スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村

    依然

    財政の崖問題に対しての結論は出ないまま、といった形ですね。
    上院では減税延長の案を進めているようで、年内可決の可能性はまだ可能だと報じられています。

    金曜日は投機性の高い相場模様となりましたが、ポンドは対ドルで強い形のまま終わっていますね。
    ユーロは対ドルで戻しましたが上を意識されるラインで持ち合い、調整の意識の方が強いといった所でしょうか。
    オージー/ドルは日足の200日線が底堅い形になっていますね。
    利下げ懸念、追加緩和警戒、豪ドル高を抑える動きへの警戒を考えると方向は下ですが、対ドルではどちらとも言えないような所です。

    円相場もドル/円、クロス円共に下げたままの形で終わっていますね。
    ポンドのみ強い形で終えていますが、ドル/円からも円に逃げる動きになっています。

    ポンドクロスが上の重い所に来ている事からポンド主導で上に振ってくる印象はありますが、上を抑えられて下げてくる動きになるのではないかなと思っています。

    ドルストレート、クロス円共に一旦は下げる印象を持っていますが、米財政の崖問題の結果によって、といった所なので何とも言えないような局面ですね。
    ただ、財政の崖問題に対して何らかの処置は講じてくると思いますし、そうしなけばならないような所だとも思いますし、ドルが強くなるよな材料が出るのではないかなと思っています。

    円相場は日銀、新年入りが支えになって底堅い所ですし、明日は大晦日という事で参加者も少ないでしょうし、手を出さない方がいいような所だとは思っています。

    今は米財政の崖問題に対してどういった結論が出るのか、それに対して相場がどう動くのかを見るしかないですね。
    ドルストレート、クロス円、どちらも持ち合い予想で若干下への意識の方が強いのかな、といった予想ですね。

    明日は予定通りエントリーは控えます。
    大晦日ですので家族でゆっくり過ごしたいと思いますね。
    皆様も良いお年をお迎え下さいね。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ユーロクロスが

    大きく下げる形となりましたね。
    大きな材料が出た、というわけでもない事から調整を利用して投機的に下げてきた形だと考えています。

    今日はオージー/ドルが低い所を推移する印象を持っていましたが、安値を切り上げる動きになりましたね。
    中国からの、安定的な与信を促す、経済のプラス要因が増えている、国内経済は安定、物価も安定、などといった報道が出ましたので、欧州時間は様子を見る事に。
    ユーロ/ドルが戻す動きにもなりませんでしたし。
    ユーロ/ドルの価格が戻った21:45の値動きではポンド/オージーが予定の動きにならなかったのでエントリーは見送る事に。
    ユーロクロス、クロス円共に予想していた動きになったものの、各通貨投機性の強い形となりましたね。
    ポンドクロスが買われる中をユーロを買って上を壊してみたり、そうかと思えばユーロクロスで下を壊してみたり、ドルストレートの動きからユーロで動かしているのが分かりますね。
    ユーロの下へのエクスパンションに乗るのはリスクが高いと考えていましたので、見送るべき相場だったように思います。

    麻生財務相の発言を受けてドル/円は下げる形となりましたがこちらの値幅は限定的ですね、円相場は依然底堅さを保っているといった所です。
    米シカゴ購買部協会景気指数、米中古住宅販売保留は共に市場予想を上回り、好感される材料となりましたがユーロ/ドル、ポンド/ドル、ドル/円は特に反応していないですね。
    オージー/ドルのみが下げる動きとなっていますが、米財政の崖問題への不安が値動きから感じられますね。
    明日米議会指導者とオバマ大統領が会談を行うようなので様子を見ているような印象です。

    オバマ大統領の提出する財政計画案で、一部の税と歳出の変更が回避される、などの報道からドルが売られる動きにもなっているようですが、こちらも値幅は限定的ですね。
    調整の動きが強いのか、それともドル売りの動きが強くなるのか、円相場は底堅いと思いますが、ドルストレートの動きに左右されそうですね。
    今の所方向はどちらとも言えないような所ですので31日は大晦日という事もあり、乏しい値動きを予想しています。

    31日の大晦日、1、2、3、4とトレードはお休みしたいと思います。
    来週は米雇用統計もあるのでそちらを意識した動きにもなると思いますし、米雇用統計の結果を見て方向が出るのを待ちたいと思います。
    31日の大晦日、1、2は家族で出かけたりもするのでトレードは確実にお休みですが、3、4日は何か動きがあるようなら参加したいとは思っています。

    来週も起こった事柄を書きつづるだけのブログになってしまいそうですが、年末年始という事でご容赦下さい。
    また日曜の夜に更新致しますね。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ガイトナー米財務長官から

    債務上限を避ける為に異例の措置を取る、緊急措置で2000億ドルの余裕が生じる、その2000億ドルによって2ヶ月間は通常の状況を維持できる、などという発言が出ましたね。

    明日に米下院が財政の崖に関する計画を電話会議となどとも出ていますので、財政の崖不安は強くあるものの、期待も十分に膨らんできている所だと思っています。

    日銀が下を支える形となっているので円相場は底堅い所ですね、ですがドル/円では週足の200日線に差し掛かり、ユーロ/円、ポンド/円でも上が重い所に差し掛かっています。
    オージー/円も大きなラインに差し掛かっていますので、一旦調整の動きになるのではないかと考えています。

    今日は17:15にドル/円、クロス円共に底堅い動きになったのでユーロ/円の買いでエントリーしました。
    円相場の上が意識されるラインに来ていましたので、21:00のオージー/円の上が重い動きになったのを見て手堅く手仕舞う形を取りました。

    ドル絡みは上が重くなるのを待ちましたが、ポンドが対オージーで持ち合いとなり、高い位置で上が重くなる動きになりましたのでオージー/ドルでの売りは見送る事に。
    ポンドで売りたい所ではないですし、20:15の足でユーロ/ドルが21日線にぶつかる所まで下げていましたので。

    ユーロはクロスで上げる動きとなりましたね。
    対ドル、対オージー、対円では上を意識されるラインに差し掛かっていますが、対ポンド主導でもう一段上げそうですね。
    ユーロクロスの調整と円相場の調整がリンクする形になるのではないかなと思っています。
    クロス円、ユーロクロス共に方向は上で捉えていますが、一旦上が重くなった所からの売り場を探そうかなと考えています。

    米新規失業は市場予想よりも良い形となりましたね。
    こちらを受けてドル/円は上げる動きとなりましたが値動きは限定的となっています。
    ドルストレートもユーロ/ドルは底堅い形となりましたが、ポンド、オージーでは下げる動きとなっていますね。
    ガイトナー米財務長官からの発言を考えると悪材料は1月からの増税開始くらいですし、ドルはそこまで弱いと捉える必要はないのかな、と考えています。

    米消費者信頼感指数、新築住宅販売件数は共に市場予想を下回りましたが、こちらは発表直後は大した値動きも無く、その後のリード上院院内総務からの発言でドル/円主導で下げています。
    クロス円の下げに伴ってドルストレートも下げる動きとなりましたが、ドル/円、クロス円、ドルストレートは依然底堅い形を保っています。

    明日はユーロ/ポンドの動向に注意が必要ですね、こちらから仕掛けてくるのではないかなといった印象です。
    ユーロクロスの上が重くなるのを待って、下げる動きを待つ形でのデイトレを考えています。
    一旦下げて再度上昇した価格が切り下げる動きになるようならオージ/ドルの売りで臨みたいと思います。
    ポンド/オージーが底堅い動きにならないようであればエントリーは見送る形を取るつもりです。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    日銀の

    11月19ー20日開催の議事録公表では緩和期待を高める発言が出ましたね。
    これを受けてドル/円、クロス円は上に行く動きで反応する形となりました。

    中国からは不動産高騰を防ぐために、住宅価格の急上昇となった都市は責任を問われる、との発言が出ていますね。
    住宅ローン金利や税制上の優遇措置などを引き続き行っていく方針と示し、2013年は低所得層向けの保証性住宅が460万戸完成、600万戸が着工の見通しと報じています。

