スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村

    豪指標にオージーは上で反応

    豪の民間部門信用は市場予想よりも強い結果となり、オージーはこちらを受けて上昇する動きとなりましたね。
    注目度の低い指標だった事もあり、上昇幅は限定的なものとなっています。

    オーストリア中銀のノボトニー総裁から、金利は今後も現行水準か低下する、現行のガイダンスの下でも利下げは可能、といった内容にユーロは下げる形で反応していますが、下げ幅は限定的といった様子ですね。
    良好な経済が利下げを排除といった思惑もある所ですので、一方的にユーロが下げて行く動きにはならないと考えています。


    英指標はまちまちの結果となりましたが、こちらにポンドは下げる形で反応していますね。
    月末要因のユーロ買い、ポンド売りの流れになったようですが、こちらも一方的に方向が出るような動きにはなっていないです。
    対ユーロでは下げ幅を解消する動きとなり、対オージーではもみ合い、対ドルではドル買いに動いた事で下への意欲が強い動きとなっていますね。

    今日は、一方的なリスク回避の動きにはなっていないものの、リスク回避の思惑が強い値動きとなりましたね。
    状況と値動きからポンド/円の買いの考えは解除する形を取っています。
    円相場に買いで入る事が出来ないような値動きとなってしまいましたので。
    20:00の足が確定後にオージー/ドルの売りでエントリーしましたが、動意の薄い様子となっていましたので、予定通り保有時間を短くといった感じで20:30の足が確定後に手仕舞う形を取っています。
    その後、米指標を見て入れる所を待ちましたが、エントリー出来る形になる事はなかったので様子見する形を取っています。

    弱い米指標を受けてドルは買われる動きに、円も買われる動きで反応する形となり、ドルストレートは下げる形、ドル/円は方向感の無い動きとなりましたね。
    終わり値を見て再度考えたいとは思いますが、ドル買い、円買いの流れが一旦強く出る展開になるのではないかなといった印象ですね。
    ポンドが高い位置に来ていますので、ポンド主導で下を壊しに来る展開も考えられますね、エクスパンションについて行くのが難しい状況ですが、ポンドクロスの上が重くなるようなら、ポンドを売るリスクを取っても良いような所だと考えています。
    いずれにしても米雇用統計が意識されている所ですので、状況的に今は小さく取りに行く形で考えるのが良さそうです。
    また日曜の夜に更新致しますね。

    ランキングに参加していますので、クリックして頂けたら幸いです。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト


    テーマ : FXデイトレード
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    シリア情勢に対しての地政学リスク

    こちらの材料を背景にリスク回避の動きとなったようですが、米国や同盟国の介入は深入りしないものとの見方、また国連調査団が、調査完了に4日を要するとの見解を示した事で、急速な軍事攻撃に対しての懸念が一先ず後退した事からリスク回避の動きは一服といった形となっていますね。

    英中銀カーニー総裁からのフォワードガイダンス停止の可能性を受けてポンドは上昇する動きとなりましたね。
    対ドルで上は重いものの、対ユーロでは強い形を継続、対オージーでは上も重く、底堅くといった展開となっています。

    ドイツの景況感指数は市場予想より強い結果となり、CPIも予想通りと弱くない形、失業者数も予想より強い結果となっている事でユーロが弱いといった印象は無いですね。
    ギリシャへの懸念、イタリアに対する政局不安などからユーロの上は重い展開となっていますが、一方的に下げて行くような所ではないと考えています。

    ユーロは対ドルでは日足の50日腺が支えている形となっていますね。
    テクニカルの方向は下を示している形で、日足の中期的な方向も下に傾き初めています。
    4時間の中期、長期の方向は下といった形となり、波動ももう一段の下げを示しているような所ですね。
    週足、日足の一目均衡表は陽転といった形ですので、経済指標によって利下げは排除といった発言も出ているような所ですし、こちらは持ち合いといった印象ですね。
    一方的な動きにはなりずらいと考えていますが、僅かに下げて行く方が優勢かなと考えています。

    ポンド対ドルは弱いロウソク足が日足で続いていますが、28日に半目で押し返す形となっていますね。
    日足の200日線、21日腺が底を支える形となり、日足の中期的な方向は上といった形、テクニカルでは反転しても良いような所まで下げてきていますね。
    一目均衡表の日足は陰転といった感じで上も重いといった印象ですし、こちらも方向感の無い動きとなりそうですね。
    ポンド対ドルももみ合う展開になるのではないかなと考えています。

    オージー対ドルは月足の100日腺を下に抜ける動きとなっていますね。
    日足のボリンジャーバンドはボックス形成といった感じで、まだ下げていけるような形となっています。
    4時間の中期的な方向も下にありますし、波動で見てももう一段下げていけるような形を取っていますね。
    こちらは8/5の安値を試しに行く動きになるのではないかなと考えています。

    英中銀総裁の発言を受けてポンドが強く出る動きとなり、対ユーロでは上昇幅を拡大している展開となっていますね。
    日足の方向も上といった感じで4時間の中期的な方向も上を示している形です。
    ポンドは対オージーでも強い形となっていますね、週足での行きすぎが警戒されているような所ですが底堅さは依然として保たれている所ですし、こちらも方向は上といった感じで捉えています。
    ユーロ対オージーは上は重く、底堅くの展開といった所ですね。
    ドイツ指標の内容にユーロは上で反応していますが、上が重い様子となっている形、ユーロとオージーの投機的な動きが目立つ所から、こちらに方向感は無く、一旦下を試しに行った後もみ合う展開になるのではないかなと考えています。

    リスク回避といった感じ円買いに動きましたが、そちらの動きは一服といった感じで下げ止めている展開となっていますね。
    国連調査団からの4日間を要するとの内容が出ている事で、過度の円買いに動くような所では無いですし、ドル/円は方向の無い形となっていますが、僅かに上方向優勢といった感じで展開するのではないかなと考えています。

    明日はユーロ圏の指標を見た後にエントリー出来る所を探す形となりますね。
    ユーロが上げてくるようなら上が重くなった所からユーロ/ドルの売りで、ユーロが下げて行く展開になるようなら戻った所をオージー/ドルの売りで、ドルストレート、クロス円の底堅くなった所からポンド/円の買いといったデイトレで考えています。
    シリア絡みの報道で動いてしまうような相場状況となっていますので、小さく取りに行く形が良さそうですね。
    保有時間も短めといった感じで為替相場に臨みたいと思います。

    ランキングに参加していますので、クリックして頂けたら幸いです。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    成田到着

    帰りの方が入国がスムーズに行くので若干楽ですが、それでも12時間の飛行というのはこたえますね。
    同じ体勢で長時間過ごしたので節々が痛いです。

    早い時間の帰りで相場に臨みたいような気持ちになりますが、時差の影響もあって眠気が凄い事になっていますね。
    報道もチャートも終えていないような形ですので、今日も為替相場への参加は控える形を取りますね。

    とりあえず帰宅してから一度寝て、それからニュースとチャートを追いたいと思います。
    明日の相場は参加出来るようなら参加したいですね。
    ブログの方は明日の夜にしっかりしたものを書きたいと思います。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : デイトレード
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    テムズ川周辺を散歩

    国会議事堂やビッグベン、寺院といった感じで有名な建造物が沢山あるという事もあり、テムズ川周辺を散歩した後、テイトモダン、タワーブリッジといったコースで観て回る形を取りました。
    image_20130827091809db4.jpg

    image_201308270918442b1.jpg


    テイトモダンでは流石アートに強い国といった感じですね。
    ピカソ、ゴッホ、モネ、ターナー、といった有名画家の作品が無料で公開されていました。
    展示作品の数も充実している形で、入場料を十分に取れる内容となっていましたね。

    image_20130827091925c4c.jpg

    image_20130827091958cbf.jpg


    為替はドルストレートに方向が無く、ドル/円、クロス円は方向を僅かに下に取る形となっていますね。
    状況的にドルストレート、ドル/円、クロス円の方向は上に向かう形が優勢かなといった印象ですね。

    明日はロンドンから発つ形になりますので、ブログの方をお休みさせて頂きますね。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    フィッシュ&チップス

    代表料理という事で、フィッシュ&チップスを食べてみる事に、ロンドンで一番人気となっているお店に足を運んでみましたが、こちらはなかなか衝撃的な食べ物でしたね。
    食べている最中に何時間か後の胸焼けを心配したのは始めての事です。
    image_20130826074919e9a.jpg


    100年以上続く老舗のデパートは外観、内観共に私の知っているデパートとは異なるものとなっていましたね。
    趣のある雰囲気は何とも心地よく、こちらでお土産の大半を揃える形にしています。
    image_20130826075213176.jpg


