スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村

    2月の

    15、16日で行われるG20では日本が中心議題として取り上げられないとの事ですね。
    こちらの報道は円相場の底堅さを後押しするものになると考えています。

    豪の景気先行指数は市場予想を下回る形となり対円では下げる動きとなりましたね。
    ただ他のクロスでは上げる動きになっている事から特に悪材料としては扱われていないようです。

    その後の豪NAB企業景況感、NAB企業信頼感は市場予想を上回る形となり対ドル、対円、対ポンドでは上げる動きとなりましたが、対ユーロでは特に反応していない形です。
    オージーはダウと中国株が強い形を取った事に反応している様子ですね、対円ではドル/円の調整、ユーロ/円からの下げを受けて上の重い展開となった形です。

    今日はドルストレートの上が重くなり、ユーロクロスでも上が重くなった18:00の足が確定後にユーロ/ドルの売りでエントリーしました。
    ドル/円の動きが気になる所ではありましたが、発言に対して上に向かう動きにならない事から材料が一旦は出尽くした感が伺えましたので、クロス円主導で円相場は動くと考えたのが背景ですね。
    ただ、株価の動きが強い事でオージー/ドルはフィボナッチの38.2で跳ね返す動きとなりましたので、20:15の陽腺が確定後に手仕舞いする形を取りました。
    ユーロクロスで跳ね返す動きにもなりましたので。

    甘利経済再生相からは日本の政策は支持されている、高い評価を得ていると発言が出ていますね。
    ここからは発言で底堅さを保ち、時期について具体化させる事で上昇させていく、といった所でしょうか。

    マイルズ英中銀金融政策委員からは来年辺りまで英経済は平均とされるものを下回る状態が続くと出ていますね。
    ポンドは対ドル、対円で上げる動きとなりましたが、オージーの上昇に連れたものだと考えています。
    ユーロ/ドルもオージー/ドルが底堅くした印象ですし。
    ポンド/オージーでは下を試す動きになると思いますし、ポンドの方向は下のままで捉えています。

    現状円相場に大きな方向はあるものの調整局面、オージーは株価に反応して上下する展開、ダウは行き過ぎている所が気になる所ですし、ユーロはドイツ経済の回復の兆し、またECBの長期資金供給オペの返済額、ジョージ・ソロス氏の発言などで上げてきましたが、こちらもクロスで調整局面、明日にFOMCを控え明後日に雇用統計といった感じになりますので、こちらに対してのポジション調整もあると思いますし、何ともやり難い相場状況です。

    明日はNY時間に強い米指標が並ぶ他、28:15からはFOMCといった感じになっています。
    FOMC待ちといった感じで米指標も大きくは動かないと考えています。
    日中、欧州時間は特に方向感もなく投機的な動きが相次ぎそうな印象ですね。
    手を出しと怪我をするような相場状況ですので、明日、明後日はエントリーを見送って様子見したいと思います。

    明日はそもそもトレードできない形だったので丁度良かったような感じですね。
    2/4に引越しする事になっているので、明日は新居に向かってサイズの計測などを行い、家電や家具を見に行くスケジュールとなっています。
    私事で大変申し訳ないのですが、2月第一週を終えるまではブログをお休みする日が若干増えるかもしれません。

    明日はそういったわけで申し訳ありませんがブログをお休みさせて頂きますね。
    翌日もエントリーするつもりはないので起こった事柄をまとめたようなブログになってしまうとは思いますが、また木曜の夜に更新させて頂きますね。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト


    テーマ : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    菅官房長官から

    経済政策は国内外から期待感をもたれている、などといった発言が出ていますね。
    円相場のレートは1ドル95円が望ましいといった声も出ていますし、日銀は2%の物価安定目標を出来るだけ早期に実現、などといった速度を感じさせる発言も出ています。

    また甘利経済再生相からは円安の誘導批判は一部の国から、IMF専務理事、OECD専務総長などからは日本の政策は支持されている、といった発言が出ています。
    ドル/円は依然として強い形を保ちそうですね。

    今日はドル/円、クロス円から下げてくる動きになりましたので、底堅くなる所を待つ事にしました。
    ユーロ/ポンドが下げてくるのを待ち、18:00の足が確定後にユーロ/ドルの買いでエントリーしました。
    ただ昨日のブログでも書いたようにユーロ対オージー、対ポンド、対円で意識されるラインに迫っていましたので、18:35のユーロクロスで陰線が形成されたのを見て手堅く手仕舞う形を取りました。
    22:30の足で再度エントリーを考えましたが、ユーロクロスが意識されているラインにぶつかっているような所でしたので様子見する形を取りました。

    米耐久受注は市場予想を上回りドル/円は上昇する形を取りましたが上が重く下げられる展開となっていますね。
    ドルストレートでもドルが買われる動きになっていないです。
    続く米中古住宅販売保留は市場予想を下回り、こちらにドル/円は下げて反応、ドルストレートは上げて反応しましたが、ポンド/ドルは弱い形で反応していますね。

    市場は30日28:15からのFOMCと週末の米雇用統計に焦点が移っている形となっていますね。
    大きなイベントが続く形となりますので、利益確定も相次ぐのではないかなと考えています。
    またユーロクロスも利益確定に動きそうな所ですね、ポンド/ドルの方向は依然として下で考えていますし、意識されるラインに差し掛かってはいますが、こちらは越えて行くのではないかなと考えています。
    オージー/ドルは底堅いラインに足して中国株が強い形となりましたので、一旦上に向かおうとする印象です。
    ユーロ/オージー主導で利益確定の動きになるのではないかなといった感じですね。
    明日の豪景気先行指数で相場は動く形になると思いますが、市場予想を上回っても下回っても、ドルストレートは下げていく展開になるのではないかなと考えています。

    豪景気先行指数を見てエントリーしてみたい気もしますが、欧州勢が一旦上に振ってくる印象を持っていますので、東京市場はいつも通り手を出さない形を取りたいと思います。
    ユーロを売りたいような所ではないのですが、明日はリスク許容度を上げてユーロ/ドルの売りで臨みたいと思います。
    ドルストレート、ユーロクロス、ドル/円の動向に注目ですね。

    QEに対して縮小や停止といった発言があり、そういった頭を市場は持っていると思いますが、今回それが実行されるというのは考え難く、失業率6.5まではまだまだ距離がありますので、低金利の長期化といった考えの方が強いのではないかなと思っています。
    ドル/円、クロス円はテクニカルで見ても高すぎる位置にありますし、要人発言でもう一段上げてこない所を見ると一旦円サイドからの上昇は材料が出尽くしたのかな、といった印象ですし、米指標に対しての値動きを見ても上が重いのかなといった印象ですので、明日はユーロ/ドルを売る形のデイトレを考えています。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ユーロクロスは

    強い形を保ったまま金曜日を終えていますね。
    ECBの長期資金供給オペで得た資金の返済計画で、1/30に1372億ユーロの返済が発表されたのも好材料となっているようです。

    フランスの財務相からはユーロの水準は高すぎる事で問題を引き起こす、との発言があったものの、ユーロ高はユーロ圏への信頼が高まっているため、とも発言している事で、この発言はプラスマイナスゼロ、といった印象ですね。

    ダウは強い形を維持したまま終わり、中国株も直近の安値まで下げてくる事無く終わっています。
    ムーディーズの見通しでは、中国の成長は緩やかでハードライディングではない、との見解を示していますし、指標も強い形を保っています。
    工業利益も強い形となったようですし、朱副専務理事からあったシステマミックリスクの拡大が目の前まで迫っているものではないという事になると、直近では底堅いのかなと考えています。

    ドル/円は米指標が下回った事で一旦下げて反応しましたが、その後上を抜けられず下を壊しに行く動きとなっていますね。
    22日以降強い発言によって上昇し続けてきましたが、調整に入ってもいいのではないかなと考えています。
    大きな方向は上ですが、一旦下げる印象ですね。
    ただ、ユーロが強い事でドル/円の底も堅い形になるのではないかなと思っています。