    また中国では都市化の推進が経済の安定成長を下支えすると見られているようで、自動車、鉄鋼、不動産市場などのカンフル剤になる見方が広がっているようです。

    今日も予定通り参加は見送る形を取りました。
    米財政の崖回避に向けた協議が再開するようですが、合意できずに年越しの形になるとの見方が強まっているようですね。
    ただ財政の崖におちいってしまっても、1月からの増税開始が目先の悪材料となるくらいで、失業者は失業保険で当面は安定を保てる、富裕層の税金の徴収はしばらく後になりますので、驚くほどに下げる材料にはならないのではないかなと思っています。

    ドルストレートは上に向かう動きで反応していますが、参加者は少なく、投機的な要素が強いかなと感じています。
    ユーロがクロスで上げてきていますね、対ポンドでは上の強いラインを越えてきていますし、対オージーでも10/5の高値をターゲットに上を目指している形です。

    ポンドが対ドルで上の強いラインから下げてくる形となっていますね、オージーも対ドルで上が重い動きとなっています。
    今の所ユーロが強い形を取っていますが、ドルストレートは上の重い展開になりそうですね。
    1月からの増税開始が驚くほどの悪材料ではなければ、米指標が堅調さを保っている事からドルはそこまで弱い形にはならないと思いますし、財政協議への期待もあるとは思いますので。

    ユーロ/円は大きく上昇する形となり、次のターゲットを週足の200日線辺りに置いているでしょうね、ドル/円の上が意識されるラインに差し掛かっているので一旦は円を買う動きになると思いますが、底堅さは依然変わらないと考えています。

    明日は底堅くなった所からユーロ/円の買い、上が重くなった所からオージー/ドルの売りで為替相場に臨みたいと思います。
    主要市場の休場は明けるものの、年末の閑散相場といった様子に変わりはありませんので、明日も小さく取りに行く形のデイトレで考えています。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    特に


    大した報道もなく、各通貨小幅な値動きの形で終えていますね。
    今の所一昨日書いたブログの内容と変わらない形で相場の状況は考えています。

    昨日はニューヨーク時間からドル買いの動きと報道に出ていましたが、こちらはクリスマスに向けた手仕舞いだと考えています。
    ドルストレートからの手仕舞いと、それを利用したドルストレート、ドル/円の投機的な動きといった印象ですね。

    明日も主要市場が休場ですので予定通り参加は控える形を取りたいと思います。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    オバマ大統領からは

    財政の崖問題決着に向けてあらゆる事を行う用意があるという強い発言が出ていますね。
    ギリシャ問題の時のECBを彷彿させるような発言です。

    キプロスの格下げ発表やモンティイタリア首相が辞任すると発表した事でユーロの上は重くなりたしたが依然としてユーロは強い形を保ったままでいます。

    日銀が次回の金融決定会合で2%の物価目標を導入しなかった時には、日銀法の改正をして、政策協定を結んで導入させる考え、といった内容が安倍総裁の方から出ていますね。
    90円台への円安進展への期待感を阿部総裁があらわにした事で来春にもドル/円は90円台へ、という期待が高まっているようです。
    円相場の底は依然堅く、ドル/円の方向は上で捉えています。
    ただ、上も重く年末までは持ち合いを予想している形ですね。

    イタリア首相を辞任したモンティ氏が首相を続けるという期待からユーロはクロスで買われる動きになっていますね。
    ただ、更に上げて行くような材料はないですし、クリスマス、年末を控えて調整の動きになるのではないかなと思っています。

    今日は予定通り手控えて様子を見る形を取りました。
    明日も主要市場が休場で参加しようがない状況ですので、家族でクリスマスをゆっくり過ごそうかなと考えています。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ユーロ/ドルは

    日足で意識されるラインまで下げてきましたね。
    上は週足の200日線が抑えている形で、こちらはフィボナッチの50%と重なっています。
    底堅いラインから上げて金曜日を終えていますが、その上げ幅は大したものではなく材料が出尽くしている事から方向は下になっていると考えています。

    円相場はドル/円が3/15の高値を更新して下げてくる動きになっていますね。
    日銀の決定によって円相場の底堅さは保たれると思いますが、ドル/円は一時円に逃げる動きになるのではないかなと思っています。

    オージー/円も3/19の高値を更新してから下げる動きに転じていますね。
    利下げ懸念やスワン財務相からの2012-13年の財政収支黒字化が難しくなるとの発言を考えるとオージーも方向は下かなと考えています。
    中国のHSBC製造PMIが良かった事で利下げや預金準ボ率の引き下げ懸念が後退したものの、直近の報道は良くないものが出ている状況ですし、中国株も小幅ながら陰線で終わっていますので。

    ポンドは失業率の発表後は弱い指標が続いていますね、ただ市場予想より下回っているものの、近似値といったものが多く見られます。
    経営収支の赤字幅は縮小しましたし、GDPは前月で下げた形となりましたが前年では悪くない結果となりましたので、横ばいといった印象ですね。
    追加緩和への扉は鎖していない、との発言は気になるものの、今の所触れてこない様子となっていますので、方向は上寄りで捉えています。

    オージー/ドルは戻す事無く日足で大きく陰線を作って金曜日を終えていますね。
    ポンド/ドルも9/21の高値に並んだ所から反転する動きとなっています。
    ユーロ/ドルもギリシャ期待で12/10日辺りにユーロ買いしたトレーダーが財政の崖問題の不透明感、クリスマス前、という事で決済しているような印象を受けますね。

    オージーは中国株に連動して12/7から上げた値幅を決済して下を壊しに行った印象ですね。
    主導権はオージーが持っている形です。
    上院側からは財政の崖回避までまだ時間はある、といった発言が多数挙がっていますね。
    ベイナー米下院議長からも財政の崖回避へ取り組み続けるとの声が挙がっていますし、報道によって明日は乱高下する可能性が高いですね。
    またクリスマス前の調整も重なって方向がまるで無いような状態になりそうですね。
    オージー/ドルの売りでエントリーする形のデイトレ、といった考えはありますが、手を出すべき相場状況では無いので明日は参加しない形を取りたいと思います。

    25日、26日も主要市場が休場ですので参加しようが無いですし、エントリーを考えるのは27日からになりますね。
    師走相場といった感じでその後も値動きは乏しいでしょうし、できるようなら参加する、くらいの気持ちで臨むつもりで考えています。
    26日までの3日間は報道を掻い摘むだけのブログになってしまうと思うのでご容赦下さい。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ベイナー下院議長の

    減税延長法案の採決を取りやめる、可決に必要な支持を得られなかった、というような発言を受けて円に逃げる動きとなりましたね。

    円相場の下げる動きに連れてドルストレートも下げる動きとなりました。
    現状ドルに逃げたいような所ではないと考えていますので、ドルストレートでの下げは手仕舞いと行き過ぎからの下を投機的に壊した動きだと思っています。

    今日は16:00に下を壊しに行く動きになりましたが、ドルストレート、クロス円で底堅い値動きとなりましたね。
    ユーロは対ポンドでも200日線が下を支えて同様の動きとなり、対オージーでも21日腺を意識した動きになっていましたので、こちらの足が確定後にユーロ/ドルの買いでエントリー。
    17:45に上が重い動きとなり、オージー/ドルでは下に向かう動きが強く、ポンド/ドルも英指標待ちで持ち合い、円相場は円に逃げる動きが見られていましたのでこちらの足が確定後に手仕舞いしました。

    英指標は市場予想を下回るもの、上回るものとが同時に発表され、対ドル、対円では弱く、対ユーロでは強く、というような反応を見せましたね。
    ただ発表時の値幅は限定的で、その後の動きは投機的な印象です。