    為替相場はドル売り、円売りの流れになりそうな印象ですね。
    ドルストレートの方向は上、ドル/円、クロス円の方向も上といった感じになるのではないかなといった印象を持っています。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    オックスフォード周辺

    ロンドンから少し離れたオックスフォードへ行ってみる事にしました。
    こちらも街が綺麗という事で観光の名所になっているようですね。
    世界一古いとされる美術館やオックスフォードにある大学を回ったりと、歴史ある作品や建造物を観る事が出来てとても楽しかったですね。
    image_201308242011374df.jpg

    image_20130824201243402.jpg

    image_20130824201559220.jpg


    食事はパン食といって感じがどうしても増えてしまいますね、今日もオープンサンドイッチといった感じで本日3回目のパンを食べている所です。

    image_20130825062808256.jpg

    為替は欧州当局者の利下げに否定的な発言を受けて、ユーロが上昇する展開となっていますね。
    QE9月縮小の思惑は米の新築住宅販売が市場予想を下回った事で後退しているようです。
    ドルストレートの方向は上、円相場も底堅く推移といった展開は続くのではないかなといった印象ですね。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ウィンザー城へ

    ロンドンからバスに乗り、今日は早起きする形でウィンザー城へ行ってきました。
    華やかな王室には数多くの絵画が展示してあり、ブリューゲルの作品なども置かれていたりでとても
    楽しい時間を過ごす事ができました。

    その後はウィンザー城から更に2時間くらい掛けてストーンヘンジを観に行く事に。
    様々な説があるようで、こちらがどのようにして出来たのかの真相は未だに分からないようですね。

    image_20130824071106e08.jpg


    為替は円買いの動きに傾いたようですが、円相場は依然として底堅さを保っていますね。
    ドルストレートも底堅く、ユーロ、オージーは方向を上に取っています。
    ポンドがクロスで下げる動きとなっていますが、こちらは調整といった所でしょうね。
    ドルに関しては売られる展開が続くのではないかなといった印象ですね。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ブラウンズホテルへ

    せっかくのロンドンという事で、有名なブラウンズホテルでのアフタヌーンティーを楽しんできました。
    サンドイッチ、スコーン、デザート類はとても美味しかったのですが、サービスで頂いたバターケーキはかなりしんどかったですね。
    こってりし過ぎているので胸焼け必至といった物のいった所ですね。
    ケーキ
    その後、ミュージカルのウィーウィルロックユーを観にドミニオンシアターへ、こちらはQUEENの楽曲から展開した作品ですね、QUEENが好きという事もあり、とても楽しい時間を過ごす事ができました。

    FOMC議事録では結果を受けてドル買いに動いていますね。
    ドル/円は方向を上に取り、クロス円も方向を上に取る形、円売りの動きも目立っている様子です。
    週末の調整なども絡んで投機的な動きが強く出そうですが、リスクオンの地合い継続といった形になるような印象はありますね。

    明日はウィンザー城、ストーンヘンジを観に行ってきたいと思います。

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ロンドン到着

    12時間のフライトという事で、到着してすでに疲れ切っているような状態ですね。

    ニュースも値動きもまるで追えていない形ですので、ホテルに着きましたらそれらを大まかに追いたいと思います。

    とりあえず今日の所はホテルでゆっくり過ごして、明日からのロンドン観光に備えたいと思いますね。

    為替相場はFOMCの議事録の内容待ちといった感じで、方向感のない展開が続くのではないかなといった所ですね。
    日本時間22日の早朝3:00、FOMCの議事録の内容とそれに対しての値動きに注目といった感じですね。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    オランダの格下げの可能性

    こちらはユーロにとって悪材料といったものになりましたが、ドイツ連銀からのドイツ経済は正常な状態を回復しつつある、といった内容が出た事を好感してユーロは底堅く推移する展開となりましたね。

    豪中銀の議事録では、追加の利下げの可能性がある内容となった事でオージーは下げてくる動きとなりましたね。
    早期の利下げ観測の後退や材料の出尽くしといったものを背景にオージーは発表直後に上げる動きとなっていますが、その後は利下げの可能性の方に反応する形で下げる動きとなっています。

    今日は19:30の足が確定後にドルストレート、ユーロクロスの上が重くなる形となりましたのいで、こちらの足が確定後にユーロ/円の売りでエントリーしました。
    深追いするような所ではないので、ドルストレート、ユーロクロス、円相場が底堅くなった20:30の足が確定後に手堅く手仕舞う形を取っています。

    その後、相場はドル売りの展開となり、米シカゴ連銀全米活動指数が市場予想を下回った事を受け、ドルストレートは上昇する形で反応しています。
    市場の注目は21日のFOMC議事録に集まっているといった所で、それまでは方向感の無い投機的な動き主導の展開になるのではないかなといった印象ですね。

    明日から28日までロンドン旅行といった感じになりますので、ブログを読んで下さっている方々には大変申し訳ないのですが、その間、為替についてのブログをお休みさせて頂きますね。
    29日は時差などの影響で相場に臨めるような集中力は無いと思いますし、30日の相場から参加出来たらなと考えています。
    ワイファイ環境がどういった感じになるのか分からないのですが、あちらでの状況を、投稿出来るようでしたら何か書き込みしたいと思いますね。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    東京時間、欧州時間序盤は円売りの展開

    東京時間にオージーが上げてくる動きとなり、欧州時間にドル売りといった感じで相場は展開しましたね。
    バーナンキFRB議長の後任に、緩和に慎重派とされているサマーズ前財務長官の可能性が高まった事でドル売りの地合いは継続される形となっています。

    ギリシャの経常収支が前月から黒字幅を大幅に拡大した事を好感してユーロは上げてくる動きとなりましたね。
    対円では直近の持ち合いを上に抜ける形となり、対ドルでは直近の高値を試す動きに、対ポンドでも上に動きましたが、こちらは上が重くその後上げ幅を解消する動きに、対オージーではオージーが下げる動きになった事で大きく上昇する動きとなっていますね。
    持ち合いの上限付近まで上げる動きとなり、こちらは高い位置を保っている形となっています。

    今日は19:15の足が確定後にエントリーできる形になりましたので、ユーロ/円の売りでエントリーしました。
    ユーロ対オージーが上に動く形となり、ユーロ対ポンドも方向感のない展開に、21:15にポンド/円が直近の安値を更新する動きとなり、オージー/円も底堅いロウソク足を形成しましたので、こちらの足が確定後に手堅く手仕舞う形を取っています。

    ポンドが上を試す動きとなっていることでドルストレートは底堅い展開となっていますね。
    ただ、ポンド対オージーの上は重い様子といった感じで、オージーは対ドルで下げる動きとなっています。
    ユーロ対オージーは持ち合いの動きとなっていますが、一方的に上を目指す動きとなるような所ではないと思いますし、こちらはレンジの動きになるのではないかなと考えています。

    QE9月縮小の折り込み済みといった思惑が強い所ですが、5年にわたって続けられてきた量的金融緩和の終了により、どのような影響が出るのかというのは不透明な所、折り込みきれていない状況といった所でドル売りに動いてはいるものの、リスク回避の動きに転じても良いような所といった感じになっていますね。
    ただ、ドルストレートは底堅い所でもあり、大きく値を崩してくるような印象もないといった感じです。
    22日のFOMCの議事録に注目が集まっている形で、こちらの結果を様子見するトレーダーが多く、方向感の乏しい展開が続くのではないかなといった印象ですね。
    投機的な動き主導といった展開で考えていますので、上下どちらのエクスパンションについて行くのもリスクの高いような所といった感じです。

    明後日からロンドンの方に旅行に出てしまいますので、明日は欧州時間のみのトレードで考えています。
    明日はユーロ/円、オージー/円の売りを、状況に合わせて選択する形のデイトレを考えています。
    状況的に深追いするような所ではないといった印象ですので、明日も小さく取りに行く形で為替相場に臨みたいと思います。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    良好な指標が続けばQE縮小

    また経済の改善に伴い債券利回りが上昇、といった内容がフッシャー・ダラス連銀総裁から出ていますね。
    9月にQE縮小の思惑がある中、こちらの発言は背中を押すような内容のものとなっています。
    現状の値動きに対しても当てはまるものだと捉えれば、ドル買い意欲を強めるものになるといった印象ですね。

    米の住宅着工件数、建設許可数は市場予想を下回り、こちらの結果に対してドルは売られる形で反応しましたね。
    ただ、その後のミシガン大学消費者信頼感指数が市場予想を下回った結果に対しては、一旦ドルストレートは上で反応する動きとなりましたが、上が重く下げる動きへと転じています。
    ドル/円は指標結果に従って下げる動きとなっていますが、円売りの動きに支えられて下げ止めている形となっていますね。

    ユーロ対ドルは月足の50日腺が上を抑えている形、上の重い動きとなっていますが、日足の中期的な方向は上、4時間でも同様の形となっています。
    一目均衡表の週足では雲が底を支える形となり、日足では陰転となっているものの、4時間の方向は上を示している形となっています。
    もちあい?

