どのように動くのか、という選択肢に売りしか残っていない形となりますので、上昇トレンド時の下降ウェッジの発生は天井と見る事が出来るという事になります。
    上昇ウェッジで記しましたので、下降ウェッジはその逆の形となります。

    :ブロードニングフォーメーション
    こちらは逆三角形の形状をとったフォーメーションパターンですね。
    トレンドの終わりに確認される事が多いとされ、天井や大底といった転換を示すものとなります。

    ブロードニング・フォーメーション

    上値を切り上げる動きに対して、下値も切り下げる形となっていますので、トレンド定義だけで考えると混乱させられる形となりますね。
    Dまでの動きで考えると、ダブルトップのネックラインを下に抜けたという事になりますね。
    その後、リターンムーブでネックラインへ戻る動きになると考えますが、ネックラインを上に抜けて再度Cの高値を試しに行く動きとなります。

    ベッドアンドショルダーズトップなのかなと思わせる形になりますが、下値が切り下げる動きになっていますので、ネックラインを上に抜けた段階でブロードニングフォーメーションを形成したという事になりますね。
    転換を示す形という事になりますので、DからEの上昇に買いでついていくのはリスクの高いトレードという事になります。

    Eの位置からCの高値を下に抜けた所が売りでエントリーするポイントとなりますね。
    また、Fの位置を下にブレイクした所が売りで入るポイントといった形になります。
    ブログニングフォーメーションは高値更新を三回するといったケースが多く、高値の更新三回、安値の更新二回の計5回の値動きが定義とされています。
    上昇トレンドでの天井の場合で記しましたので、下降トレンドの時は逆の形となります。



    :ダイヤモンドフォーメーション

    こちらはブロードニングフォーメーションと持ち合い型のトライアングルがくっついた形状のものですね。

    ダイヤモンドフォーメーション

    出現する率は低く、とても珍しいパターンといった所です。
    ブロードニングフォーメーションでのブレイクを狙おうとしていた所、下値切り下げのラインを抜ける事なく、Aの位置から上昇してくる形となりますので、この時点で方向感の無い相場模様が予想されますね。
    利益確定、また見切り発進で売ったポジションの損切りがこちらの動きから伺えるといった所です。

    天井圏での出現が多いとされていますが、持ち合い型のトライアングルを形成していますので、上下どちらにもブレイクの可能性があるといった所ですね。
    ダイヤモンドフォーメーションといった名があるものの、基本的には上下に持ち合っている展開ですのですので、パターン形成中にエントリーするのであれば、上が重くなった所からのみの売りでエントリーといった感じで、小さく取りに行くスタンスが望ましいです。

    持ち合い相場なのでパターン形成中はリスクが高く、Bのブレイクを狙うのが最小のリスクを取りに行くトレードという事になりますね。

    ひし形のダイヤモンドフォーメーションを形成してBの位置からブレイクした時、ターゲットはひし形の一番高い所と一番低い所を結んだ長さになるとされています。
    上記図の青い線の長さになるといった形ですね。
    上昇トレンドでの天井圏で記しましたので、下降トレンドの場合は逆となります。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    フォーメーション分析2

    フォーメーション分析はヘッドアンドショルダーズトップ/ボトム、ダブルトップ/ボトムだけではなく、数多くの形が存在します。
    中でもボックス、トライアングル、フラッグの形は良く見られるものとなりますね。
    基本的にこれらの持ち合いは、大きな流れの方向にブレイクしていくといった傾向がありますね、端的に言ってしまうと下記の図のような感じす。

    持ち合い後

    こういった感じで大きく入ってきた方に持ち合ってから再度方向を取るといった傾向があります。
    それではそれぞれの持ち合いパターンを記していきますね。

    :ボックス型

    ボックス型



    大きく上昇してきた後にこちらの形になったというのを前提としますね。
    水平な二本のラインを引き、Aの位置をブレイクした時というのが買いでエントリーするポイントとなります。
    逆にBの位置から青い線で記したように、方向を下に取るようならヘッドアンドショルダーズトップを形成したという事になりますね。