    ドルストレート、クロス円の押し目は強いと考えていましたので、19:00のドル/円が下げ止めた動き、ユーロクロスでの下げ止めてからの上昇を見てユーロ/ドルの買いで再度エントリーしました。
    19:30の足でユーロはクロスで上が重い動きとなり、対オージーでは直近の高値を更新しましたので、材料も特に無い事から投機的に上を壊したと考えてこちらの足が確定後に手仕舞いの形を取りました。

    昨日の日銀の2%物物価目標導入を次の1月21~22日の日銀会合で検討する、との事から円相場は底堅さを保っているような状況ですね。
    ユーロはギリシャ問題を最悪期から脱した事実やその後のユンケル議長らの発言によって強い形となっています。
    スペインの財政収支が赤字幅を拡大し、キプロスもデフォルトに陥るリスクが高まっているといった報道が出ていますが、それでもユーロクロスが下げる動きにならないという事は今の所安定して強い状況なのかな、と考えています。

    米財政の崖問題はどちらとも言えない報道が日々飛び交っていますね。
    年末まで緊張した状態が続くと見られているようで、そこにクリスマスというイベントが入ってきますので、ここから値動きは劇的に乏しくなる印象を持っています。

    またオージーが利下げの打ち止めをはっきりと見せていない状況で、もう一段の利下げ懸念から上は重いのかなと考えています。
    豪ドル高で企業が打撃を受けている、との発言からも自国通貨高の是正といった感じで、また他の中銀に豪ドル売りをするのではないか、というような考えがよぎりますし、今の所オージーの上は重い状態が続きそうですね。

    英の指標からは円に逃げる動きが強いのかな、といった印象を受けましたし、米指標結果からの値動きも上が重く、財政の崖問題不透明感から円に逃げる動きが強いかなと感じています。
    ドルストレートも同様に上が重く、調整で下げてくるのではないかなと考えています。

    ユーロ/ドル、ドル/円主導の展開になるとは思いますが、一旦はドルストレート、クロス円共に下げる方向になるのではないかなと考えています。
    ポンド/オージーは持ち合うのではないかと考えていますので、今の所ドル/円の高い所までいった動きからの反転を狙ってオージー/ドルの売りでデイトレする形を考えています。

    また日曜の夜に更新致しますね。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : デイトレード
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    米財政の崖問題は

    依然として方向感の無い状態が続いていますね。
    プランBでは合意出来そうに無い上、協議が中断される可能性がある、といった報道や、財政協議は5合目を過ぎたなどと、方向感の無い発言が飛び交っているような状況です。

    今日は朝のニュージーランドのGDPで相場は動く展開となりましたね。
    ニュージーランドはクロスで下げる形となり、対円、対ドルでも下げる動きとなりました。
    ただニュージーランドの下げに連れたというよりは、ドルストレート、クロス円でその後下のストップを壊しにいった印象です。

    東京市場では日銀の結果待ち、といった感じで持ち合う展開になりましたね。
    スワン豪財務相からの豪ドル高で打撃を受けているとの発言からオージーは手仕舞いしているような動きとなりました。

    日銀は金融資産買い入れ規模を総額101兆円増額する事に決めましたね。
    ドル/円、クロス円は上下に振れる動きとなりましたが、値幅は限定的となり大した値動きにはなりませんでした。

    日銀白川総裁の会見内容待ち、とった感じになり方向感が分からない形でしたので、今日のトレードは手控えてどういった流れになるのかを様子見する事にしました。

    中国の利益増加率が2013年に7~8%に低下する可能性があるとの報道からオージーの上は抑えられる動きになりましたね。
    ユーロはギリシャ国債の買い戻しが319億ユーロ相当で完了したとの報道を受けて上げる動きになっています。

    英の小売売上高は市場予想よりも下回る結果となり下げて反応しましたが、21日線にぶつかった所で跳ね返る動きとなっています。
    ポンド/ドルのこの動きからもドルの弱さが伺えますね。
    対ユーロではユーロが上げる形となり、対オージーでは持ち合い、現状ユーロが強い形となっています。

    FRBによる量的金融緩和、日銀による追加緩和が決定した事でドル/円はもみ合いの展開になりそうですね。
    現状ですと財政の崖問題からドルは弱く円相場の底は堅いと考えています。
    ユーロ/ドルは上が重い所に来ていますが、こちらのラインは上に抜けて行くのではないかなと考えています。
    ポンドも同様に上が重い所ですが、こちらも上に抜けて行く予想ですね。
    オージーは下げてきていますが日足の21日線に差し掛かっていますね、現状大きく下げて行く事は考えにくいですし、跳ね返して上げていくか、持ち合うかの動きになるのではないかなと考えています。

    中国株は堅調な動きとなっていますし、ダウも底堅い動き、ドイツDAX、ロンドンFTSE100も上に向かう動きとなっていますので、こちらもオージーの底を支えるかなと思っています。

    米指標での値動きを見ると、フィラデルフィア連銀製造業景況指数が市場予想を大きく上回りましたが、依然底堅い動きとなっていますね。
    米からの報道に注意が必要ですが、明日もユーロ/ドルの押し目を狙う形で為替相場に臨みたいと思います。
    明日も底を形成して切り上がる所限定でのトレードで考えています。
    週末の調整も絡んできますし、クリスマス間近での調整も考えられますんでエントリーしても小さく取りに行く形のデイトレで考えています。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ギリシャの格付けが

    引き上げられて見通しは安定的となりましたね。

    注目されていた日本の貿易収支は市場予想の1兆351億円を下回る9534億円の赤字となりましたが、10月の5511億円の赤字から大幅な赤字拡大となっています。
    こちらの発表を受けてドル/円、クロス円は上昇する形となりましたね。

    米財政問題は依然として不透明なものの、妥協案模索が進展していることが好感されてドル買いの動きもあるようですね。
    ただし、第2案が通過するようなら拒否権を使うなどと、依然としてドルは不透明感が強い状況です。

    市場の大きな注目は明日の日銀といった感じですね。
    追加緩和を1月以降に検討するべきだ、などとの声もあがっているようですが、日銀短観が悪かったとされ、米からの追加緩和が決まった事で日銀は動かざるを得ないのかな、と考えています。

    明日は共和党の財政の崖回避提案で採決の予定と報道が出ていますので、こちらにも注目が集まる形となるでしょうね。

    個人的な予想ではドル/円は上げる形に、クロス円もドルストレートも上げて行く形を考えていますが、日銀の内容次第といった所になりますね。
    市場がどの程度織り込んでいるのかにもよりますし、仮に見送る形になるにしても言い回し方によっては底堅くなると思いますので、明日は日銀結果を待つしかない所ですね。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    豪中銀が

    労働市場の一段の利下げ余地があると判断している、といった報道、また政策金利を3.00%に引き下げた際の議事録公表を受けて、現実味が強くなった事からオージーはクロスで下げる動きとなりましたね。

    スペインの10月の不良債権比率が9月を上回る形となりましたが、こちらにユーロは特に反応していないですね。
    米の不透明感が強いのを背景に欧州時間はドルが売られる形となりました。

    今日は英指標が18:30にありましたので、こちらの結果と値動きを待ちました。
    注目度の高い消費者物価指数は市場予想を下回り、小売物価指数も同様に下回る形となりましたね。
    ただポンドは下げて反応する動きになりませんでしたね。
    この事からドルの弱さと日銀期待が伺えましたのでユーロ/ドルの切り上がるのを待つ事に。
    ユーロ/ポンドが上に向かう動きになった事でこちらの押し目を待ち、20:30の足が確定後にユーロ/ドルの買いでエントリーしました。
    一旦下に向かわされされてしまいましたが、米指標に強いものはありませんでしたし、下げても底堅い所でしたので、ポンドが対ドルで下げなかった事も背景に1.3150にストップを置いて保有する事にしてみました。

    ユーロ/ポンドが直近の安値を意識して跳ね返す動きになったのをきっかけにユーロは買われる動きとなりましたね。
    ユーロとポンドが均衡している事から、ユーロポンドで毛抜き天井になった1:00に足が確定後に手堅く手仕舞する事にしました。