    ポンド対ドルは週足の100日腺が上を抑えている様子となっていますが、1時間の波動ではもう一段上を目指せるような形といった印象ですね。
    日足の行き過ぎは警戒されている所ですが、カーニー総裁からの発言で底を支えられている形、また英指標が良好な事で大きく値を崩すような所では無いといった印象です。
    一目均衡表の日足は陰転といった様子ですが、4時間の中期的な方向が上を示している形、一目均衡表の4時間は陽転といった形を取っていますので、こちらも持ち合う展開になるのではないかなといった印象ですね。

    オージー対ドルは月足レベルの行き過ぎから反転している所ですね。
    中国指標の改善をきっかけにオージーは強く出る動きとなりましたが、対ポンドでは上が重いかなといった印象ですね。
    テクニカルでの日足が上げ幅を残している様子といった感じで、一目均衡表の4時間も陽転している形、ポンドの方向を上で捉えてはいますが、一旦はオージーが強く出る動きになるのではないかなと考えています。
    オージー対ドルの日足での動きは底堅く、といった感じの動きとなり、一目均衡表の4時間は陽転といった形、テクニカルでも上昇幅をまだ残している形で、4時間の中、長期の方向は上を示している様子、一目均衡表の日足の雲が上を抑えるといった印象で、こちらも上が重く底堅く、持合いの展開となる印象ですね。

    ユーロ対ポンドは日足のフィボナッチ61.8%を一旦割る動きとなっていますね。
    こちらの位置で反転して底堅く推移していますが、上も切り下げるラインが重く、下に押し返される動きとなっています。
    ドイツ、ユーロ圏指標が良好な結果となっている所で、ユーロが一方的に弱いといった印象は無いものの、欧州経済に関しての雇用環境は依然として悪いままですし、利下げの思惑もQE縮小のタイミングを見計らっているといった思惑が十分にある所といった感じですので、ポンド優勢といった印象ですが、波動は調整をクリアしたような動きとなっていますし、こちらは方向感の無い相場模様になるのではないかなと考えています。

    ユーロ対オージーは月足のフィボナッチ38.2%が上を抑える形となり、日足の切り上げるラインまで下げてきていますね。
    ただ、日足の中期的な方向は上といった感じで、下への行き過ぎが警戒されている所、ポンド対オージーは月足の50日腺が上を抑える格好となり、週足での行きすぎが警戒されている所ですね。
    日足、4時間の中期的な方向が上にある事で、ポンドが強く出る動きを考えていますが、一方的にポンドが上に行く動きになる所では無いような所といった感じです。

    ポンド、オージー主導で投機的な動きになる可能性が高いような印象ですね。
    ドルストレートは持ち合う展開になるのではないかなといった所で、ドル/円、クロス円は下げる動きになるのではないかなと考えています。

    明日はオージ/円、ポンド/円を状況に合わせて売る形でのデイトレを考えています。
    目立った指標も無く、投機的な動きが強く出る印象ですので、上下どちらのエクスパンションについて行くのも難しい所ですね。
    ドル売りの動きで展開して行くようなら、上が重くなった所からオージ/円、ポンド/円のどちらかを売る形で、オージー先行で下げるようならオージ/円でエントリー、ポンド先行で下げるようなら、ポンドの下げ止まりを待ってオージー/円の売りでエントリー、ドル買いで展開して行くようなら一旦戻りを待ってポンドクロスが高い位置にあるようならポンド/円の売りで、オージークロスが高い位置にあるようならオージー/円の売りでといった感じで考えています。
    ユーロ先行で下げる動きになるようで、ドルストレートが高い位置にあるようならポンド、オージーの売れる所を待つ形で、ユーロが上げて行く動きになるようなら、上が重くなった所からユーロ/円の売りでと考えています。
    投機的に上下のストップを壊しに行く動きが強く出そうな所ですので、どの通過が先行して動いているのかを追う必要がありますね。
    値動きの乏しい展開を想定していますので、明日も小さく取りに行く形で為替相場に臨みたいと思います。

    ランキングに参加していますので、クリックして頂けたら幸いです。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ドル売りに傾く

    昨晩はドル売りが強く出る展開となりましたね。
    報道では、特別材料となるようなものが出てきたわけではないといった形で、ストップを巻き込んでの動きと出ています。
    ユーロ対ドルは意識の強かった1.3320を上に抜けて来る展開に、ポンド対ドルも日中の高値を更新する動きとなり、オージー対ドルも連れる形で上昇する展開となりましたね。
    円側からは特に目立った動きは無く、ドル/円もドル売りが強く出た事で下げる動きとなりました。

    東京時間、欧州時間序盤はオージーが上昇する動きで相場は展開しましたね。
    対ユーロでの日足の方向は上といった感じ、4時間の中期的な方向が上となっている形で、波動で見てももう一段上げていけるような所ですね。
    一目均衡表の4時間も陽転といった形で上を示していますし、こちらはもう一段上げて行く動きになるのではないかなと考えています。

    対ポンドでもオージーは強い形となっていますね。
    英の小売売上高をきっかけにポンドが上昇する展開となりましたが、上昇幅はほぼ解消する形でオージーが強く出る動きとなっています。
    テクニカルでの日足の方向は上といった感じで、月足の50日腺が底を支えている形、4時間の波動でもう一段上げていけるような形を取っていますし、こちらもオージーが上を目指す動きになるのではないかなと考えています。

    ユーロ圏の貿易収支は市場予想を上回り、CPIは市場の予想通りといった結果となりましたが、ユーロは僅かに上で反応する程度で特に値動きには影響していない様子ですね。
    今日は19:45の足が確定後にユーロ/ドルの売りでエントリーしましたが、ポンド、オージーに支えられてしまい持ち合う展開となってしまいました。
    米指標が控えている形でしたので、21:15の足が確定するのを待たずに僅かながら損切りする形で手仕舞う形を取っています。

    米の住宅着工件数、建設許可数は市場予想を下回る結果となり、こちらを受けてドルは売られる展開となりましたね。
    ドルストレートは上昇、ドル/円は下げる動きで反応しています。
    その後、米ミシガン大学消費者信頼感指数は市場予想を下回る結果となり、ドルは再度売られる動きで反応しましたが、ドルストレートは上が重く下げてくる動きとなっていますね。
    ユーロ主導で下げてくる動きとなっていますが、投機的にポンドで下げてくる動きが見られたりと、週末模様といった相場展開になっています。

    エントリー出来る所を待ってはみましたが値動きが荒く、また昨夜のドル売り展開が何ともやりずらい相場模様を作っている事で、その後のトレードは控える形を取っています。
    一旦今日の終値を見て再度分析する形になりますね。

    また日曜の夜に更新致しますね。

    ランキングに参加していますので、クリックして頂けたら幸いです。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    東京時間は円買い、ドル売りの展開に

    欧州時間は円売り、ドル売りといった感じで相場は展開しましたね。
    菅官房長官や麻生財務相からの、法人減税を否定する発言が円買いの動きを誘ったとの事です。
    ただ、円買いの動きは限定的といった感じで、円相場は底堅く推移する動きを取っていますね。

    英の小売売上高は市場予想を上回る結果となり、こちらを受けてポンドは上昇する動きとなりましたね。
    ポンドは良好な指標結果が続いている事を好感して、対ドルでは指標発表前に直近の高値を更新する動きとなっています。

    今日はオージー対ドルが4時間の200日腺の位置で上が重くなり、ポンド対ドルも上が重い動きに、オージーがクロスで下げてくる動きとなりましたので、オージー/ドルに切り替える形で19:00の足が確定後に売りでエントリーしました。
    投機的に下を壊しに来る可能性が高いといった所でしたので、直近の安値に差しかかった19:40の足が確定後に手堅く手仕舞う形を取っています。

    その後、ユーロ/ドルの売りで入れる所を待ちましたが、エントリー出来る形になったのが21:15、米指標直前といった感じでエントリー出来る所ではなく、結果と値動きを見る事に。
    米CPIは市場の予想通りの結果となり、新規失業保険申請数は市場予想より良い32万件といった結果となりましたね。
    こちらを受けてドルは買われる展開となり、ドルストレートは下げる形、ドル/円は上げる形、同時にユーロが売られた事でユーロ/円の上は重い動きとなり、オージーも売られた事でオージーはクロスで下げる形となっています。