    大きな方向が上にあるようであれば、こちらのBのブレイクはだましになる可能性が十分に高い所ですので、Bのブレイクに売りではついていかず、リターンムーブでネックラインへ戻った時の動きを見る必要があります。
    ネックラインで上が重い動きとなり、下げてくる動きになったのを確認してから、売りでエントリーするのがリスクの低いトレードという事になりますね。
    大きく下降してきてこちらのボックス型を形成した場合は考え方が逆になるといった感じです。


    :フラッグ型

    フラッグ型


    こちらも大きく上昇してきた後にこの形になったというのを前提としますね。
    大きく入ってきた価格が棒、持合いが旗のように見える所からこちらの名称となっています。
    二本の平行なラインを引き、Aの位置を上にブレイクした時が買いでエントリーするポイントとなりますね。

    Bの位置で青い線の方向にブレイクしたとしても、大きな方向が上にあるようであればBのブレイクに売りでついていくのはリスクの高いトレードという事になります。
    こちらもボックス型同様、戻った所の上が重い動きになったのを見て、売りでエントリーする形が望ましいという事になりますね。

    逆に高値は切り下げる動きとなっていますので、テクニカルでの行き過ぎ、波動での5波形成終了などと合致するようであれば、Aの位置を上にブレイクした動きに買いでついていくのはリスクの高いトレードという形になりますね。
    この場合、直近の高値に対してどのように動くのかを見る必要があります。

    直近の高値を超えられず下げてくるようなら売りで、直近の高値を超える動きになるようであれば押し目を待って買いでエントリーといった形になりますね。
    修正波であるといった自信を強く持っているようなら、Bのブレイクで売りで入るのも良いトレードという事になります。
    大きく下降してきてこちらのフラッグ型を形成した場合は考え方が逆になるといった感じですね。

    :トライアングル型

    トライアングルは3種類ある形となり

    ①上昇型のトライアングル→アセンディングトライアングル

    ②下降型のトライアングル→ディセンディングトライアングル

    ③持合い型のトライアングル→シンメトリカルトライアングル

    といった感じで分類される形となります。
    大きく上昇してきたのを前提とした上昇型のトライアングルを記してみます。

    上昇型のトライアングル


    大きく価格が入ってきた後、高値が同じような値を繰り返す形、安値が切り上げる形で形成されたものが上昇型のトライアングルですね。
    上昇型のトライアングルと下降型のトライアングルはボックスやフラッグよりも信頼度が高いフォーメーションパターンとされています。

    二本のラインを引いて三角を形成しているのを確認後、Aの位置を上に抜けた所が買いでエントリーするポイントという事になりますね。
    逆にBの位置で下に抜けてくるようでも、こちらのブレイクに売りでエントリーするのはリスクの高い形となります。

    ヘッドアンドショルダーズトップが意識されると同時に、不出来なボックスも意識される事になりますので、Cのラインまで下げてくるようなら底堅い動きを確認後に買いでエントリー、ヘッドアンドショルダーズトップの可能性を考える必要がありますので、利益確定は一旦三角の安値を切り上げたDラインで考える必要がありますね。

    Cのラインから上げる動きとなり、Dのラインで上が重く、下げてくる動きになるようなら売りでエントリー、ただ不出来なボックスといった意識がある所ですので、この場合の利益確定はCのラインで一旦考える必要があります。
    大きな方向が依然として上にあると考えるのであれば、Dのラインからの売りはリスクの高いトレードになりますので、売りでエントリーしてがいけない、という事になりますね。
    下降型トライアングルのディセンディングトライアングルはこちらの形の逆といった感じになります。

    次に持合い型のトライアングル、シンメトリカルトライアングルになりますね。
    こちらも大きく上昇してきた後にこの形になったというのを前提とします。

    こちらは上昇型、下降型のトライアングルのような信頼度は無い形ですね。
    上下どちらの力も均衡しているような状況を表していますので、どちらにもブレイクする可能性を持っています。
    若干大きく入ってきた方向にブレイクしやすいといった感じですね。