    米財政協議は進展が伝えられたものの、共和党側から合意には近づいていない、今週末までの合意はない、などという覆すような報道が出ていますね。
    第2案の100万ドル超えの所得税の引き上げという案も通過しないなどと否定的な言葉が出ていますし、米財政の崖問題は依然不透明な状況です。

    明日から日銀会合が始まりますので、調整の動きも入ると考えていますが、その前に日本の貿易収支でどのように相場が動くのかに注目ですね。
    貿易赤字の幅が拡大するようであれば、赤字額が1兆円を超えるなどとも予想されているようですので、円売りに傾くと思いますし、逆に縮小するようでも日銀がありますのでドル/円、クロス円は底堅いと考えています。

    オージーが利下げ懸念といった感じで弱くなっていますので、明日はユーロ/ドルのみに的を絞って臨みたいと思います。
    ユーロ/ドルは1.3295辺りを一旦目指すのではないかなと思っていますので、基本的には切り上げる動きを待つスタンスですが、明日に限っては上にエクスパンションする動きになるようならついて行こうと考えています。

    明日は今年最後の忘年会を旧友達と行うのでブログを読んで下さっている方々には申し訳ないのですがお休みさせて頂きますね。
    更新できるようでも短いものを書く程度になってしまうと思います。

    また金曜日の夜にきちんとしたものを更新致しますね。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ドル/円からの

    円に逃げる動き、ユーロからの材料で尽くし、オージー/円からの調整といった感じでドル/円、クロス円は下げる形となりましたね。

    ユーロは下げる動きとなりましたが、同時にポンドが買われる動きにもなっていますね。
    ポンドは対円で持ち合いの形となっているもののクロスで上げてきています。

    今日は考えていたように調整の動きとなりましたがポンドが予想していない動きを取ったので様子を見る事に。
    17:45の足で迷いましたが、15:00のポンドクロスの上昇は考えていない動きだったので次の足を見る事にしました。
    ポンド/オージーが丁度21日腺にぶつかった所でしたし、ポンド/ドルでも21日腺に差し掛かっていましたので。

    18:00にポンドが再度上げる動きになったのを見てエントリーは控える形を取りました。
    今の所ドルは不透明感から弱いものの、ポンド/ドルでエントリーしたいと思える所ではないですし。
    何日か前のブログにも書きましたが、日を増すごとに年末の閑散相場といった感じになってきますので、この時期はエントリーできるようだったらポジションを取ろう、くらいの考えで行っています。
    またエントリーの形も限定しているので、ポジションを取れなければ取れないで良いと思っています。

    現状財政の崖への不透明感、日銀期待と大きな焦点はこの二つになっている事からドルストレート、クロス円の底は依然堅い状況を保っています。
    米NY連銀製造業景気指数が市場予想を大きく下回ったものの、値動きは大したものではなく、オージーのみが反応しているような状態ですね。
    その後の米対米証券投資結果でも値動きは大したことのない状況となっています。

    ユーロ/オージーは持ち合うような印象ですが、上にブレイクするのではないかなと考えています。
    ポンド/オージーは上が壁のような抵抗になっているので抜けていくのは難しいと思いますし、こちらも調整で下げるのではないかなと思っています。

    明日も下げる動きには一切ついていかず、ユーロ/ドル、オージー/ドルの切り上がった所のみを待つ形でデイトレしたいと思います。
    ユーロ/オージー、ドル/円、ポンドクロスの動向に注意する必要がありますね。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    ドルストレートは

    大した調整も無く金曜日を終えましたね。
    クロス円、ドル/円は持ち合ったままで終えています。

    ドル/円は3/15につけた高値を意識する所に差し掛かっていますね。
    米財政の崖問題が不透明といった感じで不安は強く、ドル/円主導で円買いに動いても良さそうな所です。
    ただ、19、20日での日銀期待で大きく下げる動きにはならないと考えています。

    ユーロは対ポンド、対オージーでも強い形で金曜日を終えていますね。
    ユンケル議長から債務危機の終わりが視野に入ってきたという発言、またギリシャに対して追加策を講じる用意がある、などの発言がユーロを強くしているように思えます。

    しかしユーロは材料で尽くし感から一旦売られる動きも考えられますね。
    対ポンドでは4時間足で行き過ぎているような形ですし、波動でも1時間の5波形成を終了したかのような印象です。
    4時間の値動きで見ても上が重い形をしていますね。
    対オージーでも日足の200日線が上を抑えている形です。
    こちらも4時間で見ると値動きは転換を示す動きになっていますね。
    テクニカルでも行き過ぎている所です。

    基本的な考えは金曜日のブログで書いた内容と変わらない形ですね。
    ドルストレートの方向は上で、クロス円も上、ドル/円自体は下げですが持ち合いかクロス円に連れられての上げかなと考えています。

    ユーロが行き過ぎているのを利用して一旦投機的に下を壊しにくるのではないかなと考えています。
    対ドル、対円で支える形になると思いますが、ユーロ/ポンド、ユーロ/オージー、主導でユーロを売ってくる動きになるようなイメージですね。
    同時にドル/円、オージー円も下に向かわせて直近の安値を壊す動きになるのではないかなと考えています。

    ドルストレート、クロス円の方向は上で捉えていますので、下げていく動きには一切ついていかない形で考えています。
    ユーロ/ドルの押し目買い、もしくはオージー/ドルの押し目買いで明日のトレードは考えています。

    ダウは金曜日に大きく下げる動きとなり、ロンドンFTSE100も下げる形、ドイツDAXは持ち合いといった感じで終わっていますね。
    中国株が上げる形で終わっている事から、オージー/ドルの買い頭が若干強いかな、といった所です。

    依然為替相場は年末相場といった感じで参加者は少なくなっていく一方ですし、エクスパンションの動きには上であっても乗らない形で考えています。
    下げ止めて切り上げる動きになった時のみユーロ/ドル、オージー/ドルの買いでデイトレしたいと思います。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    FOMCでは

    ツイストオペ終了後に米国債を月間450億ドル購入する、といった内容が出ましたね。
    市場の予想通りの内容となりましたがこれにドルは売られる形で反応する形となりました。

    ドル/円も売りで反応していますが、下げ幅は限定的でしたね、日銀期待が強いというのが伺えますし、市場の注目が即座にFOMCから日銀に切り替わった感が伺えます。

    EU首脳ではECBによる銀行監督一元化で合意する形となり、これを好感してユーロはクロスで上げる動きとなりましたね。
    またギリシャへの491億ユーロ供給が承認された事でもユーロは上げる形となっています。

    米財政の崖問題は一向に進展を見せないでいますね、発言から方向感はまるで無く、不透明感の強さから現状は不安の方が強いと考えています。
    クリスマス前に合意出来ない可能性があると報道もされていますし、現状ドルは強くなるのが難しい所ですね。

    今日は日銀の追加緩和検討という報道を受けて円売りの流れに、その後日銀短観は市場予想を下回ったものの、特に値動きは反応していない様子ですね。

    中国のHSBC製造業PMIは市場予想を上回る形となり、オージーはクロスで上げる動きとなりました。
    ただ対ユーロでは大して上げる事もなく、その後ユーロは高値を更新する動きになっています。

    ドイツの製造業PMIが市場予想を下回った事でユーロはクロスで下げる形となりましたが、ユーロは底堅い動きを見せていますね。
    18:00のユーロ圏非製造業PMI、総合PMIが強い形になった事で下げ止めています。
    ユーロ/ポンドの下げ幅更新は投機的な印象ですね、トレンドライン下のストップを壊してすぐに手仕舞ったような印象です。

    中国のPMIについては内需主導で景気回復が強まったとなっているようで、中国の景気後退懸念が和らいだとの見方をしているようです。
    これによって利下げと預金準備率の引き下げの可能性が一層低下したようですね、オージーにとっては好材料となっています。

    ユンケル議長から債務危機の終わりが視野に入ってきた、という発言は強いものですね、揉めに揉めたギリシャ問題は融資する事で合意までもっていますし、最悪期を抜け出す事が出来た後のこの発言は力強いものがあります。