    ユーロはクロスでもう一段上げてきそうですね、対オージー、対ポンド、対円で上を意識するラインが重なりそうなので、上昇後に利確の動きになるのではないかなと思っている所です。

    英首相はEU残留を希望している発言をしていますし、金曜日の21時の時点でポンドクロスは強い形を取っています。
    下げる材料は出尽くしたような感じがありますし、出遅れて下げ頭でエントリーした所を上に持ち上げて壊したような印象が値動きから感じられますね。

    クロス円、ドルストレート主導で上に動く形になるのかな、と考えると、高すぎると感じているドル/円も調整に入るような所ではない、といった見解になりますし、明日は金曜日に書いたブログとは全く逆のユーロ/ドルの買いでエントリーする形のデイトレを考えています。
    上にエクスパンションするならついていく形で、下げてくるようなら押し目を待って買いたいと思います。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ユーロクロスが

    強い形となっていますね、ユーロ/ドルでは二度跳ね返していた高値を越えて1.3478まで上昇しています。
    週足の200日線も抜けてきましたので、1.3600辺りを目指しそうな印象です。

    ユーロは昨日のユーロ圏、ドイツの指標好感が続いているようですね、また世界的に有名な投資家のジョージ・ソロス氏がユーロは上昇して円は下落する、といった見解を示した事がユーロの背中を押しているようです。


    今日はポンド/ドルでのエントリーを考えていましたが、ポンドが対オージーで強い形となりましたのでオージー/ドルに切り替えてエントリーしました。
    19:15の足が確定後にオージー/ドルの売りでエントリー。
    ポンド/ドルが毛抜き底を形成してユーロ/ドルが反転しても良いような位置からの陰線形成、ポンドはGDPの結果に従ってもう一段下げると考えたのが背景です。
    ただ一旦持ち上げられてしまいましたね、20:00のユーロ/ドルの値動きで上は重いと考えましたがその後ユーロ/ドルは上昇する形に。
    20:30にユーロ/ドルが再度21日腺付近まで下げてきましたので、オージー/ドルが直近の安値を更新した所で手仕舞う形を取りました。

    ドイツのIFO景況指数は市場予想を上回る形となりましたね、同時刻に発表されたIFO現況指数、IFO景気期待指数も共に市場予想を上回る形となっています。
    この結果を受けてユーロはクロスで上げる動きとなりましたね。

    英の第4四半期GDPは市場予想を下回り、こちらの結果に対してポンドはクロスで下げる動きとなっています。
    ただ対ドルではユーロ/ドルが底を支え、対オージーでも底堅い動きとなっていますね。
    英紙のザ・タイムズでは英有権者の40%がEUを離脱するべきと答え、残留するべきと答えた37%を越えてきている模様です。
    ポンドの方向は依然下で捉えています。

    ダウは続伸といった形になっていますが、中国株は下げる展開となっていますね。
    中国株は上の重い状態が続いていますので、一旦決済に動くのではないかなと考えています。
    オージーの方向も下で捉えている形です。

    ドル/円は対ドルで100円は問題ない、との発言から強い形を保っていますね。
    米指標は市場予想を下回りましたが、こちらにも底堅く反応しています。
    大きくは94.00辺りを目指している形ですが行き過ぎているのが気になりますね。
    12/17の週を調整扱いしないのであれば11週続けて上げている形となっています。
    ドル/円、クロス円共にまだ上げていくだろうとは考えていますが、ユーロ/円きっかけで調整に入るのではないかなと考えています。

    今日の終値がどういった形になるのかに注目していますが、ユーロはもう一段上げるのではないかなと考えています。
    ただ高い位置で買わされて下げられる印象を持っていますので、ユーロを買いたい所ではないですね。
    今の所オージー/ドルの売りでデイトレしたいと思います。
    ドル/円は下がってくるのを今は待っています。
    しっかりとした調整があるようなら押し目で買って保有したいなと考えています。

    また日曜の夜に更新致しますね。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    米下院は

    借り入れ権限の一時延長法案を可決する形となりましたね。
    こちらの法案を上院では修正せずにオバマ大統領に送付するとの事です。
    債務上限引き上げ問題が不透明になっていましたので、動きがあったというのはドルにとって好材料だと考えています。

    イタリアのモンティ首相からは英国民はEUにとどまると確信、また嫌々ながらEUに残る欧州人はいらない、などといった発言が出ていますね。

    英首相からはEUに残留したいとの発言が出ていますが、国民投票は2017年までに提案する考えのようですし、こちらの問題からくる不透明感は英国経済を損なわない、などといった発言も出ていますが、十分に悪材料だと考えています。
    また金融緩和の用意がある、追加利下げについても検討、などといった発言からもポンドの方向は下で捉えています。

    中国のHSBC製造業PMIは市場予想を上回る形となり、オージーは発表直後クロスで上げる形をとっています。
    ただ、直後にクロスで下げる動きへと転じています。
    中国株が下げる動きになった事でオージーの上は重い形となっているようですね。

    円相場は西村内閣副大臣からの対ドルで100円は問題ないとの発言もあって強い形を維持していますね。
    阿部首相からの次回会合で目標達成への道筋を描いてほしい、などといった発言からも円相場は底堅さを維持する形になるでしょうね。

    今日は19:30の足が確定後にユーロ/ドルの売りでエントリーしましたが、持ち上げられてしまう形となってしまいました。
    ドイツ、ユーロ圏の指標をNY勢が好感して上げてきたとの事です。
    含み損を抱えたまま米指標に乗る事はできないので1.3380で損切りする形を取りました。

    米新規失業保険数は市場予想よりも良い結果となりましたね。
    ドルストレートは下げる動きとなりましたが、オージー/ドルの日足が意識されて反発する動きにもなっていますね。
    ユーロ/ドルは下ヒゲの長い陽線となってその後上を目指す動きとなっています。
    ユーロは対ポンド、対オージーでもう一段上げて行きそうな形をとっていますね。

    ユーロは対ドルで上げてきていますが上は重いと思いますし、明日はポンド/ドルの売りでエントリーをする形のデイトレを考えています。
    ドルストレートの上が重くなった所とドル/円の上の重くなった所に注目ですね。
    オージー/ドルが反転を意識されるラインに差し掛かっていますので、こちらの動きにも注目しています。
    下へのエクスパンションにはついていかず、戻った所のみを狙う形で考えています。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    豪の第4四半期消費者物価指数

    市場予想を下回る形となり、対円以外のクロスで下げる動きとなりましたね。
    ダウと中国株が底堅く推移しているのを背景にオージーも底堅くなっていますが方向は下で捉えています。

    英中銀の金利の据え置きが全会一致したのと失業者数が大幅に減少したのを好感してポンドクロスは上げる形をとっていますが、上が重いですね。

    英中銀キング総裁からの追加利下げの検討という発言、また英国がEU離脱する懸念からポンドの上は重くなっています。

    今日は急遽出かける事になってしまったので早めにブログを更新致しますね。
    短いブログになってしまい申し訳ないのですがドル/円は持ち合いの印象ですね。
    ユーロ、ポンド、オージーは下だと考えています。

    明日はユーロ/ドルの売りでエントリーする形のデイトレを考えています。
    ユーロ/オージーはもみ合いになるかなと考えていますが、ユーロ/ポンドがどう動くかなといった所ですね。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    日銀の決定会合では

    ゼロ金利政策と、金融資産の買い入れ措置を必要と考えられる時期まで継続する、物価安定目標を2%へ引き上げる、といった内容が出ましたね。
    これを好感してドル/円、クロス円は上げる形となりましたが、特にサプライズも無くその後は下げる形へと転じています。

    日銀白川総裁からは、金融緩和以外に相当思い切った努力が必要、などと他の手段を匂わせる発言が出ていますね。
    ただ、こちらに関しては具体的な内容が出なかったため、ドル/円は下げる動きを加速させています