    ユーロの売りが強く出るようなら、戻った所をユーロ/ドルの売りで狙いたいなと考えていましたが、オージーを売る動きが強く出た事でトレードは終了する形を取っています。
    続く米の鉱工業生産は市場予想を下回り、こちらを受けてドルは売られる動きで反応
    しましたが、ドル買い意欲の方が強く、ドルストレートは再度下を試す動きに、ドル/円も底堅い形となりましたが、ユーロとオージーが下げる動きとなった事で、ドル/円の上も抑えられる形となっています。

    フィラデルフィア連銀製造業景況指数は市場予想よりも弱い結果となり、こちらも鉱工業生産発表時と同じような値動きを取っていますね。
    ドル/円はCPI、新規失業で上げた上昇幅を解消する動きとなり、東京時間に作られた安値付近まで価格を下げていますね。
    状況的にはドル買い継続、また円買いに傾いて行く所といった感じで捉えている所といった感じですね。

    ユーロ対オージーはレンジの上まで迫っている所ですし、ユーロ対ポンドはまだ下を狙えるといった印象、明日はユーロ/ドルの売りでデイトレしたいと思います。
    オージー対ドルが4時間で底堅い動きとなっている事から、オージーに切り替えての売りも難しい所ですね。
    明日はユーロ/ドルの売りに限定する形で、ドルストレート、ユーロクロスの上が重くなった所のみを待ちたいと思います。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    フランス、ドイツのGDPは市場予想を上回る結果に

    こちらを受けてユーロは上昇する展開となりましたね。
    保有していたユーロ/ドルの売りポジションはこちらの上昇で切られてしまう形となりました。
    ユーロは上昇する動きで反応したものの、上昇幅は限定的といった形、大きな材料扱いされる内容にならなかった事で、その後ユーロは下げる動きとなっています。

    英の失業者数は2万9200人減と、市場予想の1万5000人減に対し大幅に上回る結果となりましたね。
    こちらを受けてポンドは大きく上昇する動きとなっています。
    ただ、対オージーでは上が重く、上昇幅をほぼ解消する所まで下げてきていますね。
    ドル買いの流れになりやすいような状況下でポンドが上げて来る形となり、オージーも上げて来る展開に、円は売られる形となってユーロは下げて来る展開と、手を出すのが難しい相場模様になってしまいましたね。

    状況的にポンドやオージーを買いたいと思える所では無いですし、円相場も手を出したくないような所、ユーロ/ドルで売れる所を待ちましたが、リスクが高すぎる相場模様となってしまいましたので、ポンド/ドルが切り下げる動きなるのを待つ事に。
    ポンドの対ドルでの上昇は強いものとなり、一向に切り下げる動きにはなりませんでしたね。
    エントリー出来る形にならなかった事で、今日は見送る形を取っています。

    米のPPIは市場予想を下回る結果となり、こちらを受けてドルは売られる動きとなりましたね。
    値動きからドルストレートの上は抑えられる展開になると考えていましたが、ポンド対ドルは更に上昇幅を拡大する展開に、オージー対ドルも同様に上昇する動きとなっています。
    ドル/円は下げる動きで反応していますが、下げ幅は限定的といった形、クロス円の値動きから円売り意欲の強さが伺えるといった所ですね。

    ユーロ対ポンドは日足で行き過ぎている所ですが、こちらはまだ下げていけるような所といった印象ですね。
    ユーロ対オージーも方向は下といった感じで捉えています。
    ポンド対円の上は強く意識されるようなラインは無いものの、4時間の調整をきっかけに円買いの動きに転じるのではないかなと考えています。
    今の所考え方は昨日ブログで書いた内容と変わらない形ですね。
    米指標が弱い結果になるとの見方が強い事から、英の小売売上高に対する期待といった感じでポンドが上に向かう動きになりそうな所ですが、値動きからQE9月縮小の思惑に傾いているような所ですので、ユーロ/ドルの売り場を探すのが最善かなと考えています。

    明日はユーロ/ドルの売りでデイトレを考えています。
    ポンド対オージーは持ち合う展開となっていますが、こちらはオージーが強く出る形になるのではないかなといった印象ですね。
    オージーが対ドルでフィボナッチ61.8%の位置を試しに来る動きになるのではないかなといった感じですね。
    4時間の200日腺と重なる形となっていますので、オージーの動きに注目が集まっているといった所ですね。
    深追いするような相場模様では無いといった所ですので、明日は小さく取りに行く形で為替相場に臨みたいと思います。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ドイツのHICP、CPIは市場の予想通りの結果

    こちらに対してのユーロの値動きは特になしといった感じとなり、直後にユーロはクロスで下を試す動きとなりましたね。
    その後、英指標が市場予想に市場予想から遠からずの結果になった事で、ポンドは上昇する展開となっていますが、ドル売りの動きとなった事で対ドルでは直近の高値を更新、対ユーロでは上が重く押し返される動き、対オージーでも上が重い様子といった感じで展開する形となりました。

    ドイツ、ユーロ圏の指標は市場予想を上回るものが多い形となり、注目度の高いドイツのZEW景況感指数も市場予想を上回る結果となった事でユーロは上昇する動きとなりました。
    ただ、上昇幅は限定的といった感じで上が重い展開となりましたね。
    ユーロ対ドル、ポンド対ドルは直近の安値を更新する動きとなりましたが、上は重く更新直後に押し戻される動きに、オージー対ドルは直近の高値まで届く事無くといった値動きになり、こちらからドルの強さが
    伺えましたね。

    今日は18:45の足が確定後にドルストレート、ユーロクロス上が重い形となりましたので、こちらの足が確定後にユーロ/ドルの売りでエントリーしました。
    良い位置でエントリーする事が出来ましたので、予定通り米指標に乗るリスクを取る事に。
    米の小売売上高は市場予想を下回る結果となりましたが、前月分が上方修正された事でドルは買われる展開に、ドルストレートは下げる動きとなり、ドル/円は上昇する動きで反応する形となりましたね。
    その後、ポンドが急騰する動きとなっていますが、ユーロが同時に売られる動きになった事でユーロ/ドルは更に下げ幅を広げる形となっています。

    米小売売上高の結果から、9月にQE縮小といった思惑が強まる形となり、円相場の上は抑えられる展開になりそうな印象ですね。
    ドル買いが強く出た事でドル/円は上昇する動きとなっていますが、4時間のフィボナッチでは61.8%が上に控えている形、日足の中期的な方向は下といった所で、21日腺もすぐ上に控えているといった所です。
    4時間の一目均衡表は陰転といった感じで、雲が抵抗として機能しているような形を取っていますね。
    ユーロ、オージーは共に方向を下に取り、ユーロ/オージーは小幅に持ち合いの展開、ポンドが急騰する動きとなりましたが、ポンド対ドルは高値を切り下げたままの動きで推移している所ですし、テクニカルでは日足の行き過ぎが意識されている所、一目均衡表の日足は陰転といった形で、1時間では7日のインフレ報告での上昇幅に対して半目の所まで下げてきています。
    ポンド/ドルは底堅く推移するといった印象ですが、連れる形で下げる動きになるのではないかなと考えています。
    ポンド/円も同様に底堅く推移しそうな印象ですね。

    ユーロ対円は高値を切り下げる展開となり、4時間のフィボナッチは61.8%が機能している形、波動で見てももう一段下げていける所ですし、一目均衡表の日足は陰転、4時間も同じように陰転の形となり、こちらもドル/円同様雲が抵抗として機能している形ですね。
    オージー対円も上を日足の21日腺が抑える形となり、1時間の波動は5波形成を終えたような形、4時間の波動ではまだ下げていけるような形を取っていますし、こちらも方向を下といった感じで捉えています。

    注目度の高いユーロ対オージーは日足の切り上げるラインで下げ止めていますね。
    週足では行き過ぎから下げ始める展開となり、日足ではまだ下げていける所、4時間での戻りは弱く、波動で見てももう一段下げていけるような所ですね。
    ただ、こちらは一歩的に方向づく印象は無く、一目均衡表の形からも持ち合いの展開になるのではないかなと考えています。

    明日はドル買いの流れは継続するのではないかなといった所で、円相場も円買い優勢の動きになるのではないかなといった印象です。
    ユーロ、オージーで下げてくる展開を想定していますが、ユーロで下げてくる可能性の方が高いように思っています。
    今の所ユーロ/ドルのポジションは保有している形で、1.3270にストップを入れてもう一段の下げを狙っている所です。

    ドイツのGDP、英の失業率、ユーロ圏のGDP
    に注目が集まっている所ですが、市場予想を大きく上回るような内容が出ない限り、ドル買い優勢といった展開になるのではないかなと考えています。
    保有しているポジションがストップに掛かってしまうようなら、ユーロ圏のGDP発表後に、ユーロ/ドル、オージー/円の売りで入れる所を待つ形で、保有しているポジションが切られる事無くといった動きになるようなら、そのまま指標に乗りたいと考えています。