    持ち合いトライアングル

    二本のラインを引いてAの位置を上にブレイクした所が買いでエントリーするポイントとなります。
    Bの位置を下にブレイクするようでも、大きな方向を上で捉えているのであれば、こちらのブレイクに乗るのはリスクの高いトレードといった形になりますね。

    Bの下げから一旦上昇する動きとなり、波動での5波終了、テクニカルでの行き過ぎなどと合致するようであれば、上が重くなった所から売りでエントリーする形がリスクの低いトレードといった感じになります。
    大きく下降してきてこちらの形となった場合は逆で考えるという事になりますね。

    ブレイクに対して全てのフォーメーションに言える事は、大きな方向のブレイクのみに乗り、逆に向かうブレイクは見送るという考えが必要という事になります。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    フォーメーション分析1

    フォーメーション分析はチャートを視覚的なパターンから分析する手法ですね。
    他の指標や状況と合せる事で、この形が意識されているのではないかな、といった思惑を捉える事が出来るようになります。

    波動と合せる事で、現在修正波のこの動きなのではないかな、といった見方も出来るようになりますし、ブレイクアウトを狙うのにも知識として持っておいた方が良い項目だと思っています。

    まずはヘッドアンドショルダーズトップ、こちらは天井のサインとされ、信頼性が高い形として知られていますね。

    ヘッドアンドショルダーズトップ

    中央の山が一番高い形となり、最初の山で作られた谷と、二番目の山で作られた谷を結んだAのラインがネックラインと呼ばれるものになります。
    Bからの下降がネックラインを下に抜けた時のブレイクを狙うのが売り場とされている所ですね。

    その後、一旦戻る動きになるのをリターンムーブと呼び、戻りの目安はネックラインとされています。
    ネックラインまで戻ったCの位置が売り場とされている所で、Cからの下降の長さはネックラインから中央の山の一番高い所に比例するといった形です。
    図の青い線のような感じで長さが比例するといった形ですね。
    大底のサインとされるヘッドアンドショルダーズボトムはこちらの形の逆になります。


    次のフォーメーションパターンはダブルトップになります。
    ダブルトップ、ダブルボトムの形も天井や大底をサインとされている形ですね。

    ダブルトップ

    二つの山の頂上は同じくらいの高さになる事が多く、二つの山によって作られた谷に水平な線を引いたものがネックラインといった形になります。
    こちらもヘッドアンドショルダーズトップ同様に、Bからの下降がネックラインを下に抜けてブレイクした時が売り場となります。

    その後、リターンムーブはネックラインを目指す動きとなり、Cの位置から売るというのが定石といった形ですね。
    こちらもネックラインと山の頂上の長さがCからの下降の長さに比例するといった感じになります。
    大底とされるダブルボトムはこちらの逆の形になりますね。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    フィボナッチ

    この上昇に対しての下げ幅はどのくらいになるだろう、この下落に対する上げ幅はどのくらいになるだろう、といったものを大まかな形で捉えるのに役立つのがフィボナッチトレースメントですね。

    こちらで用いられるのが23.6%、38.2%、50.0%、61.8%、76.4%といった値になり、特に意識の強い数値が38.3%、50.0%、61.8%といった形になります。

    強い上昇トレンドに対しては38.2%の押し、弱い上昇トレンドに対しては50.0%、61.8%の押しが当てはまりやすかったりするといった所ですね。
    下降トレンドにも全く同様の事が当てはまる形となります。

    チャートはポンド/ドルの4時間になります。

    フィボナッチ

    フィボナッチトレースメントの引き方は特に難しく無く、上昇が始まった点、上昇が終わった点を直線で結ぶ形ですね。
    上記のチャートですと、AからBまでの上昇を100%として、それに対する38.2%、50.0%、61.8%のポイントを割り出すといった感じですね、こちらでは50.0%の位置で押す形となっています。


    同様のチャートでBからの下げ幅に対してのフィボナッチトレースメントを引いてみます。

    フィボ2

    B、Cを直線で結び、これを100%とした時、価格は38.2%、、61.8%の全てを上に抜けて行く動きとなっていますね。
    61.8%を抜けると、トレンドの起点となった位置に戻るという考え方が基本的ですので、こちらの動きからBの位置へ価格が向かうのではないかなといった意識が強くなります。
    そうなりますと、次の押し目に買いでエントリーしようという意欲が集まっている事が値動きから伺えますね。
    このように、大まかな押しの位置、戻りの位置を捉える他に、フィボナッチトレースメントの使用によってどういった意識が現在強いのか、どういった意識に切り替わったのか、というのを捉える事が出来るようになります。