    今日は15:45の足が確定後にユーロ/ドルの売りでエントリーしました。
    ドル/円が切り下がる動きとなり、クロス円も同様の形、ポンド/ドルの上が重い所でユーロ/ドルは直近の高値を更新というを背景にエントリーしましたが、一旦持ち上げらる形となってしまいましたね。
    その後ユーロ/ポンドも考えていたように動いてくれましたが、17:45のユーロクロスが底堅くなった所で手堅く手仕舞いの形を取りました。
    その何分か後にユーロは大きく下げる形となりましたね。
    リスクを極力取りたくないので仕方ないのですが、やはりこれだけの下げ幅を見せられると取りたかったな、というような気持ちにさせられます。

    ユーロの下げはドイツの金融サービス監督庁が大手銀行に対して分離をシュミレーションするように求めたのが材料となったようですね。

    英PSNCRは市場予想を大きく下回りましたが、値動きは限定的でしたね。
    ユーロ圏、ドイツのZEW景況感調査の結果でエクスパンションの下、若しくは戻り売りを狙っていましたが、指標が上振れした事でユーロクロスはV字を描くような動きとなりました。
    どちらへの力が強いのかを見るため、手仕舞いした後は様子見している形です。

    米指標は市場予想を下回り、ドル/円は下げる動きで反応していますね。
    ポンド、オージーが上げる動きに対してユーロは下で反応してます。
    ドルストレート、クロス円共にもう一段の下げを考えていますが、難しい所ですね。

    明日は豪のCPI、英中銀MPC議事録公表と失業率、と強い指標がありますし、一旦様子見しようと思っています。
    指標に対してどう動き、大きな材料に対してどのように動くのかを確認したいと思います。
    今日のオージーの値動きも気になっていた事ですし。
    ドル/円も今日を通過してどのように動くのに注目する必要がありますね。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    各通貨

    調整といった感じで乏しい値動きとなりましたね。
    明日の日銀を待つ形となり手控えているといった印象です。

    今日は21:45の足が確定後にポンド/ドルの売りでエントリーしました。
    投機的に上に持ち上げられるリスクがありましたので、22:15に直近の安値に迫った所で手堅く手仕舞いの形を取りました。

    ラッカー米リッチモンド連銀総裁からはQEを出来るだけ早く終了するべきとの発言が出ていますね。
    これだけ多くの発言が出るとQEに対しては縮小の頭が強いように思えます。

    英の2012年10-12月期のGDPは減少した可能性があるとの事ですね、スペインも同様に減少の公算のようで、ユーロ、ポンド共にこちらは悪材料となりますね。
    ただドイツ経済は回復の兆しを見せているようで、輸出の見通しは改善されているなどとの報道も出ています。
    ユーロは対円以外でもみ合う形を取っていますね、対ポンドでは上だろうと考えていますが、調整になってもいいようなラインに差し掛かっています。
    テクニカルで見るとユーロはもう一段下げる印象です。

    現状ですとテクニカルはあまり効果がないような所ですね、日銀がどのような結果を出して、どう動くのかを確認するしかありません。
    ドル/円主導で相場は動く形になると思いますが、上げたとしても上は重いように考えています。
    今の所ユーロ/ドルの売りで考えている形ですね、ドル/円の上が重くなった所、もしくは切り下がる動きになった所を狙うつもりでいます。
    ユーロクロスの動向にも注意が必要ですね、特にユーロ/ポンドは意識される所だと思います。各通貨

    調整といった感じで乏しい値動きとなりましたね。
    明日の日銀を待つ形となり手控えているといった印象です。

    今日は21:45の足が確定後にポンド/ドルの売りでエントリーしました。
    投機的に上に持ち上げられるリスクがありましたので、22:15に直近の安値に迫った所で手堅く手仕舞いの形を取りました。

    ラッカー米リッチモンド連銀総裁からはQEを出来るだけ早く終了するべきとの発言が出ていますね。
    これだけ多くの発言が出るとQEに対しては縮小の頭が強いように思えます。

    英の2012年10-12月期のGDPは減少した可能性があるとの事ですね、スペインも同様に減少の公算のようで、ユーロ、ポンド共にこちらは悪材料となりますね。
    ただドイツ経済は回復の兆しを見せているようで、輸出の見通しは改善されているなどとの報道も出ています。
    ユーロは対円以外でもみ合う形を取っていますね、対ポンドでは上だろうと考えていますが、調整になってもいいようなラインに差し掛かっています。
    テクニカルで見るとユーロはもう一段下げる印象です。

    現状ですとテクニカルはあまり効果がないような所ですね、日銀がどのような結果を出して、どう動くのかを確認するしかありません。
    ドル/円主導で相場は動く形になると思いますが、上げたとしても上は重いように考えています。
    今の所ユーロ/ドルの売りでデイトレしたいと思います。
    ドル/円の上が重くなった所、もしくは切り下がる動きになった所を狙うつもりでいます。
    ユーロクロスの動向にも注意が必要ですね、特にユーロ/ポンドは意識される所だと思います。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    体調がようやく戻り

    明日からまたトレードを再開出来そうです。
    連日中身の無いブログになってしまい申し訳ありませんでした。

    中国のGDPにオージーは上げる形で反応しましたが、上から押し戻される動きとなりましたね。
    円とドルが買われる動きにはなっていないようで、オージーのみがクロスで下げる形を取っています。
    ただオージー/円での下げ幅は限定的ですね、こちらから円相場の底堅さが伺えます。

    英小売売上高は市場予想を下回る形となりポンドは下げる動きとなりましたが、発表直後の値動きは限定的となっていますね。
    その後ドルストレート、クロス円で下を試すような動きになっています。

    ドル/円はクロス円の下げに連れる事無く上昇の形を取っていますね、望ましいとされていた90.00を越えて90.21の高値をつけています。

    クーレECB理事からの長期利ファイナンスオペ返済がユーロ圏無担保翌日物平均金利レートに影響しない、との発言を受けてユーロはクロスで下げる動きとなっていますね。
    ユーロは今の所材料が無い事もあり、調整はまだ続きそうな所です。
    またキプロスやアイルランド、スペイン、ギリシャ、イタリアといった材料からまだ下げる形となりそうですね。
    ギリシャの融資に関しては織り込まれていると思いますし。

    中国株が持ち直した事とダウが強い形になったのを背景にオージーは底堅い形で終わっています。
    こちらは株価によって上下しそうですが、就業者数-5500人、またIMFの朱副専務理事からの中国はシステミックリスクの拡大の脅威にさらされている、との発言から方向は下で捉えています。

    ドルは債務上限の問題とQEといった感じで大きな材料が二つ出ている形ですね。
    どちらも何とも言えない発言が飛び交っている形ですが、債務上限に関しては引き上げざるを得ないでしょうし、注目されるのは歳出削減策の内容といった所になりますね。

    前回の財政合意案が可決した事で、大半の世帯が増税の形をこうむっていますし、国民の重しになるような案は出さないだろうと考えています。
    QEは徐々に縮小されていく頭が強くなっていると思いますが、失業率が改善されなければ拡大の余地もあるとの事で、失業率6.5%までは金利ゼロという懸念もありますし、ドルの方向は下で捉えています。

    ドル/円は金曜日を高い位置のまま終えていますね。
    日銀の強力な追加緩和、というものへの期待が伺えますが、発表を控えての調整もありそうですし、明日はポンド/ドルの売りでエントリー形のデイトレを考えています。
    注目されている指標が無い事で投機的な動きになりそうですので、エクスパンションには乗らず、切り下がった動きになった所のみを狙っていきたいと思います。
    深追いせずに小さく取りに行く形が良さそうですね。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    金曜日は

    体調が戻らなかったのでゆっくり休む形を取りました。

    わざわざブログを読みに来て下さっている方々にはこのような中身の無い内容で申し訳ないです。

    今日一日ゆっくり過ごして、明日値動きとニュースを追いかけたいと思います。
    また日曜の夜に更新致しますね。
    日曜にはしっかりとしたものを書きたいと思います。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    豪失業率は