    米のCPIが市場予想を下回った事でドルストレートは上げる形となりましたが、発表時の値動きは限定的ですね、下回りはしましたが数値は近似値でしたし。
    その後のユーロクロスの上昇はロンドンの仲値絡みと報道されていますね、特に材料が無い所を見るとその報道通りのように思えます。

    現状ドルが弱くユーロ、オージーが強いといった形ですね。
    ポンドも失業者数が大幅に減った事で強い形ですし、対ドル、対円では上だと考えています。
    ユーロ/ドルは週足の100日腺に差し掛かりましたが、日足はまだ上に十分行ける形ですし、高値を更新する動きになるだろうと考えています。
    オージー/ドルも1.6150辺りを目指す動きになりそうですね。

    ポンド/ドルでも週足の200日が上にありますが、こちらもドルが弱い事で抜けていくだろうなと思っています。
    円相場は日銀期待で依然底堅い所ですし、ドル/円の方向は下ですが、クロス円に押し上げられて持ち合うか、上昇するかの動きになうだろうと考えています。

    ユーロ/オージーで上が重い所にきているのでどういった動きで終わるのかに注目ですね。
    今の所ユーロ/ドルの買い、オージー/ドルの買いでデイトレしたいと思います。
    ドル/円主導で下に動かしてくる事も考えられますので、ドル/円の動向に注意が必要ですね。
    ドル/円が下げてくるようなら押し目を狙ってユーロ/ドル、オージー/ドルの買い場を探したいと思います。

    また日曜の夜に更新致しますね。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    今日は

    頭痛が治まらない感じになってしまったのでエントリーはしていません。
    とりあえずの報道は追っていますが、チャートも含めしっかりと見ることができる状態ではないので、ブログを読んで下さっている方々には申し訳ないのですが今日はお休みさせて頂きますね。

    薬を飲んではいるのですが今の所全く良くならないので明日もトレードはお休みするつもりで考えています。
    明日一日ゆっくりして一旦回復に努めますね。

    また明日の夜に更新致します。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    北朝鮮の

    ミサイル発射の発表を受けて相場は円売りで反応する形となりましたね。
    ただし値動きは大したものではなく影響は特になし、といった感じになりました。

    欧州株が上を目指す動きとなり、中国株も底堅い動きを見せた事でドルストレートは強い形となりましたね。
    ドルがFOMCを控え弱い形となっているのもこちらの上昇を手伝っています。

    今日は予想していた形になったので16:30の陽線確定後にオージー/ドルの買いでエントリーしました。
    ただその後に英の失業率を控えていましたので直近の高値に差し掛かった17:00の足で手堅く手仕舞いしました。

    英失業率では失業者数が3000人減と市場予想を大きく上回る形になりましたね。
    これを受けてドルストレートは更に一段上昇しています。

    銀行監督に関する合意やギリシャへの融資合意でユーロは期待が高まっている所ですね。
    国際機関からのユーロ買いも観測されているとの報道が出ていますので、ユーロの方向は今の所上で捉えています。

    今日のFOMCの結果で相場は動く形になりますが、円相場は底堅いでしょうし、オージー、ポンド、ユーロも方向は上だと思っているので円買いに大きく動く形にはならないのではないかなと思っています。

    ユーロがクロスで強い形になっていますので、明日はユーロ/ドルの押し目のみを狙って買いでエントリーする形のデイトレを考えています。
    対オージーで上が重くなっているので、こちらが下げてくる動きになるようならオージー/ドルの買いに切り替える形で臨みたいと思います。

    明日も一旦上げて切り上げた動きになるようならの限定的なトレードを考えています。
    エクスパンションでの上昇は投機的な動きが多くなってくる所なので見送りたいと思います。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    FOMCを意識して

    ドルが弱い形となっていますね。
    ツイストオペ終了後、市場参加者が失望感を持たないようにと国債追加購入を考えているようです。
    国債追加購入はツイストオペよりも緩和効果が大きいとして、終了後も同等の効果を得られると報じられていますね。

    日中は中国に関する報道が相次ぎましたが、特に反応せず、といった動きになりました。
    欧州勢がどういった動きになるのかを見ていましたが値動きは乏しいままでしたね。
    15:45にユーロクロスは上が重い動きになっなので、確定後にユーロ/ドルの売りでエントリーしましたが、のらりくらりとした値動きとなりましたね。

    その後ユーロ/スイスフランでスイスフラン売りの動きになっているとの報道が16:30に出ましたので、1時間足の21日線に差し掛かってもいたので一旦手仕舞する事にしました。

    ギリシャ国債の買戻しが目標額に迫っているとの事からユーロはクロスで上げて行く形となりましたね。
    19:00のドイツのZEW景況感指数は市場予想を大きく上回り、これを好感してユーロクロスはもう一段上げてくる動きとなりました。

    再度切り下げる動きを狙って待つ事にしましたが、米貿易収支まで間もない時間になってしまったので様子を見る事に。
    米貿易収支は市場予想を下回ったものの、9月からの赤字幅拡大が悪材料とされてドル/円で円に逃げる動きとなりました。
    ユーロ/ドル、ポンド/ドルでは特に動きがなかったものの、オージー/ドルではドルが売られる動きとなっています。

    中国株は昨日から下げる形となりましたが、横ばいで推移していますね、米株、欧州株は高値を更新して強い形となっています。
    ユーロ、オージーはこちらからも底堅さを保たれているような感じですね。

    ギリシャの国債買戻しへの応募が320億ユーロ近くになっているようですね、ユーロ対スイスフラン、ドイツ指標好感、ギリシャ国債買戻しが目標額越えと、ユーロを上げる材料が重なった事でドルストレートは上げる形となりましたが、ユーロ自体の上は重い形ですね。
    対ポンド、対オージーでは下げる動きとなっています。

    オージーのみが米指標で買われる動きとなっていますので、今の所オージーが強い形となっていますね。
    対ポンドでも強い様子ですし。
    市場の注目は明日のFOMCといった感じですが、オージーの動向と株式市場の動向にも注目が集まっている所ですね。

    デンマーク経済相からECB銀行感監督は12日に合意確信、ユンケル議長はからは13日にギリシャ融資の実行で合意確信などと出ていますので、ユーロも期待は十分にあるといった感じですね。
    現状ドルが弱く、ドル/円は下に向かいたい所だと思いますが、円相場は底堅い事から下げ幅は限定的。
    今の所一番強い状況のオージーがドルストレートをもう一段引っ張り上げるような印象を持っています。

    明日はオージー/ドルの買いでエントリーを考えていますが、ここからは日に日に年末の閑散相場に向かっていく一方となりますので、出来るようならエントリーする、くらいの感覚で相場の様子を見たいと思います。
    利益確定やそれを利用した投機的な動きが盛んになってきますので、予想通りの形になった時のみ参加したいと思います。

    明日はオージー/ドルが切り上がった動きになった所のみを小さく取りに行くデイトレで考えています。
    エクスパンションして上げて行くようならついていかない考えです。
    トレードする形をこの時期は通常時より限定する必要があると考えています。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    豪の住宅ローン貸出は

    市場予想を下回る形となりましたが発表直後は特に動きの無い展開となりましたね。
    その後は中国を待つ展開となり、中国の貿易収支が市場予想を大きく下回った事を背景にオージーがクロスで下げてきています。

    ドルを買うような所ではないと思っていますので、11:00の値動きはオージー側から対ドル、対円の下を壊しにいった印象ですね。

    ギリシャ政府が国債買戻しの期間を延長すると報道された事で欧州時間はユーロが売られる展開に、イタリアのモンティ首相が辞任するとの報道もユーロ売りを手伝った形ですね。

    今日は17:15にオージーの上が重くなったので下げてくるのを待つ事に。
    18:30にオージークロスが強い形になったので、陽腺確定後にオージー/ドルの買いでエントリーしました。
    ユーロ/ドル主導で下げてくるようなら見送りを考えていましたが、国債買戻し期間の延長がそこまでの懸念材料になっていない下げ幅だったというのが背景ですね。
    一旦上を壊しに行く動きになっているので買い意欲ありましたし。