    同様のチャートでCからの上昇にフィボナッチトレースメントを引いてみます。

    フィボ3


    C、Dの上昇を100%とした時、こちらは61.8%の位置から押し返す動きとなっていますね。
    同じように次の上昇に対してもフィボナッチトレースメントを引いてみましょう。

    フィボ4


    E、Fの上昇を100%とした時、こちらは38.2%の位置から押し返している動きとなっています。
    フィボナッチリトレースメントで算出された値が、必ずしも毎回意識されるというわけではありませんが、比較的意識されやすい材料であるという事は言えると思います。

    フィボ5

    次にG、Hの上昇を100%とした時、こちらは61.8%を下に抜ける動きとなっていますね。
    この動きによって意識されるポイントは、こちらの上昇の起点となったGの位置という事になります。
    上記チャートの水色の線という事ですね。
    ただ、こちらの場合、C、Gを結ぶトレンドラインを価格が下に抜けてきていますので、CからHまでの上昇を100%としたフィボナッチリトレースメントも意識される形となります。
    C、Hを結ぶ緑色のラインに対してのフィボナッチリトレースメントはピンクで記した値となりますね。

    小さな動きばかりを追っていると、Hからの下げが61.8%を下に抜けた時点で、Gの安値を次のターゲットとして見てしまいます。
    ただ、大きな動きをしっかりと捉えている事で、Gの安値前に強く意識されているピンクの38.2%を捉える事が出来るのですよね。
    フィボナッチリトレースメントの38.2%、50.0%、61.8%が意識されやすいものだとすれば、目先のこれらの値だけでは無く、大きな動きに対しての値も捉えておく必要があるという事になりますね。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    米の非農業者部門は20万4千人増の結果に

    市場予想は12万増といった感じでしたので、予想を大幅に上回る内容になりましたね。
    こちらの結果を受けてドルは買われる動きになっています。

    20万4000人増の結果によって、可能性は低いとされていますが、12月にQE縮小の思いが高まっていますね。

    米雇用統計の結果を見るまでは
    ドル売りで考えていましたが、昨夜の結果、それに対しての動きを見るとドル買いが強く出そうな状況ですね。

    ドル/円はドル買い、円売りの流れを受けて上昇してくる動きになりました。
    前日に円買いで下げて来た幅をほぼ解消するところまで上げてきていますね。

    こちらは日足でまだ上げていける形となっていますし、4時間の中期的な方向も上といった印象ですし、ドル/円は上げる動きになるのではないかなと考えています。

    ユーロ/ドルは持ち合いで考えていますが、わずかに下げる動きが強く出るかなといった印象ですね。

    今のところドル/円、ポンド/円の買い、オージー/ドルの売りで考えています。
    月曜日のスタートを見て再度分析したいと思いますね。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ECB政策金利は0.25%引き下げ

    こちらの決定を受けてユーロは大きく下げる動きとなりましたね。
    個人的にも引き下げは行われないと踏んでいましたので予想外の決定でした。

    昨日は狙っている形にはならなかったので、ECB政策金利発表を待つ事に。
    予定通り1.3310にユーロ/円の買いでオーダーを入れていましたが、利下げ発表を受けてユーロは急落、ポジションを少なくして参加していたものの、昨日は大きく負ける形となっています。

    その後の米指標は好感される内容となり、ドルは買われる動きとなりましたね。
    ドルストレートは下げる動きになり、ドル/円は上げる動きで展開しています。

    ただ、債券価格が底堅い動きになったことでドル売りの流れになりましたね。
    ドルストレートは下げ止める感じになり、ドル/円は下げてくる展開になっています。

    株価が下げてくる動きになったことで円買いに動き、ドル/円は97.61まで下げてくることになりましたね。
    クロス円も大きく下げる展開となっています。

    日経平均が三角持合いの下限まで下げてきて、上に向かう動きとなっていますね。
    円相場はこちらに相関しているようですし、クロス円は底堅く推移するのではないかなといった印象ですね。