    就業者数が-5500人となり、市場予想を大きく下回る形になりましたね。
    オージーはクロスで下げる形となりましたが、同時にユーロはクロスで上げる形を取っています。

    ドルが買われる動きにならなかった事で、ユーロの調整は終わったのかもしれない、という頭になり、下を深追いする所ではないと考えて11:15の足が確定後に手仕舞いする形を取りました。
    オージー/ドルも底堅そうなラインに差し掛かっていましたので。
    利幅はごく僅かなものとなってしまいましたが、予想していた動きと大きく異なる動きになりましたので、損切りにならなくて良かったなといった所です。

    お昼くらいから体調が悪くなり、今日は病院へ行ってきました。
    流行っているインフルやノロではないようなので安心しましたが、久々に8度を越える熱が出ているので、ブログを読んで下さっている方々には申し訳ないのですが今日はお休みさせて頂きますね。

    スイスフランの売りからユーロとドルは上げる形にもなっているようですね。
    頭がぼやっとしているのでざっくりとチャートを見てとりあえずのニュースを読んでいる形ですが、ユーロは調整を終えて反転するのではないかなと感じています。
    ドル/円は心理的に90.00を目指しそうですね。

    明日はトレードを控えてゆっくり休みたいと思います。
    体調が回復するようでしたら明日の夜にブログを更新致しますね。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ユンケル議長の

    為替相場は恐ろしく高い、という発言を受けてユーロはクロスで下げる形となりましたね。
    ユーロ圏の消費者物価指数が市場の予想通りとなった事でユーロクロスは上げる動きとなりましたが、上が重い形となっています。

    ユーロは強いと考えていますが、特に材料が無く、直近の材料は下げるようなものが多い事から一旦調整になるのではないかなと考えています。

    今日は20:15の足が確定後にユーロ/ドルの売りでエントリー、ポンド/ドルとで迷ったのですがユーロが対ポンドで下げる動きになるだろうと考えて選択しました。
    結果対ポンドでユーロは上げる形になってしまいましたね、ポンド/ドルの売りで入る形が良かったようです。

    ただ、ユーロ/ポンドは上が重い動きになっていますね。
    英国のEU離脱の可能性が出てきているようなのでポンドの方向は下で捉えてしますし、こちらは持ち合うような動きになるのではないかなと考えています。

    ダウが下げる動きとなり、中国株も下げる形を取った事でオージーも上を抑えられる展開になっていますね。
    買い意欲が強い足が続いていますが、一旦は連れる形で下げる動きになるように思っています。

    株価が下げる動きとなった事でオージーの上も重いと捉え米消費者物価指数に乗る事にしましたが、発表直後は特に動きがありませんでしたね。
    ドル/円はもう一段下げそうな動きをしていますし、ユーロ、ポンドの方向も下、オージーも明日の豪失業率を意識して調整の動きになるのではないかなと考えています。

    先ほど取ったポジションは保有している形です。
    ポンド/ドルももう一段下げそうな形をしていますし、ユーロ/ドルももう一段下げそうな印象です。
    豪失業率が好感される結果となって上げてきても、ドルストレートの上は重いような印象ですね。
    ストップを1.3335に入れてもう一段の下げを狙ってみようと思います。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : デイトレード
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    オバマ大統領からは

    債務上限は引き上げる以外に解決策はない、との発言が出ましたね。
    債務上限を引き上げるのに歳出の削減を行う必要があるとなると、どういった削減策になるのかに市場は注目する形になるでしょうね。

    QEに対してウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁は、13年後半まで継続されるだろう、今年の後半にも必要だろう、などと発言していますね。
    ブラード・セントルイス連銀総裁からもQEは徐々に縮小などと出ていますし、FRBによる債権の買い入れは縮小する頭の方が強いように感じています。

    今日は19:15の足が確定後にポンド/ドルの売りでエントリーしました。
    ユーロ/ポンドが21日腺で跳ね返り、ポンド/オージーでは上ヒゲの長い陰線となりましたので。
    ただ、昨日のブログでも書いたように大きな方向は上で捉えていますので、19:45に直近の安値に差しかかった所で手堅く手仕舞う形を取りました。

    ドル/円は日中大きく下げる形となりましたね。
    ドル/円主導で円が買われる動きとなり、連れてクロス円も下げる形を取っています。
    円安は国民生活にマイナスの影響がある、といった甘利再生相の発言が材料視された模様で、利確の動きが活発化しているようです。

    望ましいと発言されたドル/円の90.00はまだ意識されているとは思いますが、日銀の強力な金融緩和といったものも十分に織り込まれているような所ですし、要人発言で底を堅くするとは思いますが、方向はドルが決めていくような展開になりそうですね。

    中国株が底堅く推移した事でオージー底堅い動きとなりましたね。
    ダウは昨日の安値を更新しましたが、役割が反転したラインで跳ね返し底堅く推移しています。
    米指標は冴えない結果が続いていますね、債務上限引き上げに対する削減策、QEへの警戒感といった感じで方向が無いような所です。
    小売売上高、生産者物価指数、NY連銀製造業景気指数の結果がどちらとも言えない内容になった事もありますが、特にドルは反応していない、といった形を取っています。

    一旦避難したいような所なのではないかな、と考えると、ドル/円が行き過ぎている事も踏まえて円買いの動きになるのではないかなと考えています。

    イタリアのモンティ首相からの、イタリア経済は現状のままでは上手く行かなくなる、といった発言はユーロにとって悪材料となっていますし、ドイツの今年のGDP見通しを下方修正した事も悪材料となっていますね。
    ユーロの方向は上で考えていますが、特に上げる材料が無いことからこちらも一旦下げる形になるのではないかなと考えています。

    オージーは既に木曜日の豪失業率を意識していると思いますし、株価が上を抜けられないようなら利確の動きになるのではないかなといった印象です。

    ユーロ/ポンドが行き過ぎているような所から下げる動きに転じていますね。
    ユーロ/オージーでも下を壊しに行きそうな印象です。
    明日はユーロ/ドルの売りでエントリーする形のデイトレを考えています。
    オージー/ドルの上と株価の上が意識されそうですね、上げて行くようなら上が重くなるのを待って、下げるようでもエクスパンションにはついていかず、一旦戻った所を売りたいと思います。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : 初心者のデイトレード
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    材料難といった感じで

    各通貨ペアは小さな動きとなりましたね。
    オージーは豪の住宅ローン貸出が市場予想を下回った事で下げる動きとなりましたが、その後オージークロスは上げる動きに転じました。
    ポンド/オージーの上の重そうな所から動かしてきた印象です。

    ダウは上が重く下げる動きとなっていますが底堅い形を取っていますね。
    中国株が上げてくる動きとなりましたので、こちらを好感してオージーは上げる動きとなったようです。

    今日はオージーが強くなった事でオージー/ドルでのエントリーは見送る形に。
    ポンドが弱い形となっていたのでポンド/ドルの売りでと考えましたが、ユーロ/ポンドが行き過ぎているような所だったのでこちらも見送り。
    ユーロは対ポンド以外で下げる動きとなりましたが、ユーロを売りたいような所ではないので手控える形を取りました。

    ギリシャ新民主主義党の本部に銃弾が打ち込まれた、との報道からユーロは下げる動きで反応したようですね。
    ユーロの11月鉱工業生産は市場予想を下回りましたが、こちらは特に値動きに影響していない感じですね。

    ポンドは対ドル、対円、対オージーで下を試しに行きそうな印象ですね。
    ユーロ/オージーは拮抗している形で、中国株の動きが強さを決めているような形です。

    市場は明日早朝のプラートECB専務理事の講演、バーナンキFRB議長の講演を待っているような所ですので、どういった内容が出るのか、またどういった値動きになるのかに注目したいと思います。
    ただ、大した内容は出ないように思っています。