    ランキングに参加していますので、クリックして頂けたら幸いです。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    消費税増税に不透明感

    日本のGDPが市場予想を下回った事で、消費税増税に対する不透明感が高まり、こちらの結果を受けて円は買われる動きとなりましたね。
    要人達からはこちらの、結果に対して良いと捉えた発言、良くないと捉えた発言が出る形となり、これらも不透明感を強くしたといった所ですね。
    その後、円相場は底堅く推移し、行って来いといった感じで下げ幅を解消、直近の高値を更新する動きで展開する形となりました。

    今日はオージークロスが底堅くなり、ユーロクロスの上が重くなる形に、ドル買いの動きが強い中、円相場も高い位置に来ていましたので、16:30の足が確定後に予定通りユーロ/ドル、ユーロ/円に分散する形でエントリーする形を取りました。
    ユーロ/円の方は円相場が底堅く推移する可能性が高い動きとなりましたので、18:30の足が確定後に手仕舞う形を取りました。

    ユーロ/ドルの方は予定通り追いかける形を取りましたが、21:30の値動きを見て手仕舞いしています。
    ドル売り、円売りが限定的な事からリスク回避の動きだとは思いましたが、材料が特に無く、どのように反応しても良いような所でもありましたので、こちらの足が確定後に手仕舞う形を取りました。

    明日の米指標が強い結果になるとの期待もあってドルは買われる動きになったといった印象ですが、ポンド/ドル、オージー/ドルの下げ幅は限定的といった感じになっていますね。
    端的にユーロが下げてくる格好となりましたが、対ポンド、対オージーではあくまでレンジ内といった動きとなっています。
    円相場は行って来いの値動きからも底堅さが伺えますが、上は重い所だと考えています。

    基本的な考えは昨日と同じ形で、オージーは上、ポンドは底堅い所ですが短期的に下、ユーロは下といった感じで捉えています。
    ユーロがクロスでレンジの上を試してきそうな所ですが、上は重く再度下に方向を取るのではないかなと考えています。
    リスク回避といった相場の色が強く、ドル買い、円買いの流れになるのではないかなといった印象ですね。
    米指標は大きく市場予想を下回るような結果にならなければ、ドル買いの流れは続くのではないかなといった印象ですね。

    明日はユーロ/ドルの売りで、ドルストレート、ユーロクロスの上が重くなった所からデイトレを考えています。
    ユーロが下にエクスパンションするようならついて行く形ですね。
    それなりに値幅を取れるようなら、米指標に乗っても良い所かなと考えています。
    今の所円相場は手を出したいなと思える所では無いですし、オージー、ポンドは売り買いどちらも避けたい所ですね。
    値動きからドル売りの展開になる可能性も考えられる所ですが、ユーロ/ドルを売れる所のみを待つ形で為替相場に臨みたいと思います。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ユーロが売られる展開に

    ユーロは対ドル、対円、対オージーで下げてくる展開となりましたね。
    対ドルでの日足の行き過ぎ、対オージーでの方向が下といったのを背景にユーロは下を試す動きとなっています。
    ただ、対ポンドでは小幅にもみ合う展開となり、底堅い動きとなっていますね。
    テクニカルでの方向は下といった感じ、ボリンジャーバンドの日足はボックスを形成している所で、安値切り上げの形になっているものの、英中銀インフレ報告での下げ幅に対する戻りは限定的といった感じ、4時間の波動で見てももう一段下げていけるような形を取っていますし、ユーロ対ポンドの方向は下といった感じで捉えています。

    豪の雇用者数は市場予想より弱い結果になったものの、中国指標の改善を背景にオージーは上昇する動きとなりましたね。
    対ドル、対円でもオージーは強い展開となっています。
    豪中銀インフレ報告ではハト派寄りの内容が強く、引き続きの追加緩和が意識されている所ですが、直近での追加に対する思惑は後退といった所ですので、オージーの方向は上といった形で捉えています。

    英指標は強い結果が続く形となり、インフレ報告で失業率が7%を下回るまで現在の政策を維持と発表、こちらを受けてポンドは下げる動きとなりましたが、カーニー総裁からのタカ派発言を受けてポンドは上昇する動きに反転、対ドルでは下げてくる動きとなって金曜日を終えていますが、下げ幅は限定的といった感じですし、高い位置を保っている事から強さが伺えるといった所です。
    対オージーでは日足の切り上げるラインまで下げてきていますね。
    こちらは一方的な動きになる印象は無く、中期的な流れが上にある事から底堅く推移するのではないかなと考えています。
    ただ、英中銀インフレ報告の上昇幅は解消される動きとなっていますし、行き過ぎに対する調整も重なっている所、波動でももう一段下げてくるような形を取っていますし、こちらの方向は短期的には下といった感じで捉えています。

    ドル側から動かしてくるような展開にはなっていないものの、来週は米指標の改善するのではないか、といった思惑が強いようで、ハト派寄りのシカゴ地区連銀からも経済指標の内容によっては、9月に緩和縮小が開始される可能性がある、といった内容が出ている所です。
    ユーロ対ドルは6/18の高値が重く、下げてくる展開となっていますね。
    日足の行き過ぎが警戒されている所でもあり、一目均衡表の日足は陰転といった形、4時間のフィボナッチでは半目の所まで下げてきている形で、1時間での戻りは弱いといった形、方向は特に無しといった所ですが、ドル買いの動きに傾くのではないかなといった印象を持っています。

    ポンド対ドルは週足の50日腺が上を抑える格好となり、日足では行き過ぎが警戒される所まで上げてきていますね。
    こちらも調整と重なって一旦1.5400辺りまで下げる動きになるのではないかなと考えています。
    オージー対ドルは週足の行き過ぎから反転、日足のボリンジャーバンドはボックスといった感となっていますね。
    7/24の高値と50日腺が重なる重なるような位置にあり、一目均衡表の雲も同位置に控えているといった所ですね。
    4時間はの一目均衡表は陰転といった形を取り、1時間の波動では3波形成終了、方向は上で捉えていますが、こちらは高い位置でもみ合う展開になるのではないかなと考えています。

    円相場はリスク回避といった雰囲気が強く、円買いの流れとなっていますね。
    オージーは対円で上げてくる動きとなっていますが、戻りは弱い展開となっていますし、この位置でもみ合う形になるのではないかなといった印象です。
    明日はドルストレートが上げる動きとなり、オージーが上げて来る動きになるようならオージー/ドルの買いで、ドルストレート、ドル/円、クロス円が下げる動きとなるようなら、ユーロクロスの上が重くなった所からユーロ/ドル、ユーロ/円に分散して売る形でのデイトレを考えています。
    オージー/ドルの買いで入れるようなら、保有時間は短く、利幅も小さくといった感じのトレードで、ユーロ/ドル、ユーロ/円の売りで入れるようで、それなりに下げる動きになるようなら、若干長めに保有して追いかけたいなと考えています。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    中国のPPI、CPIは共に弱い結果

    中国のPPI、CPIは共に市場予想を下回る結果となり、RBAインフレ報告では、豪ドルは一段の下落の可能性、といった内容が出ましたね。
    こちらを受けてオージーは一旦下げる動きで反応しましたが、その後上昇する動きとなっています。

    中国の小売売上高は市場予想を下回る形、固定資産投資は予想を上回る形、鉱工業生産も予想を上回る形となり、こちらの結果に対してオージーは上げる動きで反応しましたね。
    ドル売りの流れにもなった事でオージー/ドルは直近の高値を更新、日足の切り下げるラインも上に抜けてくる展開となり、方向を上に取っています。
    1時間の波動は3波形成を終えたような所ですが、4時間ではもう一段上げていけるような形となっていますね。
    こちらは0.9300辺りを目指す動きになるのではないかなと考えています。

    ユーロ対オージーは日足の切り上げるラインに差し掛かっていますね。
    テクニカルで見ると日足の方向は下といった感じで、4時間の一目均衡表も陰転の形を取っています。
    波動で見てももう一段下げていけるような形をしていますので、こちらの方向は下で捉えています。

    フランスの製造業生産指数、鉱工業生産指数は共に市場予想を下回る結果となりましたが、ユーロは特に反応する事無く、といった展開となっていますね。
    ユーロ対ポンドは小幅な持合いといった感じで、まるで方向感の無い相場模様となっていますが、戻りの弱い値動きを見る限りポンド優勢といった印象ですね。
    1時間の波動はクリアしているような所ですので、上の重さに注目といった所です。

    英の貿易収支は赤字幅が市場予想より縮小する形となり、こちらを受けてポンドは上昇する動きとなっていますが、こちらはクロスで上が重い展開となっていますね。
    また、ユーロ対ドルの上も重く、ドル買いの流れにもなっています。