    ユーロ/ドルは週足の21日腺で下げ止める感じになっていますね。
    利下げでの下げ幅に対してもしっかりと戻していますし、一方的に下げるようなところではないと考えています。

    ただ、ドラギ総裁からの追加措置を思わせる発言が上を重くすると思いますし、ユーロ/ドルは方向感のない動きになりそうですね。
    米雇用統計で上げる動きになったとしても
    1.3480あたりで横ばいの動きになるのではないかなといった印象です。

    ドル/円は日足の行きすぎから反転してくる形になっていますね。
    4時間も下を示していますし、こちらは下げる動きになるのではないかなと考えていますが。

    直近の安値は底堅いところだと思っていますので、米雇用統計で下げる動きになったとしても、直近の安値で上げてくる動きになる印象を持っています。

    今日は米雇用統計がありますので、どういった結果になってどのように動くのかを見るしかないといったところですね。

    米雇用統計まではドル売り、円売りに傾くかなと考えていますが、参加できるような相場状況ではないので、今日は結果を待つ形を取りたいと思います。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    豪の貿易収支結果で豪ドルは上昇

    ただ、上は重い感じとなり、その後豪ドルはクロスで下げる動きになりましたね。

    RBA政策金利での声明が上を重くしているのがこちらの動きから伺えるといったところです。

    ユーロ/ドルは日足で行きすぎているところで、ECB政策金利が据え置かれるとの報道で底堅い感じになっていますね。
    こちらは1.3580を目指す動きになるのではないかなと考えています。

    ドル/円は直近の高値を更新する動きになると思っていますが、ドル売りの展開を考えていますので上は重い印象ですね。

    一目均衡表のねじれがひかえていますので、ねじれのところからドル売りが強く出るのではないかなと考えています。
    今日はわずかに上げる動きになって、高い位置でもみ合いになるのではないかなと思っています。



    昨日は22:30のロウソク足が確定後にポンド/円の買いでエントリーしましたが、ユーロが強く出る感じになってしまいましたね。
    ユーロ/ポンドでもユーロが底堅い動きになってしまいましたので、23:15のロウソク足が確定後に手仕舞う形を取っています。



    豪ドルは、雇用者数が市場予想を大きく下回ったことで下げる動きになっていますね。
    豪ドル/円、豪ドル/ドルの4時間は下を示していますが、一方的に下げていく印象はないところです。

    もう一段下げてくる動きになるとは思いますが、豪ドル/円の4時間の雲が下を支える感じになるのではないかなと考えています。

    今日は注目のECB政策金利発表がありますね。
    様子見ムードは米雇用統計まで続くと思いますが、欧州時間にドル売り、円売りの動きになるのではないかなと考えています。

    その後、高い位置で各通貨ペア小さな動きになるのではないかなといった印象ですね。



    今日はドル/円、クロス円、ユーロクロスの底堅くなったところからユーロ/円の買いでデイトレしたいと思います。
    それなりの値幅を取れるようならECB、米指標に参加したいと思っています。

    明日に米雇用統計をひかえている形ですので決済は今日中で考えています。

    ポジションを取れずにECBを迎えるようなら、直近の安値の少し下、または底堅そうなところからユーロ/円の買いでオーダーを入れてECB政策金利発表に臨みたいと思います。


    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    豪ドルが下げてくる展開に

    中国のHSBC非製造業PMIは市場予想を上回る結果になりましたが、豪ドルはその後にひかえるRBA政策金利発表を警戒して下げてくる動きになりましたね。


    RBA政策金利では市場の予想通り据え置きが示され、声明では豪ドルは不快なほど高い、といった内容がでる形となりました。


    10/28にスティーブンスRBA総裁から豪ドルはある時点で著しく下落する公算が高い、といった内容が出ていたのもあり、声明を受けて豪ドルは下げる動きになっています。