    ドル/円の方向は上で捉えていますが、一旦クロス円から上を抑えられるのではないかなと考えています。
    ドル/円自体も高い所に行きすぎているので利確の動きになっても良いと思っていますし。
    ダウも上を試しましたが下げる動きになっているので一旦は利確の動きになるのではないかなと考えています。

    明日はドイツのCPI、英のCPIを見てからエントリーを考えている形です。
    今の所ポンド/ドルの売りでエントリーする形のデイトレを考えていますが、ドルストレートの方向を大きくは上で捉えているので売りで入るのが難しい所ですね。
    英のCPIを見た後、ドルストレートが切り下がる動きになるようならポンド/ドルの売りでエントリーしたいと思います。
    明日も限定的な形のみを待ってのトレードが良いかなと思っています。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ユーロは

    キプロスの格下げ、スペイン、イタリアの格下げと悪材料が出ていますね。
    ユーロはクロスで高い位置を保ったまま金曜日を終えていますが、対ポンドで上を意識されるラインにぶつかっています。

    円相場は依然として底堅い所ですが、ドル/円、クロス円の行き過ぎている所がとても気になりますね。

    ダウは下げる動きとなりましたがその後持ち直して上昇する形をとっています。
    中国株は陰線で終える形となり、対円を除いてオージーは弱い形で終わっていますね。

    ポンドは対ドルで上が重い形を取っていますね、0時の足でポンドクロスは上げる形を取っていますが、ポンド/オージーで上を壊しに行く動きに連れたものだと考えています。

    オージーが弱くなった事でドルストレートの上は重くなったと思いますし、ドルの方向自体も上だと考えていますので、材料が無い事からも利確の動きになるのではないかなと考えています。

    明日は目立った指標もなく、方向感の無い相場模様になりそうですね、オージー/ドルの売りでエントリーする形のデイトレを考えていますが、投機的な動きが強くなる印象なので下へのエクスパンションにはついていかないつもりです。
    切り下がる動きになった時のみエントリーしようと思っていますので、見送る可能性が高いですね。

    ドル/円、オージークロス、中国株の動きに注意が必要ですね、エントリーしたとしても小さく取りにいく形が良いかなと考えています。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : 本当の初心者の為のFX”外国為替証拠金取引”入門
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    QEに対して

    カンザスシティ連銀総裁からは出口を複雑にする可能性がある、プロッサー米連銀総裁からはQEに大賛成ではない、などとの発言が出ていますね。
    各連銀総裁から資産購入は徐々に縮小、または停止などの発言が相次いでいますので、ドルに対しての警戒感は上がってきているように感じます。

    ユーロは利下げ懸念で上を抑えられていたため、現状維持の形をとった事を背景にクロスで上げてくる形となりましたね。
    ムーディーズがキプロスを格下げしましたがユーロは強さを保ったままでいます。
    レスラードイツ財務相から、ドイツ経済は2013年は間違いなく回復する、などといった強い発言も出ていますのでユーロの方向は上で捉えています。

    日本の貿易収支は8475億円となり、予想の8320億円を上回る赤字幅となりましたね。
    これを受けてドル/円は上昇、クロス円も上を目指す動きとなりました。
    中国のCPIは市場予想を上回る形となりましたが、特に値動きにには影響していないような様子ですね。

    今日は保有しているユーロ/円のポジションを19:15の上が重くなった足を見て手仕舞いする形を取りました。
    英指標を受けてポンド/ドルは下げる動きとなりましたし、オージーもダウが下がった事や中国株が下げる動きになりましたので上は重いと思いましたので。

    ユーロの方向は上、ドルの方向も上、オージーも上でポンドは下といった感じで捉えていますが、米貿易収支に対する値動きを見るとポンド/ドル、オージー/ドルで上が重いような形となっていますね。
    円相場は依然として底堅い所ですが、ドル/円からは行き過ぎている印象が強いです。
    サイクル的に見てもドル/円は12/17の週に一旦下げる動きになりましたが、上昇を続けているような状態です。
    クロス円も行き過ぎているような形をとっていますね。

    ユーロ/ドルは週足の200日線が上を抑え、ポンド/ドルでも同じように週足の200日線が上を抑えている形です。
    各通貨一旦手利確の動きに動いても良さそうな所ですね。
    方向は上記に書いた通りですが、一旦ドルストレート、クロス円共に下げる動きになるのではないかなと今の所考えています。

    株価の影響で値動きが左右されそうな所ですので、そちらの動きに注意する必要がありますね。
    今日の終値がどういった形になるのかに注目したいと思います。
    また日曜の夜に更新致しますね。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ECB政策金利は

    現行の0.75%を据え置く事で決定しましたね。
    これを受けてユーロは上昇、その後の米新規失業保険数が市場予想よりも悪い結果となった事で、ドルストレートはドル/円を除いて更に上へ向かう動きとなりました。

    ドラギECB総裁からの金利決定は全会一致という発言を受けてユーロはクロスでもう一段上げる形となりましたね。
    利下げ懸念がユーロの上を抑えていましたので、ユーロは調整を終えて再度上に向かうのではないかと考えています。

    今日は予定通り東京市場で参加する形を取りました。
    ユーロ/オージーは豪の住宅建設許可件数、中国の貿易収支を受けて安値を更新する動きとなりましたが、市場の注目はECB政策金利に集まっていましたので、大きく下げる所ではないですし、11:30の下ヒゲが出た後の陽腺確定にユーロ/円の買いでエントリーしました。
    ドル/円も下ヒゲのロウソク足を形成していましたし、オージー/円も方向は上で捉えていましたので。
    ユーロ/ポンドは陽腺、ドルストレートももみ合う展開となっていましたし。

    思惑通りに相場が動いてくれたので、現在はECB政策金利を通過して取ったポジションを保有している形です。
    ギリシャの失業率が過去最悪の26.8%、キプロスの救済は1月に合意されず、時間を必要とする見込み、などとユーロにとって悪い材料も出ていますが、スペイン国債の入札が好結果になったりと好材料も出ている形ですね。

    ダウは底堅く推移していますし、ロンドンFTSE100も高い所を維持、ドイツDAXは上が重い動きになっていますが底堅い様子も見せています。
    中国株も高い位置を維持していますので、現状オージーは強い状況のままだと考えています。

    スペインの利回りは若干上げていますが1/1に下げた水準を保ったままでいますし、イタリアも同様といった形です。
    ユンケル議長のユーロ圏債務危機の最悪時期は終わった、ECB総裁からの今年の後半に段階的に経済は回復、といった発言からもユーロは強い所だと考えています。
    ギリシャ、キプロスの悪い材料に対しても下げて行く動きにならない事から市場は期待に寄っている、というのが伺えますね。

    IMM通過ポジションを見るとユーロ/ドルの売り買いは拮抗している形ですが、こちらは今日のECB政策金利と調整を見越してのものだと思いますし、オージー/ドル、ポンド/ドルは買い持ちが多いといった感じですね。
    豪、中国共に指標は強い形を保っていますので、オージー/ドルの買い持ちは更に増えるのではないかなといった印象です。
    IMM通過ポジションでのドル/円も円売りが圧倒していますね。
    こちらからも円相場の底堅さが伺えます。

    ポンドが対オージーで強いラインに差し掛かりましたね。
    こちらは利確もあって一旦上げる動きになると重いますが、上は重く大きくは下げだと考えています。

    米は債務上限の引き上げで意見の分かれる形となっていますね。
    FOMCで債権買い入れ縮小のが行われる可能性が出ているようですし、現行は財政の崖問題回避の安堵感、更には債務上限の引き上げの問題もどうにかするだろうの期待感からドルの方向は上で考えています。

    市場の注目は21-22日の日銀といった感じで、それまで円相場は底堅く推移するのではないかなといった印象です。
    明日もドルストレート、クロス円は上げて行く形で予想しています。