    ただドル/円主導で円相場は下に向かう動きとなりましたね。
    円相場は底堅いものの、ドル/円主導で円に一旦逃げてもいいような所ですので、ドル/円のもみ合い、ユーロ/ドルの上が重くなったのを見て20:30の足が確定後に手堅く手仕舞いました。
    その後上げて行く形となりましたが、今は深追いしない方が良い所だと考えています。

    NY時間に入ってからのドルストレートの上昇はポンド主導の動きですね。
    対ドル、対オージーで上を壊しに行った印象です。
    市場では財政の崖問題に不透明感が漂っている中、FOMCでの住宅ローン担保証券の継続的な購入、月間450億ドルの無制限国債購入の実施が決定されるのではないかと予想されているようですね。
    こちらが円に避難する動きの元となっています。
    日銀よりも先にFRBが量的金融緩和の拡大を行うのではないかといった所が円買いの背景となっていますね。

    中国株が高い所で推移しているので今の所オージーは強いと考えています。
    米株、欧州株も強い形なので、こちらもドルストレートの底堅さを保つ材料になると思いますし、今の所ドルストレートは上を目指すと考えています。
    ただユーロ/ドル、ユーロ/円は上が重い状況ですね、こちらに上を抑えられるかなとは思っています。

    ユーロは対オージー、対ポンドで上げて来るのは難しいと思いますし、円相場も一旦底堅さを失うかなと思っています。
    オージーの方向は上ですが大きく上げる材料もないといった所ですし、ポンドも対オージーでは上が重いところです。
    ポンドクロスが調整に入っていいような所ですので、このタイミングでユーロ/ドルは投機的に下を壊しに来る動きになるのではないかなと思っています。
    明日はユーロ/ドルの売りで戻った所を狙う形のデイトレを考えています。
    現状エクスパンションに乗るのは危険な所ですので、しっかりと戻って切り下げた動きの時のみでエントリーを考えたいと思います。

    相場は依然としてやりにくい環境ですので、予想が当てはまる値動きになったとしても小さく取りに行く形が良さそうです。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    終値に向けて

    金曜日はドル/円、クロス円共に上げる形で終了しましたね。
    下に向かう動きはドル/円主導でしたが、上に向かう動きはそうではないように感じます。
    どちらにしても投機的な雰囲気の強い値動きで終わっていますね。

    ダウは米雇用統計発表後に一旦下げていますが、その後上昇して高値を更新したまま終わっています。
    ロンドンFTSE100、ドイツDAXも底堅く推移して終わっている形ですね。
    中国株も上昇して終わり、こちらも高値を更新している形です。
    オージーがクロスで強くなった事から、オージー主導で上に向かったような印象ですね。

    現状ベイナー米下院議長の発言やFOMCを意識してドルは期待はあるものの不安の方が強いような印象です。
    米雇用統計ではドルが買われる動きになっていないですし。
    ユーロは下げる材料が重なりましたが、期待は十分にあると思っています。
    ポンドは各指標が予想を下回っているものの、どれも近似値といった感じで横ばいの印象ですね。
    オージーは雇用改善、貿易収支の赤字縮小と中国株が良好なのも合わせて方向は上で捉えています。

    ギリシャの3大銀が国債買戻しに応じたとの報道も出てた事、ECBの利下げ実施は無し、との報道が出た事からもユーロの上は少し軽くなったかなと思っていますが、ユーロクロスはテクニカルで見るとまだ下げそうな形ですね。
    底堅い所に来てはいますが、対ポンド、対オージーではもう一段下げていくのではないかなと考えています。

    円相場は日銀が下を支えていますので大きくは下げてこないだろうといった所ですね。
    ドル/円は米雇用統計の結果を背景に上に向かう動きになるのではないかと思っています。
    円に逃げる動きになる可能性も十分に高い所ですが、下げ幅は限定的になるでしょうね。

    市場の注目は水曜日のFOMCにありますね、それまではドルストレート、クロス円共に上に向かう動きになると思っています。

    ユーロ/ドルは大きなラインに差し掛かり、200日線もそのライン上にある形ですね。
    ポンド/ドルも日足の21日に差し掛かっています、4時間足ではボリンジャーバンドが一旦トレンドの終わりを示していますね。
    オージー/ドルは波動で見るともう一段上げてもいいように思えますし、今日はオージー/ドルの買いでデイトレしたいと思います。
    ただし年末相場で参加者が少なくなってきますので、小さく取りに行く形で考えた方が良いですね。

    豪の住宅ローン許可件数、中国の貿易収支で相場は動く形になると思いますが、東京市場は様子見します。
    欧州時間での押し目のみを狙う形でエントリーしたいと思います。
    ドル/円主導で円買いに動きそうな所ですので、こちらの動向にも注意が必要ですね。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    スペイン国債の

    入札が目標上限に達しなかったのをきっかけにユーロはクロスで下げる動きとなりましたね。
    またECBドラギ総裁の発言からもユーロ圏経済に対する悲観的な見方が強まった事でユーロ売りは加速する形となりました。
    ギリシャの格下げもユーロ売りを手伝ったようですね。

    昨日、今日と予定通り相場の様子を見る形を取っていますのでエントリーはしていません。

    市場が注目していた米雇用統計は失業率の改善、非農業者部門が予想よりもかなり強い数字となった事を好感してドル/円主導で上げる動きとなりましたね。
    ただしドルが買われる動きは限定的となり、円売りのみで反応しているような形です。

    その後の米ミシガン大消費者信頼感指数は市場予想を下回りましたが、発表直後は特に目立った値動きは無い形となりました。
    報道では米ミシガン大消費者信頼感指数が予想を下回った事をを少しずつ意識して下げてきている、と出ていますね。
    ドル/円は米雇用統計発表前の値まで下げてきています。

    ただこの報道は個人的にはあまり気に留めていなかったりします。
    市場注目のメインとなっている財政の崖問題でベイナー米下院議長から財政の崖問題解決の進展はない、増税は経済を悪化させるなどの発言に沿っているのではないかなと考えています。
    ダウが高い位置からスタートしましたが、上が重く下げる動きになったのを背景に下を壊しにいったような印象ですね。
    ドルが買われる動きになっていない事からも
    財政の崖問題に対する懸念、また来週のFOMCに市場の注目があるというのが伺えます。

    ドイツDAX、ロンドンFTSE100も共に上が重い形となっていますね。
    ただ中国株は構造改革の方針や安定成長への方針を打ち出した事で上昇していますね。
    オージーは失業率の低下、雇用者数の増加もあって強い所だと思っています。

    ユーロは悪材料や要人発言から下げてきていますが、ドイツのギリシャ支援法案が可決された事やECBはユーロを守る為にあらゆる措置を取る、との言葉には十分な期待があると思っています。
    テクニカルで見てもユーロクロスは底堅い所に差し掛かっていますし、ギリシャ国債の買戻しは無事こなされるだろうという期待からユーロは上げてくるように考えています。

    ポンド/オージーは週足の21日腺で底を守っていましたが、こちらは下に抜けてくると考えています。
    ドル/円は上は重く、下は底堅くといった印象ですね、今の所手を出すべき通貨ではないと思っています。
    今の所ユーロ/ドルの買いで考えていますが、動き方によってはオージー/ドルの買いといった所でしょうか。
    今日をどういった形で終えるかに注目していますが、ドルストレート、クロス円共に方向は上かなと考えています。

    ドル/円主導で円買いに動く可能性が高いかなと思っていますので、ドル/円の動向には注意が必要ですね。

    また日曜日の夜に更新致しますね。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    豪7-9月期GDPは

    市場予想を下回ったものの、前年比では市場の予想通りの内容となり悪材料としては取られない形となりましたね。

    中国のHSBC非製造PMIも予想を下回る形となりましたが、50を越えている事から悪材料とはなっていないようです。
    その後中国株の上昇を背景にオージーは上に向かう動きとなりましたね。