    ユーロ/豪ドルはRBA政策金利での声明で上げる動きになっていますが、上が重い展開となりその後は安値を更新していますね。
    こちらの動きからもユーロの弱さが伺えます。


    ユーロ/ドルは日足で行きすぎているところですが、もう一段下げてきそうな感じですね。
    1.3440くらいまで下げて行くのではないかなといった印象です。
    ただ、その後は上に向かう動きになるのではないかなと考えています。


    ドル/円は方向感の無い動きでとらえている感じですね。
    こちらはわずかに上げる動きになるかなと考えていますが、上が重くなったところから97.80くらいまで下げてくるかなといった印象です。


    ユーロ/ポンドはフィボナッチ61.8%を下に抜けてきましたね。
    一目均衡表の日足は下を示していますし、4時間でもねじれがひかえている感じです。
    ユーロ/オージーも日足でまだ下げていけるところですし、ユーロはもう一段下げる動きになるのではないかなと考えています。


    今日はドル/円、クロス円、ポンドクロスの底堅くなったところからポンド/円の買いでデイトレしたいと思います。
    さまざまな思いが入り組んでいるところですので、10/22の高値を上に抜けていくのは難しいかなといった印象ですね。


    ユーロ/ドルは1.3450辺りから買いが並んでいますし、そのまま下げていくようなら見送りで、いったん戻してユーロクロスで下げてくるようならユーロ/ドルの売りでエントリーしたいと思います。


    大きく方向が出るようなところではないですし、どちらも小さく取りにいく感じで参加したいと思います。



    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村

    各通貨小動きの様子

    今週ならんでいる沢山のイベントを意識して、どの通貨も小さく動く感じになりましたね。

    ユーロ/ドルは日足の安値を切り上げるラインまで下げた後、底堅い動きとなっていますね。
    ただ、戻りは弱く、まだ下に向かう動きで考えています。

    ドル/円は上が重く下げてくる動きになっていますね、こちらは直近の安値まで下げてくる動きになるかなといった印象ですね。

    今日は成田に友人を迎えに行くのでトレードはお休みしますね。
    ブログを読んで下さっている方々には薄い内容になってしまい大変申し訳ないです。

    明日は相場に参加しますので、しっかりとした内容のものを書きたいと思います。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村

    中国指標を好感して豪ドルは上昇

    その後、豪の小売売上高が予想を上回ったことで、豪ドルはさらに上に向かう動きを強めています。


    豪ドル/ドルは日足の調整といった感じで上げてきそうですが、ドル買いの思いが強いところかなと考えていますので、上は重いかなといった印象です。


    豪ドル/円も日足ではまだ下げていけるところですし、4時間の雲が上をおさえる感じになるかなと考えています。


    ユーロ/ドルは日足でまだ下げれる感じですね。
    こちらは日足の安値を切り上げるラインまで下げていくのではないかなと考えています。
    一目均衡表の雲もちょうどこの辺りにありますので、そのラインからはいったん上に向かう動きになる印象です。


    ドル/円はわずかに上げる動きになるのではないかなと考えていますが、日足のトライアングルが意識されているところですので、上に向かう動きについていくのは難しいところですね。
    こちらは持ち合いながらわずかに高値を更新する動きで考えています。


    ユーロ/ポンドが荒く値動きしそうなところですが、ユーロクロスの上が重くなったところから、ユーロが下げる動きで仕掛けてくる印象ですね。


    今日はドルストレート、ユーロ/クロスの上が重くなったところから、ユーロ/ドルの売りでデイトレしようと思っています。
    そのまま下にいってしまうよだとついていくのは難しいところですね。


    ユーロ/ドルの日足の安値を切り上げるラインで、安値が切り上がる動きになるようなら、オージー/円の買いでエントリーを考えています。
    こちらは株価が底堅く動くようならといった感じですね。

    今週は大きなイベントがたくさんありますので、今日はあまり動かないのではないかなといった印象です。

    明日のISM非製造業景況指数辺りで内容によっては動きがありそうですが、今日は小さく取りにいくのが良さそうかなと考えています。



    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村

    エリオット波動2

    エリオット波動における通常形では無いものについて触れたいと思います。

    まずはエクステンションですね、こちらは1、3、5波のいずれかで起こる事が多く、波動が更に延びるといった現象になります。
    こちらの現象が起こる場合、1、3、5波のいずれかで一度といった事が多い形です。
    エクステンションとは1、3、5波のうちの一つが、更に細かな5波動を形成する状態を指します。