    今日は中国指標、RBAインフレ報告の結果と値動きを見て、オージー/ドル買いでエントリー出来る所を待つ事に。
    円買いに傾いている形となり、クロス円の上が抑えられる展開が予想されまましたので、当初の予定通り保有時間は短く、利幅は小さくといった考えで臨む形を取りました。
    17:15にドルストレートが底堅い動きとなり、オージークロスも底堅い形に、ドル/円は持ち合う動きになるといった考えの元、こちらの足が確定後にオージー/ドルの買いでエントリーしました。
    17:45に直近の高値に差し掛かりましたので、ロウソク足の確定を待たずに手仕舞う形を取っています。

    その後、21:30の足が確定後に再度オージー/ドルの買いでエントリーしましたが、ドル買いの動きになってしまった事で持ち合う展開に。
    損切りになる可能性が高い形となってしまいましたが、直近の高値を上に抜ける動きとなってくれたので、22:45に直近の高値を抜けた瞬間手仕舞う形を取りました。

    週末の調整といった感じでドル買い、円買いの流れとなり、ユーロも売られる形でニューヨーク時間の相場は展開していますね。
    ドル売りの流れはまだ継続すると考えていますが、一旦今日の終値を見てといった感じですね。
    再度分析してどのように相場に臨むのかを考えたいと思います。

    また日曜の夜に更新致しますね。

    ランキングに参加していますので、クリックして頂けたら幸いです。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    豪の失業率は5.7%となり

    市場予想の5.8%より強い結果となりましたが、雇用者数はマイナス1万2000人と、予想のプラス6000人に対して大きく下回る内容となりましたね。
    労働参加率も前月から低下する形となり、こちらを受けてオージーは下げる展開となりました。
    ただ、方向が出るような事は無く、その後の中国指標を待つ形で相場は展開しています。

    中国の貿易収支は市場予想を下回る結果となりましたが、輸入が10.9%増といった感じで、予想の1.0%を大きく上回った事が好感される展開となりましたね。
    こちらを受けてオージーは上昇する動きへと転じています。
    豪失業率で下げた幅をクロスで解消する動きとなり、東京時間、欧州時間序盤とオージーは上昇し続ける展開となりましたね。

    ドイツの経常収支、貿易収支は揃って市場予想よりも強い結果となりましたが、こちらを受けての値動きは特に見られず、といった形となりましたね。
    黒田日銀総裁の会見待ちといった感じで円買いに傾いていましたので、様子見の姿勢を取ったといった印象です。
    黒田日銀総裁の会見では材料になるようなものが出てこなかったものの、円買いが加速するような事も無く、円相場は僅かに安値を切り上げる動きで推移する展開となりました。

    今日は中国の貿易収支、黒田日銀総裁の会見を見て、オージー/ドルの買いで入れる所を待つ事に。
    19:00の足が確定後にエントリー出来る形となりましたので、こちらの足が確定後にオージー/ドルの買いでエントリーしました。
    保有時間は短く、利幅も小さくといった上でのトレードでしたので、19:20の足が確定後に手堅く手仕舞う形を取っています。

    米の新規失業保険申請数は市場予想を下回る結果となり、こちらを受けてドルは売られる形で反応していますね。
    ドルストレートは上げる動きとなり、ドル/円は下げる動き、クロス円は持ち合いといった形で展開しています。
    中国の指標が良好な結果を続けている事で、明日の消費者物価指数、鉱工業生産、小売売上高に対しても期待が高まっているような所ですね。
    状況的にオージーがもう一段上げて来る動きになるのではないかなと考えていますので、明日はオージ/ドルの買いでデイトレを考えています。
    ポンド対オージーに注目といった感じで、値動きによってはポンド/ドルの買いに切り替えてエントリーするつもりでいます。

    ドル売りの流れはまだ継続している所ですし、円買いの動きは限定的といった形、ドルストレートは上昇、ドル/円は下げる動きで、クロス円は持ち合いながら僅かに下げる動きになるのではないかなと考えています。
    現状、小さく取りに行くしかないような所ですので、明日も保有時間は短く、利幅は小さくといった感じで為替相場に臨みたいと思います。

    豪中銀のインフレ報告、中国指標を通過した後は英の貿易収支くらいしか目立った指標が無い為、上下のストップを壊しに行く荒い値動きになりそうな印象ですね。
    ただ、一方的な動きになる事も無いと考えていますので、底堅くなった所から数回エントリーするトレードで考えています。
    豪中銀のインフレ報告、中国指標の結果によりますが、今日よりはエントリーポイントが多い形になるのではないかなと考えています。

    ランキングに参加していますので、クリックして頂けたら幸いです。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    オージーは依然として上が重い動き

    追加緩和の可能性について材料となるようなものが出てこなかったのを背景に、利下げが十分に織り込まれていた事からオージーは上昇する動きとなりましたが、声明の内容がハト派寄りといった感じになった事で、追加緩和の継続といった思惑が依然残る形となり、オージーはクロスで下げる展開となりましたね。

    米貿易収支は赤字幅を縮小する結果となりましたが、こちらに対してのドルの値動きは特に見られずといった感じとなり、その後はドル売り優勢といった形で為替相場は展開しています。

    値動きから、QE縮小に対して後ずれする、といった思惑が強そうな印象ですが、年内縮小の思惑は変わらずといった所でもあり、混乱を起こしたくないといったFEDの思惑もある所ですので、ドル買いの流れになる所を見計らっているトレーダーが多い所でもあるのかなと考えています。

    英の四半期インフレ報告では、失業率を政策金利の見直し基準として導入、失業率は2016年の第三半期まで7%を上回る、といった内容にポンドは下げる動きで反応する形となりましたね。
    その後、カーニー総裁からのタカ派寄りの発言を受けてポンドは上昇する展開に、成長率の上方修正も手伝う形となり、ポンドはクロスで下げ幅を解消する動きとなり、大きく上昇する動きとなりました。

    ドイツの鉱工業生産は市場予想を上回る結果となり、こちらを受けてユーロは上昇する形となりましたが、対ポンドでは上が重く、方向を下に取っていますね。
    ユーロ対ポンドは日足の方向は下といった形、日足の切り上げるラインと役割反転したラインと週足の10日線も重なり、底堅い所といった感じですが、一目均衡表は週足、日足共に陰転を示している所で、こちらは下に抜けて行く動きになるのではないかなと考えています。

    ドル売りの思惑が強い所ではありますが、ドル自体が一方的に売られている様子ではない形となっていますね。
    端的にポンドが買われた事でドルストレートは方向を上に取りましたが、ユーロ対ドルでは上が重い動きとなっていますし、オージー対ドルもRBA声明で上昇した上げ幅を解消し、小幅に持ち合う展開となっています。
    ポンドは上げる動きとなった事で対円でも底堅く推移していますが、ドル/円、ユーロ/円は方向を下に取っている形ですし、オージーも追加緩和の継続の思惑から週足の日腺を試す形で下げてくるのではないかなと考えています。

    オージークロスの行き過ぎに対しての警戒感も強くなっているような所で、オージーが一方的に売られる動きになるとは思えない所ですし、中国の指標結果が良好な事で、下げ止めるのではないか、といった思惑も強くなっている所ですね。
    明日の中国の貿易収支、9日の消費者物価指数、鉱工業生産、小売売上高の結果に注目が集まっているといった所です。
    中国の貿易収支が市場予想を下回らないのであれば、予想通りの数値でも上げて来ると考えていますが、日銀黒田総裁会見待ちといった感じで値動きは限定的なものとなりそうですね。

    明日は中国の貿易収支でオージーが上げる動き、特に反応無しとなるようで、黒田総裁会見を受けて円売りで動くようならポンド/ドルの買いで、貿易収支でオージーが下げる動きとなり、黒田総裁会見を受けて円買いに動くようならユーロ/円の売りで、その他の結果と値動きに関しては結果と値動きを見て判断していくしかないですが、ユーロで下げてくる動きになるのではないかなと考えていますので、ユーロ/ドル、ユーロ/円を状況に合わせて売るデイトレで考えています。
    9日に豪中銀のインフレ報告も控えている所ですので、深追い出来ないような相場状況となっていますね。
    明日も小さく取りに行く形で、保有時間も短くといった感じで為替相場に臨もうと思います。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    豪中銀利下げを実施

    豪中銀は市場の予想通りといった感じで利下げを実施しましたね。
    0.25%引き下げて2.50%にする事が決定される形となりました。
    こちらを受けてオージーは上昇する展開となりましたね、声明から追加の可能性について手がかりになるようなものが出なかった事も、こちらの上昇を手伝う形となっています。