    ドル/円の直近の高値に対しての値動き、オージー/ドルの上に対しての値動きに注目ですね。
    オージー/ドルは日足で三点を抑えている強いラインですので、一旦利確の動きになっても良さそうですが、値動きから下げる動きに転じない所を見ると明日の中国のCPIに対する期待が強いといった感じを見受けますね。
    ユーロクロスは対ドル、対ポンドで上を試しに行く動きになるのではないかなと考えていますし、対オージーでも下げる動きに転じない事から買い意欲が強いといった印象です。

    現在保有しているユーロ/円のポジションで明日は116.28辺りにストップを入れて中国のCPIに臨む形のデイトレを考えています。
    英の指標を通過して、NY時間前に決済予定で考えています。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXで稼ごう!
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    日銀が

    次回の会合で物価目標2%へ引き上げる事を検討している、との報道が出ていますね。
    21-22日の金融政策決定会合まで円相場は底堅さを維持しそうです。

    豪小売売上高は市場予想を下回る-0.1%となりましたね。
    これを受けてオージークロスは下げる動きとなりましたが下げ幅は限定的となり、オージーは強い形を保ったままでいます。

    日中ドル/円、クロス円は上げて行く形となりましたが、材料は特に聞かれていないとの事で、買い遅れ筋などからの散発的な買いが観測されているようです。

    今日はポンドクロスの上が重くなった19:30の足が確定後にエントリー、ユーロは対ドルで上げて行けるような所ではない、というのを背景に20:00のドイツ指標に乗る事にしました。
    市場予想を上回っても上は重い形でしたので。
    目立った指標が無く、NY時間は投機的な動きが強くなると考え21:00の足で手仕舞いの形を取りました。
    ユーロ/ドル、オージー/ドルが底堅い動きにもなりましたし。
    その後ポンドは対円以外で更に値を下げる形となりましたが、深追いするような所では無いと考えています。

    明日は市場が注目しているECB理事会が行われますね。
    利下げ懸念と今回は無いだろう、との疑心暗鬼から、政策金利の発表までは乏しい値動きになる予想をしています。
    または上下のストップを壊しに行くような動きになるのではないかなといった感じですね。

    年明けからユーロは下げてきているものの、その下げ幅の多くは調整だと思っています。
    利下げ観測の報道が出てから上は依然重い形を取っていますが、底堅さも維持しています。
    こちらの値動きから利下げ懸念で一方向に進んでいるわけではない、というが伺えますね。
    対ドルでは安値を切り上げていますし、テクニカルで見てもユーロ/ドル、ユーロ/オージーは買い意欲があると思われるラインに価格が来ています。

    オージーは今の所強く方向は上、ポンド/ドルも貿易収支が市場予想を下回りましたが下げる動きで反応していませんし、その後の下げはユーロに連れたものと考えていますのでポンド/ドルは下げ止めてもいい所なのかなといった印象です。

    ドル/円の方向は依然上で捉えていますし、明日はゴトー日でもありますので東京市場でエントリーしてECBを通過するリスクを取ってみようかなと考えています。
    英中銀の政策金利は現状維持でくるのではないかなと思っていますし、中国の貿易収支が大きく下振れしなければオージーは強さを保ったままでいると思いますし、本来思いでトレードするのは良くない事なのですが、明日は普段よりもリスク許容度を上げてユーロ/円の買いでデイトレしたいと思います。
    午前9時くらいからチャートを見て、若干大きめにストップを入れてECBを通過したいと思います。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    豪の貿易収支が

    市場予想を下回る結果となりましたね。
    この結果を受けてオージーは対ドルで下げる動きとなりました。
    ただその他のクロスでは下げていくような動きになっていませんね。
    中国経済の回復の兆し、欧州や米国の持ち直し、といったものを背景に強さを保っているといった所ですね。

    オバマ大統領は債務上限に関する交渉を行わないだろう、などといった報道が出ていますね。
    FOMCで債権買い入れの縮小などといった報道も出ていますので、直近を取ってドルは強い形なのかな、と考えています。

    ユーロ圏の指標は弱い形となりましたが、ユーロは下げるような動きでは反応していないですね。
    ただ対オージーでは下げる動きとなっています。
    その後のドイツ指標に対しても値動きは限定的ですね、ESM債の入札が予想以上の好結果となった事でユーロの下げる動きは止められている模様です。
    ただ、現状は直近のECB理事での利下げ懸念ですね。
    今回は利下げや追加緩和は行われないだろうとの観測もあるようで、ユーロは報道に出ているように疑心暗記な所だと思います。

    オージーの値動きからオージーの強さは保たれているように感じますし、ユーロは下値を試しに行く動きになるのではないかなと考えています。
    円相場は依然底堅く、ドル/円の方向は上で捉えていますがユーロからリスク回避の動きになるのではないかなと思っています。
    オージーも対ドルでは上が重い所ですし、一旦ドルストレート、クロス円共に下げる動きになるのではないかなといった印象です。
    ドル/円は持ち合いをイメージしているので、今は手を出さない方が良さそうですね。

    明日は豪の小売売上高で動かしてくると思いますが、その後目立った指標は無く、10日のECBを意識して乏しい値動きになりそうですね。
    利確の動きにもなると思いますので、明日はポンド/ドルの売りでエントリーする形のデイトレを考えています。
    オージー/ドルとユーロポンド、ドル/円の動きに注目といった感じですね。
    市場が様子見ムード、いった感じになると思いますので明日も小さく取りに行く形で考えています。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    材料難といった形で

    今日は動意の乏しい値動きとなりましたね。
    各通貨大した動きもなくレンジ内での推移となっています。

    風邪をもらってしまったのか、先ほどからどうも熱っぽい感じになっているので、ブログを読んで下さっている方々には申し訳ないのですが今日は短文とさせて頂きますね。

    ユーロは10日のECB理事会で利下げの観測が出ているようですね、こちらを受けてユーロも上は重くなっている、といった所です。
    欧州の債務危機が一段落した事や、米国の住宅市場が持ち直されたのを背景に、資源関連を始めとした豪州の輸出がサポートされた可能性があるとの事です。

    豪の貿易収支の赤字幅がどういった形になるのかに注目ですね、赤字幅縮小となればオージーは上げて反応すると思いますし、拡大すれば下げて反応すると思いますし。

    ユーロは一旦利下げ懸念から調整の動きになるのではないかなと考えています、方向は上で捉えていますが10日までは調整の動きが強くなるのではないかな、といった感じですね。

    豪の貿易収支がどういった結果になるかによりますが、好感して上げていくようでも上は重い所ですし、明日は売り場を探そうと考えています。
    豪の貿易収支の結果、それに対しての値動きを見て、ユーロ/ドル、オージー/ドルのどちらかで売りで為替相場に臨む形のデイトレを考えています。
    大きな流れは上で捉えていますので小さく取りにいく形が良さそうですね。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ドイツ財務相から

    ギリシャは改善の兆しが見られている、市場に信頼が戻りつつある、などと発言していますね。

    ブラード・セントルイス連銀総裁からは2013年末には米失業率は7.1%に低下するとの発言があり、ラッカーリッチモンド連銀総裁からはFOMCはインフレの上昇が進む前に資産の購入停止を行う必要がある、などと発言が出ています。

    金曜日はISM非製造業景況指数の発表後、終値に向かってドルストレートは上げていく形となりましたね。
    ドル/円も直近の高値付近まで上昇して若干下げる形で終わっていますが大きく利確する動きにはなっていません。

    クロス円も上昇する形となって高い所を維持したまま金曜日を終えていますね。
    ユーロは対オージーで弱く、対ポンドで強く、といった感じに動いていますが、対オージーでは直近の安値で支えている形ですね。
    直近の安値を3度試していますが跳ね返される動きとなっています。
    テクニカルで見るともう一段下げても良さそうですが、2点を跳ね返している支持線と100日線が重なっている所なので底堅いと考えています。