    チャートはオージー/ドルの4時間足になります。

    エリオットオージ1


    4波が1波の高値を下回らなかった事で、4波動形成を確認、3波が一番小さくなる事は無い、の条件から5波の長さも合っている事で、こちらの5波目の形成終了後、a波を狙いに行くトレードに切り替える所ですが、5波目形成の後に高値を更新する動きとなっていますね。

    つまり、基本の定義から外れたという事がこの時点で分かります。
    エクステンションの定義は1、3、5波のうちの一つが、更に細かな5波動を形成、こちらのチャートの場合ですと、5波目だと思っていた位置を更新した波動が「更に細かな5波動目だった」という事になります。

    したがって、チャートの見方はこのように変わります。

    エリオットオージ2

    ①、②、③、④、⑤のエクステンションを一つの波動と見て、こちらを3波と見なす形になりますね。
    こちらを知っていて有利な点は、更なる上昇を考える事が出来るといった所ですね。
    またa波を狙うトレードに警戒の意識を持つ事が出来るといった点です。
    基本となる上昇5波、下降3波しか知らなかった場合、③の時点で5波形成終了といった頭が強くなってしまいます。

    情報が無いのですから、⑤の高値更新の動きはなんだろう、と思いつつも売り場のみを探す形のトレードになっている事でしょうね。
    実際の4波をa波だと思い込んでいる事で、下へのエクスパンションについていってしまう、といったリスクを取る可能性が高まってしまうという事になります。

    エクステンションは1、3、5波のいずれかに入っている事がかなり多い為、エリオット波動を使用するに当って、備えておいた方が良い知識だと言えます。
    また、エクステンションが1、3、5波のいずれかの一つにしか入っていないのであれば、逆手に取った予想を行う事が出来るのですよね。

    1波、3波で通常の波動が形成されるようであれば、5波目でエクステンションする可能性を考える事が出来ますし、1波目、3波目でエクステンションするようなら、5波目のエクステンションは無いと考える事が出来きるという事になりますね。


    基本パターンに当てはまらないものの次がフェイラーですね。
    こちらは3波を5波が超えられなかったパターンを指します。
    下降トレンドでは3波目の安値を割る事が出来なかった状態を指す形ですね。

    フェイラー1


    ダブルトップ、ダブルボトムと言われる形となり、相場の転換として見られたりもする形です。
    3波の高値を更新する事が出来なかったのを見て、こちらの可能性を考える形となりますね。
    3波の高値を更新できずに下げて来るようなら、その後の押しの弱さを確認後にa波を狙いに行く形ですね。
    ターゲットは4波で作られた安値という事になり、こちらを下に抜けて行くようならセオリー通り下へのエクスパンションについて行く、といったトレードを考える事が出来ます。

    次はイレギュラートップの紹介になりますね。
    こちらは5波の高値をb波が超えてしまうといった状況ですね。
    上昇意欲の強いトレンドが形成されている時に起こる事がありますが、こちらを見分ける事は非常に難しいといった所ですね。
    エクステンションに考えが行ってしまう事で、結果的にイレギュラートップだったのではないかな、といった見方になる事が多い感じです。


    イレギュラー

    次に斜行三角形のダイアゴナルトライアングル、こちらはウェッジと呼ばれるフォーメーションパターンで5波、またはC波のみに現れる特殊な形ですね。

    ダイアゴナル

    エクステンション同様一つの波動が更に細かな5波を形成する形ですね。
    斜行三角形の形状を取るようならダイアゴナルトライアングルの可能性を考える形となります。
    ダイアゴナルトライアングルはトレンドの終わりを示すものとされていますので、こちらが形成された時点で天井付近、底付近に現在いるといった見方を行う事が出来るようになるのですよね。