    今日は豪7-9月期GDPで特に動きが現れず、欧州時間の値動きを見る事にしましたが、ドルストレートは上の重い動きとなりましたね。
    ユーロが下げた事で上を抑えられた形です。
    ドイツ、ユーロ圏総合のPMIがどちらも市場予想を上回る形となりましたが、ユーロはクロスで下に反応しています。
    その後の英非製造業PMIは予想を下回りポンドは対ドル、対円で下げる動きで反応しましたね。
    買える所を探していたので底の形成を待つ事にしましたが、そのままNY時間に入ってしまったので様子見する形を取りました。

    中国株の上昇は中国共和党の新体制が内需の拡大に向けた構造改革の方針、安定成長の方針を打ち出した事が背景のようですね。
    景気対策への期待が高まっている形です。

    ユーロの下げはスペイン国債入札が目標上限に達しなかった事からのもののようですね。

    市場は依然意識するものが多すぎるような形で手控えが増えてきているように感じる値動きです。

    米ADP雇用は市場予想を下回りましたがドルが売られるような動きにはなっていないですね。
    一旦円に逃げる動きとなっています。
    その後の米ISM非製造業景況指数、米製造業受注指数は市場予想を上回ったものの、ユーロ/ドル、オージー/ドルの下げ幅は限定的なものとなりました。
    ただポンドのみが対ドル、対円、対オージーで上に向かう動きとなっていますね。

    値動きからドルは強くも弱くもないといった印象を受けますね、米議会での野党、共和党が富裕層向けの増税を一部容認する方向に向かっているようですが、依然不透明のようですし。
    金曜日の雇用統計も既に意識されていますので手控えが更に増えそうですね。
    来週のFOMCでの量的金融緩和の継続も意識されていますので、ドルストレートの底は堅いように思っていますが、上も期待から重いといった感じになっています。

    ユーロは対ポンドで底堅い形ですが、波動では5波形成を終えて一旦上げるにしても直近の安値を更新する動きになるのではないかなと考えています。
    対ドル、対オージーでも同じような考えですね。
    ただ円相場は依然底堅くこちらが支えになって大きくは下げて来れないだろうとは思っています。

    現状要人発言やヘッドラインに相場は反応しやすくなっているのでリスクの高い状況ですね。
    ドルは方向が無く、ポンドは今の所上で反応していますが明日の英中銀政策金利発表待ち、オージーの方向は中国の期待から上で捉えていますが、ユーロは明日のECB理事会、7日のギリシャ国内全銀行の幹部会議を意識して調整の動きになるのではないかなといった考えです。

    今の所手を出せるような相場環境ではないですね、明日は手控える形を取って様子見したいと思います。
    金曜日の米雇用統計は好感されて上げるようでも上は重そうですね。
    上げ幅は限定的な印象です。
    逆に下げるようならそれなりの値幅で下がるような印象ですね。
    ただこちらも円相場で支えそうな感じがしますが。

    今の所まるで方向が無く、投機的な動きとポジション調整が色濃く出た相場模様になるのが予想出来ますので、今週は様子見する形を取った方が良いかなと考えています。

    ブログを読んで下さっている方々には申し訳ないのですが、明日は友人達と忘年会を行う形なのでブログをお休みさせて頂きますね。
    また金曜の夜に更新致します。

    どちらにしても明日、明後日の相場は手を出さないのが無難かなとは思っています。
    既に12月の閑散相場にも突入している模様ですので、エントリーするにしても小さく取っていく形にした方が良さそうですね。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    RBA政策金利では

    政策金利を0.25%引き下げた3.00%する事を決定しましたね。
    発表直後オージーはクロスで下げる動きとなりましたが、対ドル、対円では跳ね返す動きとなりました。

    今日はポンド/ドルの買い頭で考えていましたが、ポンドが対ユーロ、オージーで弱い形となりましたのでポンド/ドルでのエントリーは頭から外す事に。
    ユーロも対オージーで下げて行く動きになりましたのでオージー/ドルの買いでエントリーに切り替えました。

    15:45のドルストレートが安値を切り上げた動きを見て陽腺確定後にオージー/ドルの買いでエントリー。
    中国株の上昇を背景にオージーが強くなっているようでしたが、持ち合い最中といった感じですので深追いする所ではないと考え17:15の高値を更新した所で手堅く手仕舞しました。

    英指標での結果で上げるようならそのまま着いて行く形で、下げるようなら押し目狙いでと考えていましたが、特に大した値動きが無かった為、調整を警戒してその後のエントリーは見送る形を取りました。

    ドル/円が下げてきている事でクロス円は持ち合いの展開となりましたね。
    安部総裁の言葉には特に反応せず、一旦はリスク回避といった感じでドル/円主導で円に逃げているような形です。

    オージーは明日のGDP、木曜日の失業率を意識して手仕舞う動きになるのではないかなと考えていますので、この後はユーロ主導になるのではないかなと思っています。
    現状ドルへの警戒が強く、ユーロ側ではユンケル議長からギリシャ融資実行で合意確信などという強い言葉も出ていますので、ユーロ主導で上げて行く形になるだろうなとは思っています。

    明日は豪のGDPで相場は動く展開となるでしょうね、豪のGDPでオージーが上げるようならオージ/ドルでついていく形で、下げてくるようならドルストレートが底堅くなった所からユーロ/ドルの買いでデイトレしたいと思います。

    今日はこれから急遽奥さんのご両親とこれから食事をしに行く事になりましたので、今日は早めの更新となりました。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    財政の崖問題は

    間に合わない可能性があるなどとの見方が強まってきていますね。
    一時的に事実上の増税、強制的な予算削減が重なる展開となるかもしれません。
    財政の崖回避に向けた交渉は行き詰っているようですので、ドルストレートは底堅い展開にを保ちそうですね。

    豪の小売売上高が予想を下回った事でオージークロスは下げる形となりましたね。
    その後の中国の指標が良かった事でオージーは下げ止める動きとなっています。

    オージーが下げた事で押し目を待つ事にしましたが、ユーロ/オージーでユーロが更に値を上げる動きとなりましたね。
    ユーロ/ドル、オージー/ドルで迷いましたがユーロは対ポンドで上の重い所に来ていますので、上を抑えられるかなと考え当初の予定通りオージー/ドルの買いでエントリーの頭にしました。

    ポンド/ オージーも上に分厚い壁のような抵抗が出来ていましたので、今日は15:45の陽腺確定後にオージー/ドルの買いでエントリー。
    英の指標はよほどの事が無い限り対ドルで大きくは下げないという頭がありましたので、そのまま英指標に乗る事にしました。
    英製造業PMIは好感されて上げる動きとなりドルストレートも値を伸ばす形となりましたね。
    米指標に乗るつもりで考えていましたが、NY勢参入後の値動きでオージークロスが重い動きになりましたので21:15の足確定後に手仕舞う形を取りました。
    その後更に値を伸ばす動きになりましたが、深追いするような所ではないと思っていますので頃合だったように思っています。

    市場は意識されるものが大量にあって方向が特にないような状態ですね。
    財政の崖がメインになっていますが、円相場は日銀期待、ユーロはギリシャの国債買戻し、またここにスペインも加わって銀行支援をEUに正式要請するとの事。
    ポンドは量的金融緩和で意見が分かれ明日の政策金利発表に注目、オージーは中国の動向と明日の利下げの可能性。
    ここに今週は米雇用統計や来週のFOMCの意識が入り込んできますので、何ともやりずらい展開です。

    現状中国株は下げ続けているのでオージーの上は抑えられると思いますし、ドルも財政の崖問題が間に合わない懸念、量的金融緩和の継続の思惑から上は抑えられるかなと思っています。
    ユーロの方向は上で捉えていますが、ポンドが今の所強い形ですね。
    ユーロ/ポンドは3波形成を終えたように思っていますので一旦調整に入るかなと思っていますし、ポンドドルはもう一段上げられるなと感じています。