    オージーはクロスで強い形を取って金曜日を終えていますね。
    中国の指標は現状良好といった感じで、中国株は陰線で終えていますが高い位置を保ったままでいます。
    ダウも高値を更新した所で下げてきていますが、その後は底堅く推移していますね。
    対ユーロで大きく上げるのが難しい所かな、と思うとユーロとドル/円から動かしてくるのではないかなと考えています。

    米雇用統計は失業率の悪化を嫌気してドルは下げる動きとなりましたが、非農業者部門では市場予想を上回っている形でしたし、要人発言からFOMCの資産の購入に対する警戒感は薄れているように感じていますのでドル/円は上を目指すだろうと考えています。
    日銀が強い支えにもなっていますので。

    明日は金曜日のブログに書いたようにユーロ/ドル、ドル/円の買いでデイトレしたいと思います。
    オージー/ドルの直近の高値とユーロ/オージーに注意する必要がありますね。
    ユーロ/オージーが下げるようならオージー/ドルの買いに切り替えてエントリーしようと思っています。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXで稼ごう!
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    FOMC議事録の発表後

    ドルストレートは下げる動きとなり、ドル/円は上昇、クロス円は上下から挟まれてどちらでもない値動き、といった形になりましたね。

    中国HSBC非製造PMIは市場予想を下回りましたが、こちらは特に値動きには影響していない様子です。

    ユーロは対ドルでもう一段下げる動きとなりましたが、対ポンド、対オージーでは切り上げる動きとなっていますね。
    対ドルでの値動きはADP雇用が市場予想を上回った事を好感してのドル買い、そちらの結果から雇用統計の結果を期待してのドル買いだと考えています。

    ドイツの小売売上高が強い結果となりましたが、これを受けてユーロは下げる形を取っていますね。
    対ドル主導で動かしてくる展開でしたので、ユーロの下への動きは投機的なものだと思っています。
    19:00のユーロ圏12月CPIは市場予想を上回る形となりましたね。
    対ドルでは上が重いものの、ユーロはクロスで上げる形を取っています。

    ユーロクロスが日足で底堅い所から切り上げる動きになっていますね。
    ドルストレートは米雇用統計の結果を受けて上昇、その後のISM非製造業景況指数の結果で下げていますが上昇幅を下回るような動きにはなっていないですね。

    ドル/円も米雇用統計で下げた値をISM非製造業景況指数で戻しています。
    ユーロ/円、オージー/円に関しては高値を更新する動きになっていますね。
    こちらの値動きから円相場は依然として底堅いといった印象です。

    ダウは高値を更新して底堅く推移していますね。
    FOMC議事録を受けて下げる動きとなりましたが値幅は限定的でその後持ち合っている形です。
    中国株も現状強い形を維持していますので、オージーから大きく下げて行くような所ではないと考えています。

    オージーは一旦利確の動きになってもいいような所ですね、ユーロの調整も終わって良さそうな所だと思っていますし、ドルストレートは方向を上に切り替えるのではないかと考えています。

    スペインの利回りは1/2に下げた値を保っていますし、ギリシャの利回りも12月中旬から下げた値を現状保っていますので、ユーロは調整を終えてもいい所なのかなといった印象です。
    ドル/円は行き過ぎているような形ですが、心理ラインで止まる事無く88.39まで上げてきていますね。
    望ましいと発言された90.00まで上げて行きそうな雰囲気です。

    今日の終値がどういった形になるのかに注目していますが、今の所ユーロ/ドルの買いでデイトレを考えています。
    ドル/円は下がった所を買って若干保有してみようかなと考えています。

    また日曜の夜に更新致しますね。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ドルストレート

    クロス円共に下げる動きとなりましたが、オージーのみは強い形を維持していますね。
    中国の回復を背景にオージーは強い形となっていますが、ダウの上が重い状況ですので、このまま大きく上げていける所ではないように考えています。

    今日は18:15のユーロクロスの上が重くなった動きが確定後にユーロ/ドルの売りでエントリー、ドイツの失業率を受けて上に行く動きも見られなかったですし、ドル/円も日中につけた87.34を越える事が出来きずに切り下げる動きとなりましたので。

    日足、4時間で意識されるラインに差し掛かったので19:30の足が確定後に手堅く手しまう形を取りました。
    対ポンドで上げてくる意欲が強い足にもなりましたし。

    米財政の崖問題はとりあえず回避されたものの、歳出削減に対する不透明感は残ったまま、結果的にほとんどの世帯が増税の形になってしまうといった事から依然として不安定な状況には変わりないです。

    ユーロはドイツの失業者数が3000人増と、市場予想の10000人増を下回る形となりましたが、上げて行く動きにはなりませんでしたね。
    対ドルでの調整の強さがこちらから伺えます。

    英の建設業PMIは市場予想を下回る形となりましたが、こちらにもユーロは下げる動きで反応しています。
    ただ、ユーロクロスは日足で意識されるラインまで下げてきていますね。
    調整を終えて上げて行く可能性が十分にあるように思っています。

    ポンドの下げはユーロ/ドルに連れたものだと考えていますので、こちらも反転出来る所だと思いますし、オージーは対ドルで強い形を保っている、といった形です。
    円相場は依然底堅く、米指標に対してのドル/円の動きは上は重く、底堅く、といった形になっていますね。

    米ADP雇用の結果を取るのか、新規失業保険数の増加を取るのか、この後4時から発表されるFOMC議事録を意識して手控えている事から、ドル/円がどちらに振れるのかが見えてこないです。
    明日は米雇用統計がありますので、日中、欧州時間共に乏しい値動きになりそうですね。

    再度リスクオンの動きになって、ドルストレート、クロス円は上げていく動きになるのではないかなと考えていますが、FOMC議事録、米雇用統計の結果を待ちたいと思いますので明日は手控えて為替相場の様子を見たいと思います。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    上院は

    年収45万ドル以上の富裕層の増税を可決しましたね。
    下院から修正案が出る動きにもなったようですが、上院で可決された財政案は下院でも可決される形となりました。

    財政の崖が回避された事で市場はリスクオンで反応する形となりましたね。
    ドル/円は87.00を抜ける動きとなり、クロス円も上昇、ドルストレートも上昇といった動きになりました。

    ただ、今回の財政法案で給与税の減税が失効、といった感じになってしまいますので、ほとんどの世帯が増税の形となってしまうのですよね。
    こちらがどのように米景気に影響を与えるのか、という点を意識する必要がありそうですね。

    中国の製造業PMIが市場予想を下回る形となりましたが、こちらは三ヶ月連続で拡大した事を好感しているようです。
    これを受けてオージーは対ユーロ、対ポンドで強い形となっています。

    ドイツ、ユーロ圏の製造業PMIは予想を下回ったものの近似値、重要指標ではない事を考えるとユーロクロスで投機的に下を壊しにいった印象ですね。

    英製造業PMIは市場予想より強い結果となりましたが、上に向かう動きにはなりませんでしたね。
    ポンドはクロスで下に向かう動きとなっています。

    ポンドは対オージーで大きく下げてきていますね、現安値を更新してもう一段下げる動きになるのではないかなと考えています。
    ポンド/ドルは日足で意識される上を試しましたが、こちらも上から戻されて下げる動きになっていますね。

    ドイツのCPIが市場予想を上回る形となりましたが、ユーロクロスは上が重い形で反応、こちらからは調整意欲の強さが伺えます。
    ユーロクロスが底堅い所に来ているので一旦手仕舞いの動きになるのではないかなと考えています。
    リスクオンの継続期待で押し目買いもあると思いますし、ユーロクロスは一旦上げる動きになると思っていますが、上げた所を狙って下げてくる動きになるのではないかなと考えています。

    米ISM製造業景況指数は市場予想を上回り、これを受けてドルストレートは下げる動きとなっていますね。
    ダウは上の重い所に来ているので、一旦下げる動きになるのではないかなと考えています。
    中国株は製造業PMIを背景に強い形を保っていますので、オージーは底堅いと思っていますが、ユーロ、ポンドによって下げる動きになりそうですね。