    波動の見方は慣れるまでに時間が掛かる上、見る人によって捉え方が異なるといった形ですので、エリオット波動に対しては否定的な意見も多いです。
    ただ、市場が意識している材料である事に間違いはなく、個人的には使えるものだと捉えていますね。
    市場が意識しているのであれば意識する必要がありますし、他の指標、経済状況と合わせる事で、十分武器になると考えています。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ユーロの下げが強く出る形

    ユーロはCPIの結果から利下げの思いが強まる感じになり、昨日もその思いを引き継ぐ形で下げる動きとなりましたね。


    下げすぎた調整といった感じでユーロ/ポンド、ユーロ/オージーは安値を切り上げる感じになっていますが戻りは弱いですね。
    再度直近の安値を試しにユーロが下げてくる動きになるのではないかなと考えています。


    ユーロ/ドルは日足でまだ下にいける感じですね、こちらは日足の安値を切り上げるラインまで下げていきそうですね。


    ドル/円は持ち合いの展開がを考えていますが、ドル買いが強くでるかなといった印象を持っていますので、わずかに上げてくる動きで考えています。


    昨日は株価が底堅い動きになっていましたので、ユーロ/ドルに切り替えて売れるところを待つことに。
    18:15のロウソク足が確定後にユーロ/ドルの売りでエントリーしましたが、小幅な動きになってしまいましたね。


    オージーが上げる動きになり、ポンドが下げる動きといった感じで荒い値動きになっていましたので、20:45のロウソク足が確定後に手仕舞う形を取っています。


    ドル買い優勢の流れはまだ続くのではないかなといった印象ですね、今のところユーロ/ドルの売りで参加するのが良いかなと考えています。



    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村
    プロフィール

    上山康浩

    Author:上山康浩
    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    FX専業トレーダーの上山康浩と申します。
    デイトレを基調としたスタイルで、ファンダメンタルとテクニカルを用いた裁量トレードを行っています。

    1時間足、15分足、5分足が主でして、相場状況によってはスキャルピング、スイングも行う形です。

    用事や体調不良を除いては、月曜から金曜まではPCの前で記事を読んだり、チャートを追ったりというような生活を送っています。

    ブログの更新時間を変更致しました。
    相場が本格化する欧州時間に間に合わせる形で、当日の昼までにブログの更新を行いたいと思います。

    最新記事
    カテゴリ
    FXの基本項目
    トレードを始める前に、知っておかなければならない基本的な知識ですね。
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    ニュース
    よく閲覧しているニュースサイトです。
    Market Win 24、FX WAVE、GI24などと合わせて活用しています。

    ●ロイターニュース


    ●日経新聞


    ●済龍CHINAPRESS



    ●ウォールストリートジャーナル


    ●YAHOOニュースBUSINESS
    予想グラフ
    投資家の心理が、どういった方向に偏っているのかを掴むのに役立つグラフですね。


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    経済指標カレンダー
    重要度が細分化されていますので使い勝手が良いです。

    各国市場の休日
    乏しい値動きになりそうだな、なとどいった予測を立てやすくなりますので、抑えておいた方が良い項目ですね。

    各国市場の休日
    政策金利
    直近だけでは無く、過去にさかのぼってのデータが記してありますので、非常に見やすい作りとなっています。

    政策金利 
    シカゴIMM通貨先物ポジション
    金曜日の取引終了後に、火曜日時点の値が公表される形ですので遅れを考慮する必要がありますが、通貨がどういった偏りになっているのかを見るのに役立ちます。

    シカゴIMM通貨先物ポジション 
    チャート
    金や原油、米、独、英、日の株価、米国債といった様々なチャートが用意されています。
    相互チャートで開くと、ラインを引いたり、指標を使ったりが可能になりますので非常に使い勝手が良いです。

    チャート 
    企業決算・国債入札予定日
    国内外の企業決算や国債入札の予定が経済指標と合わせて記載されています。

    企業決算・国債入札予定日 
    国債金利チャート
    問題を抱える国
    アクセスランキング
    オートリンクネット
    アクセスアップの裏技:オートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら 裏情報暴露大公開します
    ネットで儲ける時代

    BBS7.COM
    MENURNDNEXT
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。