    明日はポンド/ドルの買いでデイトレしたいと思います。
    豪失業率でオージーが下げるようなら押し目を狙って、オージーが上げるようならポンド/オージの上が重くなった所とドルストレートの底が堅くなった所を見て買う形ですね。
    ただロンドンFTSE100、ドイツDAXも上の重い動きになっていますので、小さく取りに行く形が良いかなとは思っています。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    要人発言で

    金曜日の相場は持ち合う形で終了しましたね。
    オバマ大統領の財政の崖に対する発言と、ベイナー下院議長の発言が同じ方向を向いていない事で相場にも方向が無いような状態となっています。

    ただ、早期の対応を求められる問題でだというのは明らかですので、市場は財政の崖打開期待の方が強いように感じています。

    ドルストレートは日足で見ると上が重い形で終えていますね。
    ユーロ主導で投機的に下へ動かしたような印象はありますが、対円と対ポンドで支えられたような形になっています。
    中国株が下げ止めて陽腺終わりとなったのも手伝っていますね、オージーがこちらに反応して底堅くなっています。

    ダウも堅調な形で終えていますが、ロンドンFTSE100、ドイツDAX共に上を意識した足で終える形となっていますね。
    ショイブレドイツ財務相からのギリシャのデフォルトはユーロ圏の完全崩壊に繋がる、ECB総裁からのユーロを守る為にあらゆる必要な措置を取る、との発言を考えると、どうにか折り合いをつけていくのではないかなという印象を受けます。
    現にギリシャ債務のGDP比124%という所で譲歩する動きになりましたし。

    金曜日の終わりを見る前はユーロ/ドル。もしくはオージー/ドルの売り頭でしたが、中国株が下げ止めた事でオージーが上に向かう動きになるかもしれませんね。
    米財政の崖打開に対する期待は強いと考えているものの、具体策は今の所出ていませんし、一旦ドルストレートは上で反応するような印象となっています。

    円相場は安部総裁の発言から依然底堅い動きを保っていますし、一旦リスクオンの動きになるのではないかなと考えています。
    今日は豪の小売売上高から始まって、NY時間まで指標がずらりと並んでいる形ですね。
    豪の小売売上高と、その後の中国の指標で動かしてくる形になると思うので、オージー/ドルの買いで、下に向かう動きになるようなら押し目を狙って、上げていくようならついていく形でのデイトレを考えています。
    ユーロ/オージーの動き方によってはユーロ/ドルの買いに切り替えるつもりで考えています。
    中国株の動きに注意しなくてはならないですね。 にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FXデイトレード日記
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    特に

    料はないものの、円相場は上げてくる動きになりましたね。
    ドル/円、クロス円の上昇は月末の駆け込み的な需給要因とされています。

    ユーロ/ドルの上昇はユーロ/円に連れた形ですね、日中ユーロはクロスで強い形となりました。

    今日は16:15の上が重い動きになったのが確定後にオージー/ドルの売りでエントリーしました。
    ドルストレートで重い形となり、ユーロ/オージーは強い形に、ポンド/オージーでも21日線で跳ね返す動きとなりましたので。
    ただ円相場が強い形となっていきましたので深追いする所では無いと考え19:30の陽腺確定後に手仕舞う形を取りました。
    下には日足の21日線が控えていましたし、中国株も持ち合いの動きになっていましたので。
    その後更に一段下げる形となりましたが、今はあまり保有する所では無いと考えています。

    ドルストレートはテクニカルで見ても高い位置に張り付いた状態で行き過ぎているような形です。
    オージー/ドルでは下に向かう動きになっていますが、こちらも底堅い形を作っています。

    ホワイトハウスでの財政の崖に対する発言がドルを強くさせていますね、オバマ大統領の早ければ数週間以内に合意という発言に市場は期待している様子です。

    円相場は安部総裁の外貨を買っていく形も考えているといった発言でもう一段上昇している形ですね。
    ドイツの小売売上高は予想を下回ったものの、ギリシャ支援法案への可決期待で上げてきたような印象ですね。
    また円相場が上げた事もドルストレートの上昇を手伝った形ですね。

    22:30の米指標はどれも予想を下回る形となりましたが、近似値だったのを好感してかドルが買われる動きになっていますね。
    ドル/円は底堅い形を取っていますがクロス円からの圧力で下げる形を取っています。

    その後の米シカゴ購買部協会景気指数では予想を上回る形となりましたがドルストレートの底堅い所で利確したような動きとなっていますね。
    値動きからドルが強い形という考えを持ってはいますが、どちらにブレイクしてもおかしくないような相場模様ではありますね。

    ダウは上を意識されるラインで上の重い動きになっていますね。
    ロンドンFTSE100、ドイツDAXも上が重い所に来ていますし、中国株は持ち合っている状況。
    日銀で底堅い所ですが、オージー主導で円に逃げる動きに一旦なるのかなとは考えています。
    ユーロも上に上にと上げて行けるような材料は無いですし、ドルストレート、クロス円の方向は下で捉えています。

    大きな材料が無い事で、相場は要人発言や株価に反応しやすくなる形が続きそうですね。
    当面は株価の動向、ユーロ/オージー、ユーロ/ドルと円相場に注目といった所です。
    ユーロは対オージーで日足の200日まで上げてきましたので、一旦調整の動きになるのではないかなと考えています。
    今の所ユーロ/ドルか、オージー/ドルの売りでデイトレを考えています。
    また日曜の夜に更新致しますね。
    にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村


    テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    プロフィール

    上山康浩

    Author:上山康浩
    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    FX専業トレーダーの上山康浩と申します。
    デイトレを基調としたスタイルで、ファンダメンタルとテクニカルを用いた裁量トレードを行っています。

    1時間足、15分足、5分足が主でして、相場状況によってはスキャルピング、スイングも行う形です。

    用事や体調不良を除いては、月曜から金曜まではPCの前で記事を読んだり、チャートを追ったりというような生活を送っています。

    ブログの更新時間を変更致しました。
    相場が本格化する欧州時間に間に合わせる形で、当日の昼までにブログの更新を行いたいと思います。

    最新記事
    カテゴリ
    FXの基本項目
    トレードを始める前に、知っておかなければならない基本的な知識ですね。
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    ニュース
    よく閲覧しているニュースサイトです。
    Market Win 24、FX WAVE、GI24などと合わせて活用しています。

    ●ロイターニュース


    ●日経新聞


    ●済龍CHINAPRESS



    ●ウォールストリートジャーナル


    ●YAHOOニュースBUSINESS
    予想グラフ
    投資家の心理が、どういった方向に偏っているのかを掴むのに役立つグラフですね。


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    経済指標カレンダー
    重要度が細分化されていますので使い勝手が良いです。

    各国市場の休日
    乏しい値動きになりそうだな、なとどいった予測を立てやすくなりますので、抑えておいた方が良い項目ですね。

    各国市場の休日
    政策金利
    直近だけでは無く、過去にさかのぼってのデータが記してありますので、非常に見やすい作りとなっています。

    政策金利 
    シカゴIMM通貨先物ポジション
    金曜日の取引終了後に、火曜日時点の値が公表される形ですので遅れを考慮する必要がありますが、通貨がどういった偏りになっているのかを見るのに役立ちます。

    シカゴIMM通貨先物ポジション 
    チャート
    金や原油、米、独、英、日の株価、米国債といった様々なチャートが用意されています。
    相互チャートで開くと、ラインを引いたり、指標を使ったりが可能になりますので非常に使い勝手が良いです。

    チャート 
    企業決算・国債入札予定日
    国内外の企業決算や国債入札の予定が経済指標と合わせて記載されています。

    企業決算・国債入札予定日 
    国債金利チャート
    問題を抱える国
    アクセスランキング
    オートリンクネット
    アクセスアップの裏技:オートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら 裏情報暴露大公開します
    ネットで儲ける時代

    BBS7.COM
    MENURNDNEXT
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。