    ドル/円は越えた87.00が支持腺として機能している形ですが、上が重く抜けられない形を取っていますね。
    テクニカルで見ても行き過ぎている所ですし、ユーロ/円は4時間足で波動を3つ終えているような印象です。
    円相場は依然底堅い所ですが、ドル/円は一旦手仕舞いの動きになるのではないかなと考えています。

    市場の注目は既に金曜日の米雇用統計に集まっているといった感じですね。
    米新規失業保険数は前回の雇用統計後どちらも市場予想を上回る形となっていますし、雇用の回復に期待は十分あると考えています。
    米指標は強い形を保っていますし、ユーロはもう一段の調整、ポンドも調整、オージーの方向は上で捉えていますが、連安になる印象、ドル/円の方向は上ですが、こちらも一旦手仕舞う形で下げるかなといった印象です。

    明日はユーロ/ドルの上が重くなった所を売りで、オージー/円の底が堅くなった所を買いでデイトレしたいと思います。
    ユーロクロス、ドル/円の動向に注意が必要ですね。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    市場の注目を

    米財政の崖問題が独り占めしているよな状況になっていますね。
    リード上院院内総務からは崖を回避出来ると期待、米上院関係者からは財政合意が出来ても大幅な歳出削減は出来ない可能性がある、などと報じられています。

    ドルの強さは今の所財政の崖問題に沿ってどちらとも言えない所ですね。
    ポンドクロスが強い形を取りもう一段上げそうな動きをしています。
    ただ、テクニカルでの分析は現状だと「こう思う」くらいの材料にしかならないですね。
    米財政の崖問題がどういった結果を出して、どのように相場が動くのかを今は見るしかない所です。

    ポーカス上院議員からは合意にかなり近づいている、マコネル上院院内総務と米副大統領からは歳出削減以外で合意は近い、などと発言しています。
    オバマ大統領からも財政の崖を回避する合意が視野に入ってきた、などとポジティブな発言が相次いでいます。

    しかし依然として未解決の問題が残っているというオバマ大統領の発言や、米上院関係者からの発言はネガティブな材料ですし、値動きもどちらかに偏りがある、といったものではありません。

    円相場は上方向に偏っていますが、クロス円では上を意識されるラインに差し掛かっていますし、ドル/円も87.00の心理的ラインに差し掛かっていますので一旦は調整の動きになっても良い所かなとは思っています。

    1日朝方には税に関する全ての件で合意に達した、といった報道が出たと思えば、税に関する合意は出来ていない、などと覆すような報道が出てきたりで、何とも不安定な状況となっています。
    米上院本会議は財政合意案を賛成が89、反対が8で可決したようで、こちらの合意案を下院に送付したと報道されていますね。

    「こう思う」で考えるなら、どうにか財政の崖回避の処置を施すだろう、リスクオンの動きとなってドルストレート、クロス円は上昇、といった思いはありますが、こちらは予想ではなくただの思いですのでトレードには全く役に立たないものです。

    手を出すと怪我をする、というような相場状況ですので、結果と動きが出るのを今は待つしかないと考えています。

    明日は奥さんの方の実家に新年の挨拶で足を運ぶ予定です。
    福袋も見て回るとの事ですのでゆっくり過ごすお正月、といった感じにはならなそうですね。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    リード上院院内総務から

    民主党は社会保障に関する変更を受け入れない、対案をまとめる事はできていない、などといった発言が出ていますね。

    上院は現地時間で明日の午前11時に協議を再開するとの事で、財政問題合意のための時間はまだ残されている、との発言も出ています。

    中国の12月HSBC製造業PMIが51.5となり市場予想を上回る形となりまいたね。
    これを受けてオージークロスは上で反応していますが、対ドルでは上が重く、対ポンドでも跳ね返される動きとなっています。

    ユーロ/オージーでも一旦下げ止める動きになりましたが、ユーロはオージーに対しても下げる動きとなりましたね。
    ユーロクロスで下げてきている形です。

    ドルストレートでの動きを見ると、オージーが中国の指標を受けて上に行けない形となっていますね。
    ユーロからの下げは特に材料が出ていない事から調整といった印象ですね。
    ポンド/ドルの動きは上といった形になっていますがポンドクロスで意識されるラインに差し掛かっていますね。
    ポンド手動で下げる動きになるのではないかな、といった印象を持っています。

    円相場は底堅い所ですが、円に一旦避難する動きになってもいいような所ですね。
    ポンド手動で一旦上に振ってドル/円、クロス円で下げてきそうな印象ですが、今は米財政の崖問題に関しての報道を待つしかないですね。

    財政の崖協議が進展、崖回避率は50%を上回る、との報道を受けてドルすトレート、クロス円ともに上で反応していますが、決定的なものが出るまでは不安定な相場状況になりそうですね。

    新年明けましておめでとう御座います。
    ブログを読んで下さっている方々に、読んで良かった、と思って頂けるよう努めてまいりますので本年も宜しくお願い致します。
    今日は初詣に行ったり、実家の方に顔を出したりと正月らしい一日を過ごしたいと思いますね。


    【ブログランキング一覧】

    ランキング


    blog Ranking



    Ranking



    投資ランキング


    ブログランキングNo.1


    人気日記BLOG

    ブログランキング

    ブログランキング-ブログのまど

    まるるサーチ

    検索エンジン Mono Search

    ジャパンマトリックスネット

    検索エンジンCKE

    検索サイト【e-poketReサーチ】

    相互リンク集|Links(リンクス)


    検索エンジンLucySearch


    ClickMore Search!

    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    プロフィール

    上山康浩

    Author:上山康浩
    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    FX専業トレーダーの上山康浩と申します。
    デイトレを基調としたスタイルで、ファンダメンタルとテクニカルを用いた裁量トレードを行っています。

    1時間足、15分足、5分足が主でして、相場状況によってはスキャルピング、スイングも行う形です。

    用事や体調不良を除いては、月曜から金曜まではPCの前で記事を読んだり、チャートを追ったりというような生活を送っています。

    ブログの更新時間を変更致しました。
    相場が本格化する欧州時間に間に合わせる形で、当日の昼までにブログの更新を行いたいと思います。

    最新記事
    カテゴリ
    FXの基本項目
    トレードを始める前に、知っておかなければならない基本的な知識ですね。
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    ニュース
    よく閲覧しているニュースサイトです。
    Market Win 24、FX WAVE、GI24などと合わせて活用しています。

    ●ロイターニュース


    ●日経新聞


    ●済龍CHINAPRESS



    ●ウォールストリートジャーナル


    ●YAHOOニュースBUSINESS
    予想グラフ
    投資家の心理が、どういった方向に偏っているのかを掴むのに役立つグラフですね。


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    経済指標カレンダー
    重要度が細分化されていますので使い勝手が良いです。

    各国市場の休日
    乏しい値動きになりそうだな、なとどいった予測を立てやすくなりますので、抑えておいた方が良い項目ですね。

    各国市場の休日
    政策金利
    直近だけでは無く、過去にさかのぼってのデータが記してありますので、非常に見やすい作りとなっています。

    政策金利 
    シカゴIMM通貨先物ポジション
    金曜日の取引終了後に、火曜日時点の値が公表される形ですので遅れを考慮する必要がありますが、通貨がどういった偏りになっているのかを見るのに役立ちます。

    シカゴIMM通貨先物ポジション 
    チャート
    金や原油、米、独、英、日の株価、米国債といった様々なチャートが用意されています。
    相互チャートで開くと、ラインを引いたり、指標を使ったりが可能になりますので非常に使い勝手が良いです。

    チャート 
    企業決算・国債入札予定日
    国内外の企業決算や国債入札の予定が経済指標と合わせて記載されています。

    企業決算・国債入札予定日 
    国債金利チャート
    問題を抱える国
    アクセスランキング
    オートリンクネット
    アクセスアップの裏技:オートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら 裏情報暴露大公開します
    ネットで儲ける時代

    BBS7.COM
    MENURNDNEXT
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。