    今日は夕方から頭痛がひどくなってしまい、とてもチャートを追える状態では無かったので、トレードを控えて休む形を取りました。
    ブログを読んで下さっている方々には中身の無い内容となってしまい大変申し訳ないです。
    今日一日ゆっくりする形を取って、明日しっかりとしたものを書けるようにしたいと思います。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    豪の小売売上高は市場予想を下回る形に

    こちらを受けてオージーは下げる動きとなりましたが、中国のHSBC製造業PMIが市場の予想通りとなった事で、オージーは下げ止める展開となりましたね。
    その後オージーは上昇する動きとなりましたが、クロスで上が重い形となっています。

    イタリアの非製造業PMI、フランスの非製造業PMIは揃って市場予想を上回る結果となりましたね。
    その後のドイツ非製造業PMIは市場予想を下回る結果に、ユーロ圏の非製造業、総合のPMIは予想よりも強い結果となりましたが、ユーロの反応は特に無し、といった展開となりました。
    英指標を控えている形でしたので、こちらの結果を待ったといった所ですね。

    英の非製造業PMIは60.2と、予想よりも強い内容となりましたね。
    事前の予想自体に改善が見込まれていた形で、57.4の予想となっていましたが、更にこちらを上回る内容となった事でポンドはクロスで上昇する展開となりました。
    ポンド対ドルでは直近の高値を更新する動きとなり、1時間の波動ではもう一段上げいけるような形、4時間で行き過ぎているような所ですが、中期的な流れが方向を上に取っている事で底堅いといった形ですね。
    一目均衡表の日足ではねじれの位置に差し掛かっている所で、4時間では陰転に切り替わろうとしていますが、高い位置で横ばいの動きとなり、上に抜けて行くのではないかなと考えています。

    ポンド対ユーロでも同様の形を取っていますね。
    こちらも高い位置で横ばいの動きとなって上に抜けて行くのではないかなといった印象です。
    ポンド対オージーは行き過ぎが警戒される所まで上げてきていますが、直近の高値を更新する形となり、波動でももう一段上げて行ける所、こちらも上を目指す動きになるのではないかなと考えています。

    今日は15:30の足が確定後にポンド/ドルの買いでエントリーしました。
    16:15に直近の高値を更新する動きとなり、対ユーロ、対オージーでは直近の高値が重い動きとなっていましたので、こちらの足が確定後に手堅く手仕舞う形を取っています。
    その後、英指標、ユーロ圏指標を控えている形でしたので、結果と値動きを見る事に。
    19:30の足でドルストレートの上が重くなり、オージークロスも下げて来る動きとなりましたので、ドル/円が僅かに上で反応している事から予定通りオージー/ドルの売りでエントリー。
    20:15にドルストレートが底堅い足を形成しましたので、こちらが確定後に手仕舞う形を取りました。

    米のISM非製造業総合指数は市場予想より強い結果となり、こちらを受けてドルは買われる展開となりましたが、値動きは限定的なものとなっていますね。
    7日、8日の日銀金融決定会合を控え、当面の追加緩和に対する期待が後退している事から円買いの動きになりそうな所ですが、値動きを見る限り一方的に円買いの動きになるようには思えない所ですね。
    ユーロクロスで下に振ってきそうな印象ですが、こちらも投機性の高い動きといった感じで値動きは限定的になるかなと考えています。

    明日はポンド/ドルの買い、ユーロ/ドルの売りでデイトレを考えています。
    いずれにしても、エクスパンションについて行くのは出来ない所ですので、底堅くなった所からポンド/ドルの買い、上が重くなった所からユーロ/ドルの売りでと考えています。
    ポンド対オージーは持ち合いの動きになるのではないかなといった感じで、ユーロが下に動かしてくるのではないかなといった印象ですね。
    9月QE縮小の思惑も十分にある所といった感じで、方向が一変する可能性も十分ある所ですので、保有時間も短めに、小さく取りに行く形で為替相場に臨みたいと思います。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : デイトレード
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ドルストレートは高い位置を維持

    非農業者部門が市場予想を下回った事でドルは売られる展開に、その後の米製造業受注指数も市場予想を下回り、ドルは更に売られる展開となりましたね。
    ユーロ対ドル、ポンド対ドルは高い位置を維持したまま終わる形となっています。
    ただ、オージー対ドルは米雇用統計後に一旦安値を更新する動きとなっていますね。
    その後は小幅に持ち合う動きとなり、米雇用統計発表前の位置まで下げてくる形を取っています。

    ユーロ対ドルは週足の切り下げるライン、200日腺が上を抑える形となり、ファンでも3本目を下に抜けてきている所ですね。
    上の重さは意識されている所だと思いますが、直近の高値を試す動きになるのではないかなと考えています。

    ポンド対ドルは4時間の半目で押し返す形となり、1時間の波動もクリアした印象、切り下げるラインを上に抜けフィボナッチ61.8%の所まで戻す形となっています。
    週足では一目均衡表のねじれに差し掛かっている所で、日足でも同様にねじれに差し掛かっている形を取っています。
    中期的な方向が上といった様子になっていますし、こちらは日足の100日腺を目指す動きになる印象ですね。

    オージー対ドルは依然として弱い所ですが、月足レベルで行き過ぎている所、また対ユーロでも同様に月足レベルで行き過ぎている様子となっていますね。
    ユーロ対ポンドでも行き過ぎている事から、ユーロ側から下に仕掛けてくるのではないかなと考えていますが、ユーロ対オージーは底堅い所だと思いますのでユーロ主導での下げ幅は限定的になるのではないかなと考えています。
    オージー対ドルはじわりじわりと安値を更新する動きになる印象ですね。

    ポンド対オージーも行き過ぎが警戒されている所ですが、ポンドから下げてくる印象は無いといった所ですし、こちらはもう一段上げてくる動きになるのではないかなと考えています。

    円相場は依然として底堅いといった所ですが、ドル売りに動いた事でドル/円は下げる展開に、クロス円も連れる形となって円が買われる展開となっています。
    円相場の方向は上で捉えていますが、一旦下げる動きになるのではないかなといった印象ですね。
    ただ、下げ幅は限定的といった感じで一方的に下げてくる展開にはならないと考えています。

    ブラード・セントルイス連銀総裁からは、FRBは予想より長期の債券を保有する、QEは有効といった発言が出ていますね。
    非農業者部門が予想を下回った事でドル売りの流れとなりましたが、失業率自体は低下した形、QE縮小が12月に後ずれするのではないかといった思惑が強くなっている所ですが、住宅市場の回復、失業率の低下は好感される材料ですし、9月縮小の思惑もまだ十分にある所かなといった印象です。

    大きなイベントを通過した事で、来週から海外勢が本格的に夏期休暇に入る可能性が高く、値動きの乏しい夏枯れ相場といった展開になりそうですね。
    ユーロ対ドルはレンジ相場のの予想で、ポンド対ドルがじわりじわり上に向かう動き、オージー対ドルがじわりじわりと下げてくる動きで考えています。
    ドル/円の保有目的での買いは一旦解除する形ですね、ドル/円もゆっくりと下げて来る動きになるのではないかなといった所で、こちらはしっかりと底が形成されるのを待ちたいと思います。
    クロス円も上が重いといった感じで、一旦下のストップを試す動きになるのではないかなと考えています。

    明日はドルストレート、ドル/円、クロス円の底堅くなった所からポンド/ドルの買いで、上が重くなった所からオージー/ドルを売る形のデイトレを考えています。
    夏枯れ相場といった感じになる可能性が高く、投機的な動きが強くなるような印象ですので、小さく取りに行く形で考えています。
    状況的に上下どちらのエクスパンションに乗る事も出来ない所ですので、底堅くなった所、上が重くなった所を狙う形で為替相場に臨みたいと思います。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    米雇用統計までは様子見の展開

    ドルストレートは米雇用統計の結果待ち、といった感じで様子見ムードとなり、東京時間、欧州時間と小幅に動く展開となりましたね。
    円売り、ポンド買いの動きが目立った形で、ポンドクロス、ドル/円、クロス円は上昇する展開となっています。

    豪のPPIは市場予想を下回る結果となり、こちらを受けてオージーは下げる形となりましたね。
    中国の製造業PMIが良好な結果となった事を好感してオージーは底堅く推移していましたが、対ユーロでは木曜日の安値を更新、対ポンドでも同様に安値を更新、対ドルでも上が重い動きとなっている形で、上から大きく押し戻される格好となっています。

    オージーは豪州中銀政策委員会での利下げが確実視されている他、利下げ決定後に緩和継続が示される可能性があり、GDP伸び率は下方修正、失業率も5.75%から6.25%に悪化する見込みとなっている所で、上が非常に重い所となっていますね。
    対ドルでの動き、対円での動き、また中国の製造業PMIを好感した上昇幅が解消されている所を見ると、オージーはまだ下げて行く展開になりそうですね。
    ただ、ユーロクロスが行き過ぎている事で、一旦ユーロが下げ来るのではないかなといった所ですが、こちらの下げ幅は限定的なものとなる印象ですね。
    ユーロクロスの底堅くなった所から、再度オージーが下げてくる動きを考えています。

    英の建設業PMIは市場予想を大きく上回る結果となり、こちらを受けてポンドは上昇する展開となりましたね。
    英指標は相次いで強い結果となっていますし、追加緩和の思惑も後退している所といった形です。
    一目均衡表の日足は対ドルで陰転となっていますが、テクニカルでは上を目指せるような形を取っていますし、日足では半目で押した形、1時間の波動はクリアしているような形で、1時間のボトム、切り下げるラインを上に抜けてきている格好となっていますね。
    ポンドの方向は上といった感じで捉えています。

    注目の米雇用統計は非農業者部門の増加が16万2000人となり、予想の18万5000人を下回る結果となりましたね。
    こちらの結果を受けてドルは売られる展開となり、ドルストレートは上昇、ドル/円は下げる動きで反応しています。
    QE縮小が12月へずれ込むといった思惑が強まる結果となりましたね。
    失業率は7.4%と、予想の7.5%より良好な結果となりましたが、データ次第といった発言内容には遠く及ばない値、ドル売りの流れは継続するのではないかなといった印象です。

    その後、米製造業受注指数は市場予想を下回り、こちらを受けてドルストレートは再度上昇、ドル/円はもう一段下げる形となり、クロス円も下げる動きで反応しています。
    円買いの動きになっていますが、円相場の方向は依然として上といった感じで考えていますし、こちらの円買いの動きは限定的なものになるのではないかなと考えています。

    今の所月曜日はポンド/ドルの買い、ドル/円の買いでデイトレを考えています。
    終値を見て再度考えてはみますが、考えは変わらないのではないかなといった所ですね。
    ドル/円の方は若干保有目的で買い場を探したいと思っています。
    また日曜の夜に更新致しますね。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    FOMCはハト派優勢と受け取られた模様

    FOMCでは月額850億ドルの資産購入が維持される事に決定されましたね。
    声明では金融政策の方針に特別変化は見られず、QE縮小に関する内容も出る事はありませんでした。
    市場は声明をハト派寄りと捉えたようで、ドルは売られる形で反応しましたね。
    9月縮小の思惑に12月縮小の思惑が入り込む形となり、ドルストレートは上昇する展開となっています。
    ただ、米ADP雇用、米GDPは強い結果となっている所で、米雇用回復への期待も強く、ドルストレートは反転して下げてくる展開に、その後東京時間、欧州時間序盤とドル買いの動きが続き、ドルストレートは上昇幅をほぼ解消する位置まで下げてくる動きとなりましたね。
    12月縮小の思惑が浮上したものの、米指標が良好な結果となっている事で、9月縮小の思惑は十分に強いといった所です。

    中国の製造業PMIは市場予想より強い結果となり、分岐点とされる50を上回る内容となった事でオージークロスは上昇する動きとなっています。
    その後、豪指標は弱い内容が目立つ形となりましたが、中国指標が良好だった事を好感してオージーは上げて行く展開となっていますね。
    対ユーロでは1時間でフィボナッチ61.8%の所まで上げて来る形に、対ドルでは僅かに安値を切り上げて持ち合いといった動きになっていますね。
    対ポンドでも上昇する動きとなりましたが、こちらは上が重いといった感じで、その後安値を試す動きへと転じています。

    ドル/円はドル買いになった事で上昇する動きとなっていますね。
    FOMCでのドル売りで下げた価格を解消する動きとなり、ADP雇用、GDPで作られた高値を更新する動きで展開しています。
    円売りに動いてもいる事でクロス円も上昇する展開となっていますね、状況的に円相場の底堅さは保たれている所で方向は上といった感じです。

    今日は予定通りトレードを控え、相場がどのように動くのかを見ていた形ですね。
    明日の米雇用統計の結果を見るまでは手を出せない所といった感じです。
    ドイツ、ユーロ圏の製造業PMIが市場予想を上回った事で、ユーロは上げる動きで反応しましたが、クロスでの上は重い展開となりましたね。
    こちらはECB政策金利、ドラギ総裁の会見を意識しての調整が強く出たといった所でしょうね。

    BOE政策金利は現行の0.50%に据え置きを決定、資産買取りプログラムも3750億ポンドに据え置く事となりましたね。
    予想通りの内容で通過する形となった事でポンドはクロスで上昇する動きとなっています。
    ただ、こちらは来週発表のインフレ報告、またフォワードガイダンスの内容に注目が集まっている所で、対オージーで高すぎる位置にあるのを背景に、一旦クロスで下げてくる動きになっても良いような所かな、と考えています。

    その後、ECB政策金利は政策金利の0.50%据え置きが決定、ドラギ総裁の会見待ちといった所ですので、こちらでの値動きは特に見られず、といった形になっています。
    会見では特に目立った内容は出ていない形ですが、ユーロはイベントを通過した事でクロスで上げる動きとなっていますね。
    ユーロ対ポンドの動きに注目が集まっているといった所です。
    米新規失業保険者数は市場予想よりも強い結果となり、こちらを受けてドルは買われる展開に、ドルストレートは下げる動き、ドル/円は上げる動きで反応する形を取っていますね。
    その後、米建設支出は市場予想を下回りましたが、ISM製造業景況感は市場予想を上回る結果に、こちらを受けてドルは買われる動きで反応しています。

    状況的に米雇用統計が良い結果になるといった思惑が強い所といった印象で、ドル買いで反応しそうな所といった感じですね。
    ドルストレートは下げ、クロス円は持ち合い、ドル/円は上げ、といった形で動くのではないかなと考えていますが、米雇用統計の結果を見るまでは手を出す事が出来ないですね。
    依然として様々な思惑が強く、米雇用統計に対しての調整の動き、また週末といった所での調整の動きも絡んできますので、荒い値動きになりそうですね。
    明日も予定通りエントリーは控える形を取り、結果と値動きを見たいと思います。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    プロフィール

    上山康浩

    Author:上山康浩
    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    FX専業トレーダーの上山康浩と申します。
    デイトレを基調としたスタイルで、ファンダメンタルとテクニカルを用いた裁量トレードを行っています。

    1時間足、15分足、5分足が主でして、相場状況によってはスキャルピング、スイングも行う形です。

    用事や体調不良を除いては、月曜から金曜まではPCの前で記事を読んだり、チャートを追ったりというような生活を送っています。

    ブログの更新時間を変更致しました。
    相場が本格化する欧州時間に間に合わせる形で、当日の昼までにブログの更新を行いたいと思います。

    最新記事
    カテゴリ
    FXの基本項目
    トレードを始める前に、知っておかなければならない基本的な知識ですね。
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    ニュース
    よく閲覧しているニュースサイトです。
    Market Win 24、FX WAVE、GI24などと合わせて活用しています。

    ●ロイターニュース


    ●日経新聞


    ●済龍CHINAPRESS



    ●ウォールストリートジャーナル


    ●YAHOOニュースBUSINESS
    予想グラフ
    投資家の心理が、どういった方向に偏っているのかを掴むのに役立つグラフですね。


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    経済指標カレンダー
    重要度が細分化されていますので使い勝手が良いです。

    各国市場の休日
    乏しい値動きになりそうだな、なとどいった予測を立てやすくなりますので、抑えておいた方が良い項目ですね。

    各国市場の休日
    政策金利
    直近だけでは無く、過去にさかのぼってのデータが記してありますので、非常に見やすい作りとなっています。

    政策金利 
    シカゴIMM通貨先物ポジション
    金曜日の取引終了後に、火曜日時点の値が公表される形ですので遅れを考慮する必要がありますが、通貨がどういった偏りになっているのかを見るのに役立ちます。

    シカゴIMM通貨先物ポジション 
    チャート
    金や原油、米、独、英、日の株価、米国債といった様々なチャートが用意されています。
    相互チャートで開くと、ラインを引いたり、指標を使ったりが可能になりますので非常に使い勝手が良いです。

    チャート 
    企業決算・国債入札予定日
    国内外の企業決算や国債入札の予定が経済指標と合わせて記載されています。

    企業決算・国債入札予定日 
    国債金利チャート
    問題を抱える国
    アクセスランキング
    オートリンクネット
    アクセスアップの裏技:オートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら 裏情報暴露大公開します
    ネットで儲ける時代

    BBS7.COM
    MENURNDNEXT
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。